DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
廃盤になったかと思っていた、ハイティンク/フランス国立管のマラ6が復活していました!

『HMV - 交響曲第6番『悲劇的』 ハイティンク&フランス国立管(ライヴ)【CD】-マーラー|交響曲|クラシック|音楽|HMV ONLINE』

マーラー演奏史上最高の演奏だと思っているので、お聴きになっていない方は再び廃盤になる前に是非お聴きになってください。

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
mahler4_vonk.jpg

Mahler Symphony No.4

Hans Vonk
Esther Heidemen (Sp)
Saint Louis Symphony Orchestra


PentaTone (PTC 5186323)



これはフォンクとセントルイス響との最後の演奏会の記録です。この後フォンクは持病の筋萎縮性側索硬化症が悪化し、セントルイス響を退任。二年後帰らぬ人となります。

私はマーラーの4番が大好きです。マーラーらしからぬ愛らしく小さな曲で、マーラーの「音響」しか聴かない人達には敬遠される曲ですが、少なくとも前三つの交響曲よりは完成度が高いと思います。その大好きな曲でフォンクはとっておきの名演を最後に残してくれました。PentaToneから発売されたハンス・フォンク・レガシーの中で、特筆大書すべき名演ではないでしょうか。

この曲ではハイティンクのクリスマスマチネー・ライブコンセルトヘボウ管着任五十周年コンサートの二種を愛聴していますが、これはそれに匹敵するどころか、それ以上の素晴らしさです。マーラーの4番の頂点に立つ演奏といって過言でありません。フォンクの裏ごしされた粒子の細かい丁寧な音が、チャーミングなこの曲に非常にマッチしています。もちろんオーケストラからはコンセルトヘボウのような味わい深い響きは望めないものの、アメリカのオーケストラからこれだけの繊細で豊潤な響きを引き出したフォンクに脱帽です。(評判のバーンスタイン/ニューヨーク・フィルの演奏など大味で全く心に響いて来ない。)

一楽章から素晴らしいのが、その歌、歌、歌。(11:52)からの第二主題の泉のように湧いてくる豊かな歌など、これほどチャーミングな旋律でありながら、聴いていて涙が止まりません。なんと素敵なんだ!内側から歌がどんどん溢れてきてもう誰も止められません。所々現れるポルタメントが決して嫌味になることなく、実に気品があり、けばけばしいマーラーとは一線を画しています。最後のヴァイオリンの透明感も素晴らしい。

三楽章は白眉です。もう涙が止まりません。フォンクならではの絶妙なデュナーミクとアゴーギグ。音楽の性格できっちりとテンポを描き分けています。全てが堂に入っており、自然な流れを失いません。その一つ一つがなんと意味深いこと!全てのフレーズが涙を誘います。冒頭の透明感と繊細さはフォンクの真骨頂でしょう。(4:51)からの少し停滞気味に喋るヴァイオリンなど、実に儚く、死の臭いすら感じさせます。(6:45)からの中弦はこれだけ意味深い表現がかつてあったでしょうか!全奏(17:15)の後からは儚く美しい。(18:30)からのハープが入ってからの繊細さ、さらに(18:57)からは信じられない美しさ!何なんだこれは!死の臭いすら感じる病的な美しさに言葉を失います。何かとても大切なものが手から零れ落ちて消えてしまうようなどうしようもなく切ない気持ちになり、涙が溢れてきます。

四楽章、素晴らしいのがソプラノ独唱のハイデマン!可憐で清楚でありながら芯があり、私のベストのポップに肉薄する素晴らしさです。しかも適度の抑制が効いて過度に粘着質になることなく、フォンクの音楽と絶妙な調和を示しています。前三楽章とのつながりも無理がありません。

フォンク最後の演奏会が死を暗示するこの曲なのはなんとも皮肉ですが、フォンクの遺言として大切に大切に聴いていきたいと思います。

お買い物『HMV - 交響曲第4番 フォンク&セントルイス交響楽団、ハイデマン【CD】-マーラー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
年末のつかの間の休息も終わり、年明けと共に仕事が大量に降ってきてブログを更新できずにいます。

このエントリは仕事中にこっそり書いてます(汗)。

昨日、いつものように母の薬をもらいに吉祥寺に行ったついでに、ヨドバシカメラ上のタワーレコードに寄ったら、廃盤になったマーラー演奏の最高峰、ハイティンクによるクリスマスマチネー・ライブが二セットありました!

