DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet_sq13_auryn.jpg

Beethoven String Quartet No.13
Grosse Fuge

Auryn Quartett


TACET (TACET38)



ブルックナーやシベリウスの音楽同様、ベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲は非常に壊れやすい音楽だと思うのです。不純に過剰に演出し、音のドラマで語ろうとした瞬間に音楽は口を閉ざし、ベートーヴェン最晩年の幽玄な精神世界への扉は閉ざされてしまいます。アルバンベルクSQなど現代を代表する弦楽四重奏団などがことごとく失敗し全滅しているのはこのためと思われます(実際アルバンベルクは実演もひどかった)。作曲家と曲への共感はさることながら、無私になり自然体で過剰な演出をしない。それが求められているのではないでしょうか。

ゲヴァントハウスSQのベートーヴェン弦楽四重奏曲第13番大フーガの名演に唯一比肩しうるのが同様に現代最高の弦楽四重奏団の一つであるこのアウリンSQの旧盤です。ゲヴァントハウスSQの伝統に根差した古典的名演に対し、アウリンSQは現代的で対照的な演奏であるものの、この曲の真実に迫っています。残念ながら同じTACETから出ている新盤(TACET130)では、表現欲旺盛で過剰なデュナーミクが音楽を壊してしまっています。典型的なのが二、四楽章で、新盤では過剰な音楽の振幅が逆に音楽を矮小なものにしてしまっています。その点旧盤はダイナミックでありながら、音楽が壊れるぎりぎりまで攻めており、現代的表現でありながら最晩年のベートーヴェンの幽玄な精神世界を表現しています。かつアンサンブルの統一性も旧盤が上です。後期弦楽四重奏曲の中でも13番は比較的規模の大きいがゆえこのような現代的アプローチでも成功したと思いますが、同じ団体でも旧盤が成功しているのはここに最低限超えてはならない表現の「古典閾値」を守っているからではないでしょうか。もちろん、これらは優れた音楽性を持っている大前提の話ですが。

私の大好きな1st Vnのリンゲンフェルダーの音楽性は素晴らしく、五楽章カヴァティーナでの繊細な表情は彼ならではでしょう。こちらも新盤よりも成功しています。

力が抜けてより成功しているのはユーモアに富んだ新六楽章でしょう。自由に飛翔するベートーヴェンの魂に音の重しは必要ありません。

さて、問題の大フーガ。先日ゲヴァントハウスSQの名盤を取り上げたばかりですが、この演奏も強固なアンサンブルによるフーガが「秩序の龍」を立ち昇らせています。この2団体の巨大で強固な宇宙法則に即した名演奏を聴いてしまうと、他が霞んでしまいます。

アウリンSQはどちらかというとシューベルトのようなロマン派で適性を示しますが、ベートーヴェンのしかもこの深淵な名曲で名演奏を残してくれたのは幸いでした。

お買い物『HMV - 弦楽四重奏曲第13番、大フーガ アウリン四重奏団 : ベートーヴェン(1770-1827)』

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet_sq_gewand.jpg


Beethoven Grosse Fuge

Gewandhaus Quartett


NCA (NCA60139)




この難解極まりないベートーヴェン最晩年の傑作の、これ以上考えられない名演奏です。この曲は本当に難しく、いくらプロとはいえアンサンブルが崩壊、または曲の真実に迫れていない演奏がほとんどです。その中、この現代最高の弦楽四重奏団たるゲヴァントハウスSQはこの曲の謎を見事に解き明かして真実を白日の下にさらしています。

ゲヴァントハウスSQは全体を通して基本インテンポで、中庸なテンポで音も大変格調高く、終始音が荒れずかつ表現欲がはみ出て秩序を壊すことが一切ありません。少しでもはみ出るとその瞬間にこの曲は崩壊します。

強固なフーガも素晴らしいですが、(4:45)からの静かな曲調での彼岸の美しさなど、この団体ならではでエルベンの音の美しさが光ります。

究極なのが二つ目のフーガのクライマックス(9:35)。ミクロに見ると混沌がそれぞれ渦巻いているが、マクロに見るとそれらは一片の鱗に過ぎず、その鱗が重なり合って秩序を織り成し巨大な龍となって立ち昇っていく。混沌の鱗が集まり、やがて秩序の龍が立ち昇っていく様はまさに圧巻です。これこそがこの曲の真実。一見混沌としている数々の物理現象の背後にある宇宙を支配する法則こそこの曲の真実です。ベートーヴェンはたった4丁の弦楽器で管弦楽を上回る巨大な宇宙を創り出してしまった!

