DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
mende_zender.jpg

Mendelssohn Symphony No.3 "Schottishe"

Hans Zender
SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg


GLOR (GC09281)



ツェンダーの音楽はまるで雪の結晶のようだ。秩序立って、冷やかで、透明感があり、繊細でいながら、しかしどこか暖かい。音楽は常に凛としており、品格を失いません。同じタイプの芸術家のシューリヒトは時々情熱が音楽からはみ出るところが魅力でしたが、ツェンダーははみ出ることはなく、常に冷静さを保っています。冷静さを保つということが訴求力の低下に繋がっているかというと、そういうことは一切なく、音楽は厳しく芯があり、一音一音に強靭な意志が宿っています。ツェンダーの音楽が分析的だという評を見かけますが、表面的な冷静さと秩序に隠された、青白い炎を伴った情熱こそ彼の本質であり、無秩序で安易な「爆演」に心奪われる人はツェンダーの音楽の奥の深さは分からないかもしれません。近年のツェンダーはシューリヒトよりもその朋友のアンセルメの芸風に似てきたと言えば、遠からず当たっていると思います。

メンデルスゾーンの音楽をちゃんと聴かせるというのは、実はとても難しいと思うのです。元々人類の不幸を背負って立つようなタイプの作曲家ではないので、一部の曲は別格として、貴族的な気品のある音楽がどうしても皮相な音楽になっていまう。それがメンデルスゾーンの音楽に飽きてしまう主因ではないかと思うのですが、ツェンダーのような超一流の芸術家が演奏すれば、かくも魅力溢れた音楽になるのです。

一楽章冒頭の序奏から、この繊細でどうしようもなく憂鬱な音楽は一体何なんだ!無限に憂鬱が溢れ出て、心の闇の部分と共振します。かと思えば、強奏ではツェンダーならではの氷柱のような鋭利で硬い音塊が迫ってきます。その音の破壊力に打ちのめされます。

二楽章の超快速ではないのにも関わらず、リズムが鋭く弾み、凄まじい生命力を宿しています。

三楽章の弦楽器のなんと繊細で美しいことか。たっぷり憂いを含んでロマンティックに歌います。デュナーミクが絶妙で一音一音神経が行き届いています。

普段ほとんど聴かないメンデルスゾーンをここまで繰り返し聴いている。自分でも驚いています。この曲ではクレンペラー最晩年のバイエルン放送響との巨大なライブ録音(四楽章のコーダ改変版!)、ミトロプーロスの白熱のライブ録音を愛聴してきましたが、それらに肩を並べる、部分的には上回る名演ではないでしょうか。

今後、引き続きこのGLORレーベルからツェンダーの演奏が発売されることを切に願います。これだけの稀有な芸術家が埋もれてしまうことは、あってはならないのです。

お買い物『HMV - 交響曲第3番『スコットランド』、序曲『フィンガルの洞窟』、他 ツェンダー&南西ドイツ放送交響楽団【CD】-メンデルスゾーン|交響曲|クラシック|音楽|HMV ONLINE』

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
いやーびっくりです。現代最高の指揮者の一人、ハンス・ツェンダーの正規盤の新譜はもう望めないと思っていたら、メンデルスゾーンの「スコットランド」が発売されるではありませんか!

『HMV - 交響曲第3番『スコットランド』、序曲『フィンガルの洞窟』、他 ツェンダー&南西ドイツ放送交響楽団【CD】-メンデルスゾーン|交響曲|クラシック|音楽|HMV ONLINE』

メンデルスゾーンは必ずしも頻繁に聴く作曲家ではありませんが、「スコットランド」は好きですし、何よりもツェンダーの芸術の深化を期待できそうで今からとても楽しみです。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
bru7_goodall.jpg

Wagner Meistersinger Prelude

Sir Reginald Goodall
English National Opera Orchestra


BBS LEGENDS (4147-2)



仕事や家庭に忙しく、一ヶ月間更新が途絶えてしまいました。この間息子の幼稚園卒園、娘の幼稚園入園準備など色々ありましたが、その中でも喜ばしい出来事だったのは、先月弟夫婦に第二子が誕生したことです。妊娠中赤ちゃんの成長が遅かったり、義妹が妊娠後期にインフルエンザにかかったりと何かと心配しましたが、無事に生まれて本当に良かったです。新しい命の誕生は人を幸せにしてくれます。

