FC2ブログ

DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
haydn_ptrio_schiff1.jpg

haydn_ptrio_schiff2.jpg

Haydn Piano Trio H12, 14, 26, 27, 28, 29, 30, 31

Andras Schiff
Yuuko Shiokawa
Boris Pergamenschikow


DECCA (476 2576, 2577)



こんなに素晴らしい演奏が、もうすぐ手に入りにくくなるらしいので、急遽取り上げることにした。
「ハイドンの音楽は乾いている」というのは良く見かける評であるが、本当にそうだろうか。シンフォニーはともかく、少なくとも弦楽四重奏などの室内楽や協奏曲にはそう感じないものが多い。ハイドンの音楽は「乾いていて」つまらないという方は、是非ともこの至高のハイドンを聴いて欲しい。
職場の同僚が、もう廃盤になった国内盤を貸してくれたのが、この演奏を知ったきっかけだった。それまでハイドンのピアノ三重奏など聴いたことが無かった。初めて聴いたときは、驚愕した「これがハイドン?」。ロマンティックで愛らしい旋律。いや、これは曲の魅力だけでなく、演奏も素晴らしいのだと思う。シフ夫妻、ペルガメンシコフのトリオは至高のトリオと言える。これ以上何を望むというのだろうか。融和しにくい弦とピアノの音が、これまでに融和している様は、他では聴いた事がない。チェロがペレーニに変わったトリオも素晴らしかったが、こちらも決して負けていないし、三つの楽器の融和という点では、こちらのほうが上だと思う。古典の枠にきちんと収まっていながら、節度があり気品のあるロマン性が素晴らしい。「夢見心地」という表現がぴったりだ。シューベルトを聴いているような錯覚さえ抱く。
モーツァルトのようなH12二楽章、H26一楽章の憂いに満ちた導入、H27一楽章の快活さ、どれも素晴らしい。特にH30一楽章はたまらなく愛らしい。短調になりほんのり寂しげな表情を見せるところ(1:40)など、ゾクゾクする。ハイドンが作曲時にこのようなロマン性を意図したか分からないが、これもハイドンの音楽の持つ一面だろう。
最近、豪ELOQUENCEから廉価で再発されたので、狂喜乱舞して即購入。そして宝物のCDとなった。こんな素晴らしい演奏が2枚で2000円以下とは、なんとももったいない話である。

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

01月 « 2006年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。