現在廃盤なので早い者勝ちです!


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
mahler6_haitink_cso.jpg

Mahler Symphony No.6

Bernard Haitink
Chicago Symphony Orchestra


CSO RESOUND (CSOR 901 804)



話題のハイティンク/シカゴ響のマーラー第二弾。前回リリースのシカゴ響との3番よりも賛否が分かれるかもしれません。私の中のマーラーの6番の最高の名演であるフランス国立管との演奏よりもスケールは大きいが、より平静な演奏です。オケが異なるので音色やスケールは異なるものの、前回のフランス国立管との5番と共通点も多く、コンセルトヘボウ時代とは異なったハイティンクのマーラー観を克明に伝えています。

フランス国立管のマーラーの5番よりも音が硬質で、スケールが大きいのですが、こちらも「静」が支配しています。以前よりテンポが格段に遅くなり、細部を克明に彫琢しています。遅いテンポと時に見せるルバートがスケールを大きなものにしていますが、それは威圧的なものではなく、広がりがあります。こちらもやはり構えて対峙するのではなく「身を浸す」演奏と言えるかもしれません。

フランス国立管との演奏よりも幾分緊張感が減じていますが、一楽章の第二主題の懐の深さなどはフランス国立管との演奏には無かった魅力と言えるでしょう。三楽章の後半の広がりは素晴らしく、官能のかわりに清々しいまでの音響が広がります。全体的に深刻さや感情移入が減じ、音響そのもので聴かせる演奏になっています。これは特に四楽章で顕著です。

個人的にはより緊張感があり、音色に豊かさがあるフランス国立管との演奏のほうが好みですが、フランス国立管との5番同様、時々取り出してはその透徹した音響に身を浸したいと思わせてくれます。

お買い物『HMV - 交響曲第6番イ短調『悲劇的』 ハイティンク&シカゴ響(2SACD)(ライブ盤, ハイブリッド)【SACD】-マーラー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
mahler5_haitink.jpg

Mahler Symphony No.5

Bernard Haitink
Orchestre National de France


naïve (V 5026)



始めに申し上げておきますが、私は良いマーラー聴きではないと思っています。バーンスタイン、テンシュテットといった一般にマーラー指揮者として認識されている指揮者の演奏は、凄いと思いながらもあまり聴きませんし、ショルティに至っては拒絶反応を示します。(ちなみにクーベリックの演奏は大好きです)

これほど透明で静かなマーラーの5番を他に知りません。この曲にある支離滅裂でおどろおどろしい形相は一切なく、信じられないほど透明で「静」が支配します。以前紹介した6番よりも更に昇華してしまっています。この演奏の評価は真っ二つに分かれることでしょう。緊張感が無い、弛緩しているという評もあるでしょうし、それに対して異論はありません。私も初めてこの演奏に接したときには同じ印象を抱き、クリスマスマチネー・ライブと比較して一段低い完成度だと感じました。ですが何度か聴くうちに次第に魅了されていったのです。前述の一聴すると欠点に思える部分が独特の魅力となっており、時々この音響に身を浸したくなるのです。そう、マーラーに合い相応しくない「身を浸す」ことが出来る数少ない演奏なのです。

一楽章は信じられない透明度です。まるで別の音楽に聴こえます。ダイナミクスは一段階くらい幅が狭く、音楽の美しさだけが迫って来ます。これはブルックナーかシベリウスの音楽か?という錯覚に捕われます。冒頭のトランペットのソロから刺すような刺激は一切ありません。煩悩は完全に取り去られ、ハイティンクはどこか解脱してしまっています。こんなに美しい一楽章が他にあるでしょうか。

四楽章にあるのは官能ではなく、人生の終末に煩悩から開放され、悟りの境地に達した人の語りを聴いているようです。なんと繊細で儚いのだろう。(5:01)からなど痛々しいほど儚く、胸が締め付けられます。

現世の苦悩、格闘を描いたマーラーの音楽を彼岸の音楽に仕立ててしまったハイティンクは、いよいよ彼の音楽の総仕上げに入っているのかもしれません。

お買い物『HMV - 交響曲第5番 ハイティンク&フランス国立管弦楽団(2004)(ライブ盤)【CD】-マーラー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
連休だというのに、朝からずっと家で仕事をしています(涙)。

そんな私に嬉しい知らせが!