以前弟夫婦に長男が誕生したときもワーグナーを取り上げました。今回もワーグナーでお祝いにはぴったりのこの曲を。大学の卒業式では毎年演奏しました。

グッドオールは一部では神格化された知る人ぞ知るという存在ですが、カルロス・クライバーをしてリングを振らないのはグッドオールの演奏があるからと言わしめた超一級の実力の持ち主です。グッドオールの生涯については、山崎浩太郎氏の「クライバーが讃え、ショルティが恐れた男」に詳しく書かれています。私はHMVのフリーペーパーで読みましたが、現在では書籍になっています。

クナッパーツブッシュに次ぐワーグナー指揮者といえば、このグッドオール以外には考えられないでしょう。この呼吸の深さはまさにクナッパーツブッシュのそれを思わせます。「英製クナ」とは個の発露を生業とする芸術家にとっては失礼な言い方かもしれませんが、クナッパーツブッシュを尊敬し、そのアシスタントも勤めたことがあるグッドオールにとってはきっと最大の賛辞となることでしょう。

さて、このグッドオールによるマイスタージンガー序曲の雄大さと呼吸の深さはどうでしょう。決して急ぐことなく音楽は常に雄大に流れる。これを聴けば「英製クナ」たる所以が分かるでしょう。ステレオ録音ではクナッパーツブッシュを上回っているのではないでしょうか。二主題(2:48)からの本当に大河を思わせる雄大な流れなど聴いていて涙を禁じ得ません。私はここが大好きで、チェロで弾いていても毎回涙が出そうになるのですが、天上の無い船に揺られ、青空を仰ぎながら大河を下っているようです。

さて、今日は弟宅に用事があり、退院以来初めて赤ちゃんと対面してきました。赤ちゃんを見るといつも思うのですが、あれだけ小さいのに無限の力を宿しているようです。大人が放っておけなく面倒を見てしまう人を惹きつける力こそは、生きていくために生まれながら身についている力なのでしょう。またちっちゃな赤ちゃん欲しいなぁ♪

お買い物『HMV - Sym.7: Goodall / Bbc.so(1971)+wagner【】-ブルックナー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
ancient_air.jpg

Ancient Airs and Dances

helios (CDH55146)



今日はちょっと変り種を。重い曲の次ですので軽めのものにしましょう。

レスピーギはローマ三部作を含めてほとんど聴かない作曲家ですが、「リュートのための古風な舞曲とアリア」は少しばかし聴く機会を持ちます。理由はこれらがルネサンス音楽の編曲版であるということにあるわけですが、原曲の素朴感と編曲による色彩感が巧く調和していると思うからです。

さて、編曲版ということは原曲があり、ずっとリュートによる原曲が聴いてみたいと思っていました。最近以前から探していたこの曲の原曲集をようやく入手することができました。これが本当にいい。有名な第3組曲「シチリアーナ」など、より哀愁漂いたまりません。編曲版よりもずっとお気に入りになりました。
基本は組曲の順に原曲を並べており、編曲版を知っている人はすぐに馴染めるでしょう。基本はリュート単独で、時にはテナーやヴァイオリンも入ってメリハリをつけています。目の前に明るい土色の南欧の壁が現れるようで、どこかなつかしい「しっとりした開放感」に包まれます。非常に心癒されます。

リュートのギターとも違う音がまた素晴らしい。弦の張力が低いことによりもたらされる柔らかくふくよかな音に参りました。ポロン、ポロンと奏でられると、時間の流れがずっと遅かった古代に誘ってくれ、殺伐としたサラリーマン生活で疲れた心を癒してくれます。

最近スバルのインプレッサのCMで使われた第3組曲「イタリアーナ」ももちろん入っています。ルネサンス音楽の素朴でほのかに寂寥感を漂わせながら、明朗な音楽に新鮮な感動を覚えました。たまには「独墺」だけでなく、音楽でも息抜きが必要ですね。

お買い物『HMV - Ancient Airs & Dances: O'dette(Lute), C-crump(T)【CD】-Baroque Classical/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
tschaiko_string_suitner.jpg

Tchaikovsky String Serenade

Otmar Suitner
Staatskapelle Dresden


BERLIN Classics (00919492BC)



なかなか取り上げないチャイコフスキーを取り上げたついでに、是非ともエントリしたかった演奏をエントリします。今エントリしておかないと、次にエントリする機会を失いそうですし。

クラシックの曲がCMでパロディーに使われたために格調を失い、被害を受けた曲は少なくなさそうですが、最も被害を被った曲は「オー人事、オー人事」ことこの曲、チャイコフスキーの弦楽セレナーデでしょう。クラシックを聴き始めたころは、分かり易さからすぐにはまったが、精神性をより求め独墺偏重になり、表面的な音楽と決め付けて、距離をおくようになったチャイコフスキー。その中でもこの曲は最もシンパシーを失っていった曲かもしれません。さらに追い討ちをかけるように「オー人事、オー人事」・・・。この曲から遠ざかり、自ら聴くようになるまでに10数年かかります。

