DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
haydn_cellocon2_schuricht.jpg

Haydn Cello Concerto No.2

Carl Schuricht
Enrico Mainardi
Radio-Sinfonieorchester Stuttgart


hänssler CLASSIC (CD 93.150)



畳み掛けてシューリヒトのハイドンをもう一つ紹介します。

実はこのCD、他の「軍隊」や95番目的で購入し、それらがシューリヒトにしては期待したほどの演奏ではなかったので(もちろん凡演ではない)、しばらくお蔵入りしていたのですが、全く期待せずにカップリングのマイナルディと組んだチェロ協奏曲の2番を聴いて、衝撃を受けたのです。

最初聴いた時、一楽章冒頭の序奏数秒であまりの衝撃に一体何が何だか分からなかったのです。「違う、こんな曲ではない。」そう思わずにいられませんでした。冒頭の序奏から自分が知っている世界とは全く違っていたのです。なんという情感豊かで優美な音楽!慈しむように大切に奏でられる第一主題にいきなり涙してしまいました。注ぎ込む愛情がフレーズの枠に収まらず溢れ落ちそうです。たったこれだけのフレーズにこれだけの溢れる愛情を注ぎ込むとはシューリヒトはなんという芸術家なのだろう。一体現代これだけの伴奏が聴けるだろうか?シューリヒトの伴奏は明らかに私の概念にあった伴奏の概念を超えていたのです。そして一楽章再現部始め(8:10)からは心を震わされ涙が止まりません。ハイドンの音楽がここまで心に響くのか?これを涙なしに聴けますか?オーケストラだけのフレーズでこれだけの表現をしておきながら、決して協奏曲としての体裁を崩すことはなく、音楽を高めています。

敬愛するペレーニの師、マイナルディのチェロもロマンティックでゆったりとしたテンポでじっくりとよく歌います。それでありながら決して鼻につくことはなく、独奏者然としていません。シューリヒトと共同作業で豊かな音楽を作り上げていきます。実に素朴で実直なソロを聴かせてくれます。過度に前面に出ることはなくどこか遠鳴りするような、過去から響いてくるような懐かしい響きがします。この演奏の独奏者がマイナルディだったことが成功の要因の一つになっていることは間違いありません。

シューリヒトの作り出す音楽を聴くと、いつも自分が音楽の可能性を知らぬ間に制限していることに気づかされます。音楽はかくも自由で無限の可能性を持っているのです。

お買い物『HMV - 交響曲第100番『軍隊』、交響曲第95番、ほか シューリヒト&シュトゥットガルト放送交響楽団(ライブ盤)【CD】-ハイドン|交響曲|クラシック|音楽|HMV ONLINE』

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
haydn86_schuricht2.jpg

Haydn Symphony No.86

Carl Schuricht
Radio-Sinfonieorchester Stuttgart


medici MASTERS (MM016-2)



引き続きシューリヒトのハイドンを取り上げましょう。

フランス国立放送管との「ロンドン」同様、「奇跡のハイドン」とも言うべきなのが過去に取り上げたことのある北ドイツ放送響との86番。こちらも奇跡的な演奏ですが、元々海賊盤であり、残念ながら現在では入手困難となってしまっています。実はシューリヒトの86番にはもう一つシュトゥットガルト放送響との演奏があり、良好な復刻で評判のmedici MASTERSレーベルから発売されています。音質は北ドイツ放送響盤よりも若干篭った感じですが良質なモノラル録音です。海賊盤の北ドイツ放送響盤に近い感動を正規盤のシュトゥットガルト放送響盤で得ることが出来ます。ハイドンの音楽を愛する人はこの演奏を聴かなければなりません。

演奏によってしばしば大きな解釈の違いを示すシューリヒトですが、このシュトゥットガルト放送響盤の基本的な解釈は北ドイツ放送響盤とさほど変わりません。美しいフレージングを保ちながら一気呵成に走りぬけるスタイルです。
それにしても一楽章の主部からと四楽章は、バネのような弾力のある見事なフレージングです。音楽は陸上の短距離走者のように躍動しながら颯爽と走り抜ける。コンマ一秒を争う世界で鍛え上げられた一切無駄の無い美しい筋肉を具え、そしてそこから磨かれた無駄の無い自然なフォームを持ち合わせる。そのフォームの美しさと爽快な躍動感に胸が熱くなります。

これらの演奏を聴くと、シューリヒトほどハイドンに適性を示した指揮者はいなかったと思えてなりません。優れた知と情のバランス感覚を備え、そして何より迸る情熱を持ち合わせている。私にとって最高のハイドンを体現してくれる指揮者はシューリヒトなのです。

お買い物『HMV - 交響曲第3番、他 シューリヒト&ウィーン・フィル、他【CD】-ブルックナー|交響曲|クラシック|音楽|HMV ONLINE』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
haydn104_schuricht2.jpg

Haydn Symphony No.104 "London"

Carl Schuricht
France National Radio Orchestra


Altus (ALT172/3)