この曲を弦楽四重奏曲第13番の終楽章に置いてもいいですが、枠にはまらないほどあまりに大きすぎるので、この曲は単体で聴きたいです。それにしてもこんな恐ろしい曲を書いてしまうベートーヴェンが晩年見ていた世界はどのようなものだったのでしょうか。やはりどう考えても既に魂は肉体を離れ、神に近しい存在になっていたとしか思えません。

お買い物『HMV - 弦楽四重奏曲全集 ゲヴァントハウス四重奏団(10CD)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet_wand_live.jpg

Beethoven Symphony No.3 "Eroica"

Günter Wand
Deutsches Symphonie-Orchester Berlin


Profil (PH09060)



エロイカは最近紹介した中では若杉シュタインジュリーニのような広がりがある雄大な演奏を好みます。昔は音のドラマを追及しフルトヴェングラーフリッチャイのような劇的な演奏を特に好みましたが、最近は加齢のためかあまりこのような激しい演奏はしんどくなってきました。この演奏はその対極にあるヴァントならではの凝縮した切れ味抜群の演奏です。しかも終始高い緊張感を維持して畳掛けていきます。その様はまるで妖刀とも呼ばれた名刀村正を持った侍が切り込んで行くようです。ライブだからかスタジオ録音のヴァントとは別人のようなまるでムラヴィンスキーを彷彿とさせる非常に凝縮度が高い演奏を繰り広げています。

特に一楽章でその剣さばきが炸裂します。一楽章冒頭の二音から凄い切れ味です。そして速いテンポと高い緊張感を維持しながらどんどん切り込んで行きます。ライブとはいえここまで荒ぶるヴァントは珍しいのではないでしょうか。展開部クライマックス(8:00)からの金管の雄叫びと弦の切り込みは壮絶です。コーダの爆発も物凄く、これでもかとトランペットを強奏させます。件の最後クライマックスでの主題行方不明はいつものヴァントです。

二楽章は曲想もあって他の楽章よりテンションは普通ですが、せかせかして音楽が矮小になることは決してありません。むしろフォルテでのティンパニの強奏を軸とした力強さは物凄いです。特にフーガは壮絶です。

三楽章フォルテからの推進力は物凄く、まるで騎馬隊の突進のようです。

四楽章のコーダも凄い。ティンパニをボコボコ強奏して最後を締めくくります。演奏後の盛大な拍手も納得。

毎回聴くのはしんどいですが、元々曲自体に広がりがあるので許容できます。たまにはこのような演奏も聴きたくなりますね。でもこの記事を書くために久しぶりに聴きましたが、しばらくお休みです(笑)。

お買い物『HMV - ヴァント&ベルリン・ドイツ交響楽団ライヴ集成ボックス(8CD)』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet3_giulini_vpo.jpg

Beethoven Symphony No.3 "Eroica"

Carlo Maria Giulini
Wiener Philharmoniker


Altus (ALT220/1)



美智子皇后陛下は気安く語るのが憚れるほど、畏敬の念を持っています。ただ美しいだけでなく、親しみやすさの中に芯のある気高い気品に溢れており、あの深みのある笑顔はいったいどうやったら出るのかと感嘆させられます。戦後苦しい時代に、同じ目線で国民に寄り添われた生き様そのものが現れています。人の内面はかくも外面に現れるものだと。

この演奏は「プリンセス・ミチコ」と呼ぶに相応しい気高い気品を湛えた演奏です。野蛮な戦いによって勝ち取られた支配的な英雄ではなく、長く国民を想い寄り添うことにより醸成された気高い気品を湛えた等身大の英雄なのです。ジュリーニの歌は決してなよなよしたものではなくいつも中心に揺るぎない芯があります。そのジュリーニがウィーン・フィルという気品ある名器を得て、美しく気高い無二の英雄を奏でます。

どこをとっても弦楽器の歌の美しさは特筆すべきものがあり、特に雄大な一楽章は曲想からしてその最たるものです。一楽章冒頭のチェロのテーマから異次元の美しさです。ここまで緻密に徹底的に歌っていながら決して神経質にならず、雄大さも兼ね備え音楽が広がっていきます。一方、音楽が盛り上がっても決して威圧的にならない。ここにジュリーニと皇后美智子さまの親しみやすい謙虚さが被ります。一楽章は繰り返しを行っていますが、このような演奏であれば何度でも繰り返して欲しいと思わずにいられません。再現部のテーマが戻ってきてから(13:15)からのヴァイオリンの美しさなど眩暈を覚えるほどです。

四楽章フーガの後の震えるヴィブラートで入ってくるヴァイオリンの調べ(7:34)、その後の木管の歌は美しく、そして雄大なウィンナ・ホルンは物足りなさは皆無です。そして件のコーダは英雄らしく力強く曲を閉じます。