ある日、CDショップで見かけたスイトナーの弦楽セレナーデ。しかもオケは大好きなシュターツカペレ・ドレスデン。弦楽器弾きなので弦楽合奏が大好きで、弦楽四重奏の弦楽合奏版などは気になってすぐに購入するたちなのですが、この曲だけはなかなか食指が動きませんでした。この演奏も最初はあまり乗り気がしなかったのですが、どうしても気になり買ってしまいました。そしてCDをトレイに入れた時の衝撃!
なんと美しい音楽!美しい!美しすぎる!シュターツカペレ・ドレスデンの弦セクションの信じられないほど美しい音にただただ酔いしれてしました。繊細で空気をふっくら含み柔らかく暖かい音。しかもただ表面的に美しいだけでなく陰影に富んでいる。これぞ私が求めていた弦楽合奏の究極の音でした。もちろん普段から管弦楽でこのオケの弦セクションの素晴らしさを堪能していましたが、弦楽だけなので一層その素晴らしさが引き立ちます。それをスイトナーが無理なく最大限引き出しているのです。スイトナーとシュターツカペレ・ドレスデンはモーツァルトを始めとして、数々の名演を残していますので、相性は抜群です。歌いまわしに一切無理がなく自然です。全くこれは「オー神事」です(笑)。

冒頭の「オー人事」で使われたフレーズを聴いただけで、このCMによってもたらされたバイアスを吹き飛ばしてくれることでしょう。たっぷり憂いを含んだ溜息のような主題にとろけてしまいます。ただその美しい音に身を浸すだけでいいのです。

三楽章の透明感があり微かに寂寥感を含んだ音に涙しました。誰かの切ない恋の告白を聞いているようで、押し付けがましくないのに無類の説得力があります。ベートーヴェンの主題労作によってもたらされた名曲群のせいなのか、フレーズの長いメロディーに対し軽い偏見とアレルギーが出来てしまっていたのですが、それは演奏の問題なのだと気づかせてくれました。長いメロディーにもこれだけの含蓄をもたせることが出来るのです。

究極の癒しがここにあります。ただのメロディーだけの深みの無い曲という偏見を覆してくれるでしょう。あのCMですっかりこの曲を聴かなくなってしまった方、この演奏でこの曲を見直してみてはいかがですか?

お買い物『HMV - スイトナー&シュターツカペレ・ドレスデンBOX(10CD)【CD】-Box Set Classical/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
tschaiko_karajan.jpg

Tchaikovsky Symphony No.6 "Pathetique"

Herbert von Karajan

Berliner Philharmoniker


EMI CLASSICS (0946 3 81798 2 5)



取りを勤めるのはやはりチャイコフスキーと言えばこの人、真打カラヤン。前回のポリャンスキーとは全く対照的な演奏です。

「官能重戦車」とは意味不明なタイトルではありますが、これ以上の表現が見つかりません。色気のある戦車って一体どんな戦車だろう?ピンク色の戦車???それとも砲弾の替わりに媚薬を発する戦車???(笑)

カラヤンの演奏の特徴は、ドイツものだとマイナスになることがありますが、チャイコフスキーでは強みになります。隙の無い完璧なアンサンブル、官能的なレガート奏法。これらがチャイコフスキーの特質に見事にマッチします。
カラヤンは「悲愴」をなんと7回も録音したそうですが、この演奏はカラヤンの演奏の中で最も「重戦車」ぶりが凄まじい、速度も質量もある運動量が最も大きい演奏で、強奏部分での一糸乱れず突進してくる様は、ただただ唖然とし平伏すのみです。もちろん、メロディーを官能的に響かせる手腕も超一流で、これほど艶っぽい演奏はなかなかありません。
「カラヤンの音楽には深みがない」と一蹴してしまうのは簡単ですが、それではあまりにもったいない。刹那的な快楽かもしれませんが、それを享受するのも悪くありません。

一楽章、硬質で透明感のある弦が奏でる第二主題はわずかにポルタメントをかけとても艶っぽく、さすがカラヤンです。木管のソロもさすが全盛期のベルリン・フィルで、非常に巧い。演奏の精度は非常に高いです。しかもライブのようなにテンションが高いのです。これは他のカラヤンの演奏にはない特徴かもしれません。再現部の凶暴な音響も自然の脅威ではなく、人工的脅威といった感じがします。ゆえに「重戦車」なのです。