HMVのサイトによると、なんとハイティンク/CSOのマーラーの6番が出るそうです。

『音楽 情報ニュース/ハイティンク&シカゴ響/マーラー第6番/HMV』

これは名演を約束された演奏でしょう。ハイティンクのマラ6では以前紹介したフランス国立管との超名演がありますが、更に深化を遂げたハイティンクが、CSOとどのような演奏を聴かせてくれるかとても楽しみです。


最近は音楽をじっくり聴く時間も無いのでCDを買うのを控えています。まだじっくり聴いていないCDを早くブログにアップしたいです。

仕事の春が待ち遠しい。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
mahler_haitink.jpg

Mahler Symphony No.5

Bernard Haitink
Amsterdam Concertgebouw Orchestra


Philips (464 321-2)



クリスマスマチネー・ライブの中でも、この5番は私にとっては究極の演奏で、この演奏に心酔しきっています。もう他のマラ5は考えられないというほどに。
支離滅裂で全部を聴き通すのが辛いこの曲を、大音響ではなくメルヘンと滑らかで均整の取れた歌、そして程よいテンションによって最後まで聴かせてくれる数少ない演奏です。

一、二楽章の気難しい音楽を、勢いや情念に任せるのではなく、音符の持つ力をそのまま引き出し、昇華することによって均整の取れた音楽を聴かせてくれます。ゆえに聴き疲れせず、最後まで聴くことができます。ところどころ見せる弦の不安定な響きも美しい。

三楽章は短絡的に明るく演奏するのではなく、どこか遠鳴りするような奥ゆかしさがあります。なんとメルヘンチックな美しい音楽!

白眉は四楽章、有名なアダージェット。もうこれは唯一無二の究極の名演で、これ以上の演奏は考えられません。とにかく、テンポが素晴らしい。ゆっくり目のテンポでフレーズは深く呼吸し、有機的に繋がり、その消えゆく様はまるでふっと空に雲が融けるよう。そしてむやみに官能に溺れない。だからこそ余計に切ない。
最初から繊細の極みでたっぷり憂いを含み、静かにため息をつき、歌う、歌う。多少粘度を持ち、全てのフレーズは深くため息をつき、そのため息を一つ一つ慈しみながら奏でられる。そして、それが不自然だったり、恣意的なところは全くなく、まるで決して手の届かない想い焦がれた美しい女性を目の前にしながら、ふっとその美しさに吸い込まれ切なくなるかのように、どんどん音楽に堕ちていく。
特に最初のテーマが戻ってくるところの繊細さと静けさは、震えぜずにいられません。極度に引き伸ばされたテーマが、やるせなく涙が止まりません。
そして、最後。音楽が盛り上がり、フレーズの着地する様を聴いてください。これほどに心を揺さぶる演奏があるでしょうか。

五楽章冒頭のホルンを遠鳴りするところからセンスが抜群。音楽が盛り上がってからも音楽に勢いがあり、テンションも十分で最後の追い込みなど十分なカタルシスを味わうことができます。また、弦の歌は常に滑らかで艶があり、ただ勢いに任せていない美しさがあります。

残念ながら、世評の高い某演奏は私には「音の暴力」としか思えず、「音楽」ではなく、「音響」しか聴かせてくれない演奏だと思えてなりません。それも一つの解釈だとは思いますが、少なくとも私の中にあるマーラー像は大音響の裏にある素朴でシャイなところにあるのです。(こんなことを書くと多くの人を敵に回しそうですが・・・)


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。