最近仕事で驕りと慢心が原因で大きな失敗した私にとって、この演奏は別の意味でも心に刺さり、気持ちを新たにさせられたのです。

お買い物『HMV - 交響曲第3番『英雄』、第4番 ジュリーニ&ウィーン・フィル(2CD) : ベートーヴェン(1770-1827)』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet3_stein.jpg

Beethoven Symphony No.3 "Eroica"

Horst Stein
Deutsches Symphonie-Orchester Berlin


WEITBLICK (SSS0099-2)



突然ですが、中学校の英語の勉強です。冠詞はかなり始めのほうで習いますが、なかなか奥が深いです。普段仕事で英語を使っていながら"a/an"と"the"の使い分けは悩むことが多いです。とあるウェブサイトには"the"は「常識的にたった一つしかなこと」に付けるものとされています。たった一つしかない"the Sun"や"the first~"などなど。そこから転じて、日本語で使う場合には「普通名詞をその典型を表す固有名詞のように扱ったりする。」ともあります。

あまたあるエロイカの演奏の中で、「たった一つ」のエロイカを体現する演奏がこの最晩年のシュタインの演奏です。「たった一つ」とは決してこの演奏以外を認めない、この演奏が最高でこれ以外はいらないと意味しているわけではりません。フルトヴェングラーフリッチャイなど、往年の巨匠の演奏もかけがえのない素晴らしさです。この演奏にはエロイカに求める力強さ、雄大さ、優しさ、高貴さなどが全て詰まった理想的なエロイカなのです。頭の中にある「こうしてほしい」が全て理想的に音になっています。矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、ドイツ音楽の最高峰たるエロイカの理想形という意味で"the"なのです。

全体で60分もかけるテンポの遅さながら全く弛緩せず、遅い、だるいと感じることが一切ありません。遅いテンポながら一貫して適度な緊張感が貫かれており、重心の低い音と共に雄大な音楽が展開されます。そしてところどころティンパニの強打や金管の強奏のスパイスが全体の味を引き締めます。そのスパイスの利かせ方がバランスが取れていて絶妙です。

一楽章冒頭の和音、チェロの雄大なテーマは力むことなく、七分くらいの力で奏でられます。これはクライマックスの展開部やコーダへの伏線であり、無闇に最初から荒ぶらず、全体の設計がしっかりされています。再現部(15:12)のティンパニの強打や、(18:17)からの力強いファンファーレはスケール極大。

二楽章冒頭から一貫した引きずる沈鬱な表情が素晴らしく、特に(2:15)からのゆっくり奏でられる遠鳴りするチェロのすすり泣きは完璧で、これぞ「ザ・葬送行進曲」です。

軽くなりがちな三楽章もティンパニの重い音が効いており、重くなりすぎない絶妙な打音で音楽にスケール感を与えています。

この演奏は何度も繰り返し連続して聴いていたら、娘から「なんで何度も同じ曲を聴いているの?」と聞かれてしまいました。それくらい素晴らしく、また聴いていて飽きが来ないエロイカの理想的演奏なのです。

お買い物『HMV - 交響曲第3番『英雄』、『プロメテウスの創造物』序曲 シュタイン&ベルリン・ドイツ交響楽団, CD, ベートーヴェン(1770-1827), ベートーヴェン』



↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
wakasugi_skd.jpg

Beethoven Symphony No.3 "Eroica"

Hiroshi Wakasugi
Staatskapelle Dresden


Sony Music (SICC 1197-9)



昨年、日本を代表する指揮者の若杉弘さんが亡くなりました。実演に接する機会もあまりなく、特別興味がある指揮者ではありませんでしたが、大好きなシュターツカペレ・ドレスデンの黄金期の録音なので、この演奏を聴いてみることにしました。

全くの自然体。ベートーヴェンだからといってフルトヴェングラーフリッチャイの壮演のような力瘤はなく、自然に音楽が湧き出し、美しく心地よく響く。そしてこのオーケストラ独特のほのかな木の香りを放つ。このオーケストラの美質が無理なく無駄なく引き出されています。ここに若杉弘の指揮者としての実力と、ヨーロッパの伝統の懐の深さを見た気がします。両者の組み合わせがあってこそ実現した、無類に美しいベートーヴェンに陶酔感すら覚えます。今までどうしてこの人の音楽を聴いてこなかったのだろうと自分の無知を悔いるばかりです。いや、今だからこそこの上質の音楽の素晴らしさが分かるのでしょう。血気盛んな頃には音のドラマばかりを求めて、この品格の良さは理解出来なかったかもしれません。