二楽章の官能的な歌は随一。聴き手をとろけさせるような官能的な音はカラヤンならではです。中間部もあまり沈みこまず、美麗な音響が支配します。

三楽章は凄すぎる。重戦車が木々をなぎ倒して凄いスピードで突進してきます。「音楽の深み」とかそんなことはどうでもいい、ただただこの凄まじい音響に身を委ねる、それだけでいいのです。その重戦車に一緒に搭乗し、自分も一緒に突進しているような感覚に捕われます。

四楽章は作曲者の絶望よりも曲の構造自体を感じさせます。感情移入は最小限で、流麗で均整の取れた音響に心奪われます。強奏部分での迫力は相変わらずで仰け反ります。

最近になってCD化し、Disky、韓国EMI、東芝EMI、本家EMIなどで復刻されましたが、この最新リマスターは一番音が均されていて迫力が減じているかもしれません。ただ、終楽章の音が割れていてお蔵入りしていた4番のリマスターではこれが一番成功しており、聴きやすくなっています。4、5番共に最強のチャイコフスキーが聴ける素晴らしい一枚です。

お買い物『HMV - 後期交響曲集 カラヤン&BPO(2CD)【CD】-チャイコフスキー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
tschaiko6_polyansky.jpg

Tchaikovsky Symphony No.6 "Pathetique"

Valery Polyansky
Russian State Symphony Orchestra


CHANDOS (CHAN 9356)



「ジュリーニを上回る歌」と言われてもにわかには信じ難いと思います。ジュリーニこそは誰もが認める歌の人であり、そのジュリーニより歌に溢れた演奏というのは想像できなくて当然です。このポリャンスキーの演奏は史上最も歌に溢れた「悲愴」ではないでしょうか。しかも爆演が多いロシア系指揮者とロシア系オケでその演奏が行われているのです。

「ジュリーニを上回る歌」と言ってもジュリーニのそれとは全く一線を画しています。このポリャンスキーの演奏は、通常我々が持っている「悲愴」に対するイメージを覆すほど、繊細で静かな歌に埋め尽くされています。ロシア系音楽の持つ強音の音響効果など一切目もくれず、ひたすら静かに歌い続ける演奏です。この曲は強弱記号の幅が非常に広く、下はppppppから上はffffまでありますが、強音は控えめで、fが二つ少ないかと思われるように最強音でも決して絶叫しません。常に静寂が支配しています。この静寂がもたらす得も言われぬ寂寥感。非常に内省的で、悲しみの感情は心の内側に内側に沈み込んで行きます。激しい慟哭ではなく、目にそっとハンカチを当てすすり泣くのです。

一楽章、第二主題の美しさといったら!振幅は広くないのに、細部まで歌に溢れており、透明でどこか物悲しい。正に「心に染み入る」という表現がぴったりの感動です。展開部は決して絶叫しません。では物足りないかというと全くそういうことはなく、音楽は常に泣いています。激しい曲想でも常に丁寧に歌い込んでいるのです。

二楽章は稀有な体験をさせてくれることでしょう。これほど夢中になって聴いた二楽章は他にはありません。一種の浮遊感すらある静かな歌、遠鳴りするメロディーが心に融けていきます。鳴っている音と自分との距離があるにも関わらず、音楽は心の中の隅々まで行き渡り、静かな感動を呼ぶ。これは非常に不思議な体験です。こんな体験は他の演奏ではありません。

三楽章はチェリビダッケ並みにテンポが遅いですが、チェリビダッケほど弛緩していません。チェリビダッケが細部の構造を明らかにしようとしてテンポが遅くなるのに対し、ポリャンスキーは細部を歌おうとしてテンポが遅くなります。この違いは大きいです。

四楽章は信じられないほど内省的で美しい。冒頭から抑揚は最小限に抑えられ、悲しみが心にゆっくりと染み渡ります。フルートのソロからのヴァイオリンの歌い込まれ方は尋常じゃありません。その後の沈鬱な表情など、これしかありえないと思わせます。ふっと沸いてくるヴァイオリンの美しさには絶句。

音楽の面白さは、音楽の振幅が必ずしも感動に結びつかないところにあります。ポリャンスキーの演奏は初めて「悲愴」で音楽の大きな振幅なしに、深い感動を与えてくれた演奏かもしれません。

お買い物『HMV - チャイコフスキー:スラヴ行進曲、交響曲第6番 ポリャンスキー/ロシア国立交響楽団【CD】-チャイコフスキー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。