いまいち盛り上がりに欠けた(苦笑)ハイドン・イヤーももうすぐ終わり。ラストスパートをかけましょう。

過去に一度取り上げましたが、ようやく正規録音からの発売になった「奇跡のハイドン」と言うべきシューリヒトの「ロンドン」。改めて聴いてみて、やはり「奇跡」以外の何ものでもないと感嘆しました。いったいどうしたらこのような演奏が出来るのか。ハイドンの乾いた音楽を、ここまで潤いのある優美な音楽にしてしまい、我々の中にあるハイドンの音楽の概念を簡単に覆してしまう。シューリヒトの知性とロマンティシズムが出来る芸当です。

LP起こしだと思われるDISQUES REFRAIN盤、MEMORIES盤は霞みがかかったような音で音が篭っていましたが、今回のAltus盤は高音の抜けが格段に良くなり、霞みが晴れたようです。ノイズ・リダクションのせいか多少音がシャリシャリしていますが、こうやってより良好な音質で多くの人に聴かれるようになったことは喜ばしいことです。

今まで霞みがかかったような音質からか、演奏の優美さばかりに気をとられていましたが、今回のAltus盤を聴いて感じたのは、漲るエネルギーの凄さです。当時シューリヒトは70歳台半ばに差し掛かっていましたが、いったいどこからこれだけのエネルギーが湧き上がってくるのでしょうか。最晩年まで衰えることがなかった音楽に対する情熱に敬服します。特に三楽章メヌエットと四楽章の生命力と躍動感は旧盤からは得られないものです。四楽章はそのエネルギーに圧倒され、体は自然にリズムを取り、体中の細胞が活性化され、その一つ一つが幸せに満たされていきます。

ワルターやシューリヒトなど往年の名指揮者が奏でた情感豊かでロマンティックなハイドンは、もはや現代では望むことは出来ないのでしょうか。最近の乾ききったハイドン演奏を聴き、そしてこの演奏を聴くと、そんな懐古趣味に浸ってしまいます。

お買い物『HMV - シューマン:交響曲第2番、ブラームス:ヴァイオリン協奏曲、他 シューリヒト&フランス国立放送管、シェリング(1955)(2CD)【CD】-交響曲|クラシック|音楽|HMV ONLINE』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
シューリヒトの奇跡のハイドン、フランス国立放送管との「ロンドン」が正規音源から復刻されるそうです!

『HMV - シューマン:交響曲第2番、ブラームス:ヴァイオリン協奏曲、他 シューリヒト&フランス国立放送管、シェリング(1955)(2CD)【CD】-交響曲|クラシック|音楽|HMV ONLINE』

拙ブログでも以前取り上げましたが、正規音源からの復刻ではありませんでした。

どれだけ音質が向上しているか楽しみです。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
haydn_sq77_gewand.jpg

Haydn String Quartet No.77

Gewandhaus Quartett


NCA (60148-210)



「意志の強い作曲家」というと真っ先に思い浮かぶのはベートーヴェンでしょう。「苦悩から歓喜へ」。不屈の精神で不遇の人生と戦い続け、その戦いの中から人類の至宝とも言うべき作品を数多く生んだベートーヴェン。

しかし、私はハイドンにもまた違った強さを感じるのです。彼の残した膨大な作品に影はなく、常に前向きです。立ち止まることなく挑戦しつづけ、音楽を産みつづけたその精神の強さはいかばかりだったのでしょうか。ハイドンの音楽からもらえる元気は、そういった前向きさからもたらされるのだと思います。

ハイドンの残した膨大な弦楽四重奏曲の中の最高傑作でもっとも有名な77番「皇帝」。現在のドイツ国歌、当時のオーストリア国歌として有名な二楽章はどこかできっと聴いたことがあるメロディーでしょう。ハイドンはイギリスに滞在中にその国歌に感銘を受け、ナポレオンの侵略に脅かされていた祖国オーストリアのためにこの曲を書き、フランス軍が侵攻する中、体を病魔に蝕まれていながらウィーン陥落の日までこの曲を弾き続けたといいます。今に伝わるそういったエピソードの中にもハイドンの強さを見出すことができます。

先日素晴らしい演奏を聴かせてくれたゲヴァントハウス弦楽四重奏団がこの曲を至高の演奏で聴かせてくれます。彼らの音楽性はベートーヴェンの初期やハイドンの弦楽四重奏との相性がいいのです。特にハイドンとの相性は最高ではないでしょうか。彼らのハイドンの録音がこれしかないのは至極残念です。

全くの自然体。音楽は決して力まずどこまでも美しい。1st Vnのエルベンを始め、各パートのふっくらして柔らかい美しい音は特筆すべきでしょう。ハイドンの音楽にはベートーヴェンのような力みはいらないのです。二楽章は何度も何度も繰り返し聴いても飽きません。

センチメンタリズムでは目の前の問題は解決しない。たとえ間違っていても前に進み続けることこそ問題解決に結びつく。ハイドンの音楽にはそういう強さを感じます。

お買い物『HMV - 『五度』『皇帝』『日の出』 ゲヴァントハウス四重奏団(ハイブリッド)【SACD】-ハイドン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
haydn_jochum.jpg