雄大な一楽章は絶品。冒頭から音に広がりがあり、何と美しく上質な音楽!こんなに美しいチェロに続くヴァイオリンの第一主題はかつてあったでしょうか。音に透明感があり、伸びやかで艶があります。この演奏では繰り返しを行っていますが決して冗長ではなく、この美しい第一主題が戻ってきて再び聴ける喜びに満たされます。

全ての楽章がこの自然体の美しさに満たされていますが、二楽章マジョーレからの木管たちの歌(4:30)など、眩暈がするほどの美しさです。

録音も素晴らしく、シュターツカペレ・ドレスデンの音が理想的に封入されています。SONYの録音にはいいイメージを持っていませんでしたが、この録音は元々のシュターツカペレ・ドレスデンの美音と相俟って極上です。

シュターツカペレ・ドレスデンのエロイカには有名なブロムシュテットの演奏があり、素晴らしい演奏と録音ではありますが、フレーズの伸びが十分ではなく広がりが不足しているように感じていました。しかし、この演奏はそういった不満を全て解消してくれます。

ベームのライブ録音と共に、この演奏は我が家で「日常のエロイカ」としての市民権を得ました。これだけ繰り返しエロイカを聴いたのは初めてかもしれません。何度聴いても飽きない、そしてもたれない。極上の音楽がここにはあります。

お買い物『HMV - ベートーヴェン:『英雄』、マーラー:『巨人』、ワーグナー:管弦楽曲集 若杉弘&シュターツカペレ・ドレスデン(3CD)【CD】-交響曲|クラシック|音楽|HMV ONLINE』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet_blomstedt2.jpg

Beethoven Symphonies

Herbert Blomstedt
Staatskapelle Dresden


BERLIN Classics (0184442BC)



Brilliant Classicsから発売されたブロムシュテットのベートーヴェン交響曲全集は、演奏内容とその値段との相乗効果で、このレーベルだけなくベートーヴェン交響曲全集のベストセラーになったのはクラシック音楽ファンの間では有名なことでしょう。拙ブログでも8番を既に取り上げています。
元々、BERLIN Classicsの初期盤を購入しようと思っていたのですが、左右のチャンネルが反転している問題があるということを耳にしていたので、購入を見合わせているうちに廃盤。しばらくしてBrilliant Classicsから低価格で再発売され、すぐに飛びつきました。

しかしよくよく聴いてみると、素晴らしい演奏ながら高音の抜けが悪く、平面的で金属的な音だったので、ブロムシュテット/シュターツカペレ・ドレスデン黄金コンビのシューベルトの交響曲全集ドヴォルザークの8番の超名演名録音を知る者としては、ずっともどかしさを感じていたのです。

ということで、ダブりを覚悟で少し前にBERLIN Classicsから再発売された同全集を購入しました。「嗚呼、この音だ。」とホッと胸をなでおろしました。高音の抜けが良い柔らかく暖かい音で、これぞ私の「音楽のふるさと」の音です。ややもすればくどくなるベートーヴェンの交響曲を、何の苦もなく聴き通すことができました。
第九などはこんなに美しい音楽だったかと聴き入りました。第九でこのコンビではゼンパーオーパー再建記念ライブのほうばかり聴いていましたが、改めてこのセッション録音の素晴らしさを再認識したのです。


さて、キング・レコードから発売されている高音質が売りのハイパー・リマスタリング・シャルプラッテンでもバラですがブロムシュテットのベートーヴェンを集めることが出来ます。

まずはペーター・ダムのモーツァルトのホルン協奏曲など、現在BERLIN Classicsでは手に入らない演奏を優先的に購入し、その音質の素晴らしさ(演奏ももちろん天下一品)に驚きました。元々素晴らしい録音なのですが、ベールが一枚剥がれた感じで、音のリアリティが全然違います。現代の技術を持っても、これだけの心地よい響きは出せないのでは思わせますし、少なくとも最新の録音でここまでの録音は聴いたことがありません。

このブロムシュテットの全集も、ハイパー・リマスタリング盤を一枚でも購入しその音質の良さを体験してしまうと、再び全部購入してしまいそうで恐いのです。一枚1800円なので全集にして一万円強。これは実に恐ろしい(笑)。同演異盤で音質を競っているフルトヴェングラーならともかく、比較的新しい録音でこれはまずいのです。

どなたか音の違いを体験された方、その恐怖体験をお話になってください(笑)。

お買い物『HMV - 交響曲全集 ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン(5CD)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』
お買い物『HMV - 音楽 情報ニュース/ハイパー・リマスタリング・シャルプラッテン/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。