DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet3_stein.jpg

Beethoven Symphony No.3 "Eroica"

Horst Stein
Deutsches Symphonie-Orchester Berlin


WEITBLICK (SSS0099-2)



突然ですが、中学校の英語の勉強です。冠詞はかなり始めのほうで習いますが、なかなか奥が深いです。普段仕事で英語を使っていながら"a/an"と"the"の使い分けは悩むことが多いです。とあるウェブサイトには"the"は「常識的にたった一つしかなこと」に付けるものとされています。たった一つしかない"the Sun"や"the first~"などなど。そこから転じて、日本語で使う場合には「普通名詞をその典型を表す固有名詞のように扱ったりする。」ともあります。

あまたあるエロイカの演奏の中で、「たった一つ」のエロイカを体現する演奏がこの最晩年のシュタインの演奏です。「たった一つ」とは決してこの演奏以外を認めない、この演奏が最高でこれ以外はいらないと意味しているわけではりません。フルトヴェングラーフリッチャイなど、往年の巨匠の演奏もかけがえのない素晴らしさです。この演奏にはエロイカに求める力強さ、雄大さ、優しさ、高貴さなどが全て詰まった理想的なエロイカなのです。頭の中にある「こうしてほしい」が全て理想的に音になっています。矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、ドイツ音楽の最高峰たるエロイカの理想形という意味で"the"なのです。

全体で60分もかけるテンポの遅さながら全く弛緩せず、遅い、だるいと感じることが一切ありません。遅いテンポながら一貫して適度な緊張感が貫かれており、重心の低い音と共に雄大な音楽が展開されます。そしてところどころティンパニの強打や金管の強奏のスパイスが全体の味を引き締めます。そのスパイスの利かせ方がバランスが取れていて絶妙です。

一楽章冒頭の和音、チェロの雄大なテーマは力むことなく、七分くらいの力で奏でられます。これはクライマックスの展開部やコーダへの伏線であり、無闇に最初から荒ぶらず、全体の設計がしっかりされています。再現部(15:12)のティンパニの強打や、(18:17)からの力強いファンファーレはスケール極大。

二楽章冒頭から一貫した引きずる沈鬱な表情が素晴らしく、特に(2:15)からのゆっくり奏でられる遠鳴りするチェロのすすり泣きは完璧で、これぞ「ザ・葬送行進曲」です。

軽くなりがちな三楽章もティンパニの重い音が効いており、重くなりすぎない絶妙な打音で音楽にスケール感を与えています。

この演奏は何度も繰り返し連続して聴いていたら、娘から「なんで何度も同じ曲を聴いているの?」と聞かれてしまいました。それくらい素晴らしく、また聴いていて飽きが来ないエロイカの理想的演奏なのです。

お買い物『HMV - 交響曲第3番『英雄』、『プロメテウスの創造物』序曲 シュタイン&ベルリン・ドイツ交響楽団, CD, ベートーヴェン(1770-1827), ベートーヴェン』



↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

ご無沙汰です

ラトル&VPOのベーレンライター版が発売されたときは、最高と思ってそればかり聴いていたのですが、結局のところ軽すぎるんですよね。現在の自分の好みとしては、重厚な演奏のほうが好きなのですが、なかなかよいエロイカのCDが見つかっていないです。ただ、ケーゲル&ドレスデンフィルの来日ライヴの田園があまりにも素晴らしいので、ケーゲルの来日ライヴのエロイカを買おうか迷ってました。そこへタイムリーにもdokuohさんの今回の記事を読んでシュタインのライヴも聴いてみたくなりました。

  • 2014/11/29(土) 20:37:40 |
  • URL |
  • kurt #-
  • [編集]

ご無沙汰です。

kurtさん、

ご無沙汰です(私の今のペースだとご無沙汰でもないですが。笑)。コメントをありがとうございます。

このエロイカは王道と呼べるもので、是非手に取って聴いてみてください。

ケーゲルに来日ライブがあるとは知りませんでした。セッション録音のエロイカはいまいちだった記憶があります。

  • 2014/11/29(土) 23:20:05 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

買います

こんばんは。
ご紹介のCDですが、YOUTUBEにUPされていないかなと思い、検索してみたら第1、3、4楽章がUPされていました。もちろん、聴いてみました。素晴らしいですね。何度も聴きたくなる気持ち分かります。淡白な演奏の多い今日この頃ですが、この演奏は重厚で雄大だけど、繊細な面もあるという理想的なものでした。絶対買いですね!
よいCDのご紹介、これからもよろしくお願いします。

  • 2014/12/01(月) 21:39:35 |
  • URL |
  • kurt #-
  • [編集]

ブログにアップしてください!

kurtさん、

コメントをありがとうございます。返信が遅くなってすみません。
気に入っていただけたようで嬉しいです。是非ブログに感想をアップしてください!

そういえば、今セールで990円で販売しているんですよね…損した気分。

  • 2014/12/14(日) 19:36:04 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。