Haydn Symphony No.98

Eugen Jochum
Staatskapelle Dresden


BERLIN Classics (0090342BC)



今年はハイドン・イヤーだというのに、パパ・ハイドン先生のエントリが今年に入ってまだ一つもありませんでした。

この曲にはとても想い出深いエピソードがあります。当時まだお座りを始めたばかりの息子が、一楽章でケラケラ笑いながら、音楽に合わせてお座りしたままピョンピョン跳ねたのです。そのかわいかったこと!それはまるで某新興宗教で有名になった「空中浮揚」のようでした(笑)。この曲を聴くたびにその光景が脳裏に浮かびます。その模様はしっかりビデオに納めており、将来宝物になることでしょう。

さて、そんな「空中浮揚」をしたくなるほど楽しい曲なのがこの98番。冒頭は堂々とした重々しい序奏で始まりますが、その後はいつものハイドンで元気一杯です。四楽章など愛らしくてたまりません。

このヨッフムの演奏は同曲で最も好んで聴きます。この曲に関してはザロモン・セットで多くの名演を残してくれたヘルビッヒも敵いません。ヨッフムらしく重心が低くがっしりして推進力があり、音楽がとても生き生きしています。その音楽の生命力!しかもシュターツカペレ・ドレスデンの音色が華を添えます。ただ元気なだけでなく、弱音の美しさなどはこのオケならではのものでしょう。

この演奏では通奏低音にチェンバロが用いられています。このチェンバロがとても新鮮で素敵です。四楽章には協奏曲のカデンツァのようなソロの楽句があります。さすがパパ・ハイドン先生、なかなかユニークで革新的です。ヘルビッヒの演奏では最後のソロ以外はチェンバロを通奏低音に採用していないのですが、これがあるのとないのとでは音楽の華やかさが違います。

今日もハイドンに元気をもらいました。

最近HMVでヨッフムで検索すると、名演の数々がことごとく廃盤になっています。やはりヨッフムの音楽は地味で一般受けしないのでしょうか。この演奏もいつのまにか廃盤になってしまいました。最近ジャケットを変更して再発売のサイクルに入っているBERLIN Classicsなので、近々再発売されることを切に願います。有名曲はあまり入っていませんが、最高のハイドンが聴ける一枚です。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
haydn99_kubelik.jpg

Haydn Symphony No.99

Rafael Kubelik
Symphnieorchester des Bayerischen Rundfunks


Orfeo (C 206 891 B)



「悲愴」特集の反動か、ここのところハイドンばかり聴いています。健康的で前向きな音楽を無性に求めているのです。今日は節句ですので、明るく優美な音楽にしましょう。ハイドンの交響曲の中でも最も優美でモーツァルトの音楽のようだと言われる99番です。

スタジオ録音、ライブ録音を含め素晴らしいモーツァルトを聴かせてくれるクーベリック/バイエルン放送響が、この曲を振って悪い演奏になるわけがありません。とはいえ、このクーベリックのライブ録音は、いわゆる燃えているという意味合いでの「クーベリックのライブ」というステレオタイプでは見て欲しくないのです。曲想もあるのですが、勢いや快活さよりも優美さが際立つ演奏で、弦の歌はモーツァルトを思わせます。元々この曲は乾いた曲が多いハイドンの中でも一際優美なのですが、それでもこれはハイドンか?と思わせるような優美な演奏で、これはクーベリックのセンスによるところが大きいのでしょう。響きの作り方、フレーズの歌い方がモーツァルトのそれと通ずるのです。比較的テンポはゆっくり目にふっくら歌いモーツァルトを聴いている錯覚に陥ります。とはいえ、もちろんハイドン特有の前向きな「健康美」は十分で、清々しい感動に包まれます。

一楽章はセンスの塊。序奏からふっくらして繊細なヴァイオリンの歌に心奪われます。主部が始まってからも決して焦らず、旋律一つ一つ丁寧に歌います。この旋律に身を浸すと本当に幸せな気持ちになれます。展開部も決して威圧的でいかつい音楽にならずに、常に優美。

二楽章は本当にモーツァルト!といってしまうとハイドン先生に怒られてしまいそうですが、ハイドンが苦手という方にはこの二楽章を聴いていただきたい。細部まで丹念に歌いこまれており、本当に美しい。

三楽章は貴族的で実に品があります。

四楽章もむやみに突進せずに、響きは常に柔らかく、ティンパニがボコボコ鳴っても柔らかい響きを失いません。

ハイドンはしばらく聴かなくても、ふと聴きたくなり、抵抗無く聴くことができる数少ない作曲家です。ベートーヴェンではこうはいきません。ハイドンの音楽の持つ「健康美」に改めて心癒されました。

お買い物『HMV - ハイドン:交響曲第99番、モーツァルト:交響曲第25番、第38番『プラハ』 クーベリック&バイエルン放送響(1981~85年ステレオ・ライヴ)【CD】-Haydn / Mozart/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。