DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
haydn104_celi.jpg

Haydn Symphony No.104 "London"

Sergiu Celibidache
Münchener Philharmoniker


EMI CLASSICS (7243 5 56518 2 2)



ここ数日珍しく五月晴れが続いている。今年の五月はもう梅雨に突入したかのように雨が多かったが、久しぶりにカラッと晴れるととても気持ちいい。布団も久しぶりに干せた。こういう日はハイドンがいい。でも湿度が高めなので、演奏も少ししっとりしたものを。

以前エントリした通り、私はチェリビダッケのハイドンを高く評価している。下手すると世評の高いブルックナーよりも、相性が良かったのではないだろうかと思うことすらある。しかしながら、私の中のハイドン演奏の理想系はシューリヒトで、現代オケを朗々と鳴らし、空を駆けながら良く歌うスタイルがこの上なく好きだ。それに「ロンドン」というと、シューリヒトとフランス国立管との唯一無二の名演があるため、初めてチェリの「ロンドン」を聴いたときにはいまいちピンと来なかった。推進力に欠け、天を飛翔してくれなかったからである。そして数回聴いてお蔵入りしてしまった。しばらくして久しぶりに聴き返したときに、はっとした。こんなに美しい演奏だったんだ!実にしっとりしていて、非常に美しい。ユーモアに欠けるかもしれないが、そのかわりモーツァルトかと思わせる程、気品のある湿度がある。また、「オックスフォード」と同様、テンポが不自然で恣意的だと感じることはなく、自然にハイドンの音楽に身を浸すことができる。そして、ミュンヘン・フィルの機能性も鼻につかない。もしかしたら、チェリはハイドンなどの古典派の音楽に対し、古典の枠に収めようとする「理性」が働くので、ロマン派の音楽のようにやりすぎず、古典の枠を少しはみ出した名演が生まれるのかもしれない。
一楽章の序奏は遅いテンポながら過度に重々しくなることなく、響きが美しい。そしてどこか神秘的だ。主部への入りの美しさは、夜が明けて空が明るくなってくるようだ。なんと美しい第一主題!。フォルテになってからも推進力に富んでいるわけではないが、緊張感が持続し、常に音に生命力がある。そして何より響きが美しい。一音一音全て美しく、乱暴なハイドン演奏にありがちな汚い音は一つもない。
白眉は二楽章。モーツァルトの緩徐楽章のようだ。美しい、とにかく美しい。雪の降り始めのように、ぽつりぽつりと空から音が舞ってくるようだ。ハイドンの音楽であることを忘れてしまう。音の消え方の繊細さは、チェリにしかできない芸当ではないだろうか。
三楽章はテンポは遅いものの、音楽が停滞せず、ちゃんとメヌエットに聞こえる。美しいのはトリオ!オーボエのなんと気品があること。高貴な貴族的な香りすらする。トリオの終わり方など、とてもハイドンの音楽とは思えない。
四楽章は勢いで聴かせるような演奏ではなく、響きの美しさと音の充実度で聴かせてくれる演奏である。四楽章がこんなに美しいと思ったのは初めてだ。
チェリビダッケがせめてロンドン・セットだけでも全て録音してくれたら、どんなに素晴らしかっただろう。「軍隊」などではどんな名演を繰り広げてくれるのだろうと、妄想をしている。

お買い物『HMV - 交響曲第103番、第104番 チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル(限定盤)【CD】-ハイドン/音楽/HMV』

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
brahms1_guilini.jpg

Brahms Symphony No.1

Carlo Maria Giulini
Symphnieorchester des Bayerischen Rundfunks


Profil (PH05021)



ジュリーニの余韻残っているので、今日もジュリーニのエントリを。(ジュリーニの歌に癒されたいのかもしれないが・・・。)

ブラームスの1番に付く形容詞は「熱い」「劇的」などが定番で、「美しい」というのは結びつきにくい。しかも「溜息が出るほど美しい」のである。フルトヴェングラー、ミュンシュなどの演奏しか聴いたことがない方がこのジュリーニの演奏を聴くと、きっとはっとさせられることだろう。世の中にはこんなに美しいブラ1があったのかと。ブラームスの1番は重々しすぎて聴くのに覚悟がいるが、この演奏は何度も取り出したくなるほど美しく、聴いてて幸せ一杯になれる。それは「ベートーヴェン第10交響曲」呼ばれるような、ベートーヴェン的な「苦悩から勝利へ」的幸せではなく、溢れる歌に身を浸す幸せである。
ジュリーニのブラームスの1番で聴いたことがあるのは三種、このバイエルン放送響盤、ロス・フィル盤、ウィーン・フィル盤だが、私は断然この演奏を一番に取る。歌の豊かさ、音色の美しさ、音楽の生命力、全てにおいて充実しきっている。やはりオーケストラの力量が物を言っているのだろう。バイエルン放送響はなんと凄いオーケストラなのだろう。ジュリーニの音楽が余すところなく具現化されている。
一楽章序奏から音が滑らかで大変美しく、絶対に汚い、または強引な音がしない。序奏からして、歌に溢れている。特に最後のチェロだけ残るところ(2:38)では、ややテンポを落とし、たっぷり歌われる。嗚呼、なんて美しいブラ1!こんな美しい一楽章は他に知らない。一楽章をこんな美しい音楽にしてしまったジュリーニは、やはり稀有な音楽家だったと思う。展開部のクライマックス(9:44)も安易な熱狂とは無縁。ここでも美感を保っており、安定感がある。
二楽章、三楽章は期待を裏切らない。このような楽章はジュリーニに最も適した楽章だろう。二楽章冒頭の弦、(2:12)からのヴァイオリンの美しいこと!オーボエ(3:00)、クラリネット(3:17)のソロの美しさ、そしてクラリネットのソロの裏でそっと入ってくる低弦の繊細さ、もう溜息をついてしまう。二楽章前半は飛び切り美しい。三楽章冒頭はこの曲でも大好きな部分。優しさに溢れている。体を横に揺らしながら思わず涙してしまった。
そして四楽章。有名なテーマ(4:53)の美しさは言語に絶する。どんな褒め言葉も追いつかない。これほどに懐の深く、歌に溢れた第一主題が他にあるのだろうか。ここだけでも何度でも何度でも繰り返し聴きたいくらいだ。その後も派手さは無いものの、しっかり地に足のついた音楽である。突進はしてないものの、一音一音に溢れる生命力と豊かな歌がある。コーダは安易な熱狂とは無縁だが、なんと充実感のあることか。

ところでジュリーニはよく「レガート偏愛」と言われているが、私はそうは思わない。あえていうなら、むしろ「テヌート偏愛」ではないだろうか。一音一音に想いを込め可能な限り歌うので、音は拍のぎりぎりまで奏でられる。これはカラヤンと比べれば一目(一聴)瞭然だろう。

お買い物『HMV - 交響曲第1番 ジュリーニ&バイエルン放送響(ライブ盤)【CD】-ブラームス/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
schubert_mass6_giulini.jpg

Schubert Mass No.6

Carlo Maria Giulini
Chor und Symphnieorchester des Bayerischen Rundfunks


SONY CLASSICAL (SICC270)



クラシックブログ共同企画、「勝手にジュリーニの日」に拙ブログも参加させていただくことにした。ジュリーニは大好きな指揮者で、その優れた音楽性、紳士でハンサムな風貌、謙虚で誰からも愛された人柄は憧れの的である。ジュリーニのCDで氏の顔が映っているジャケットはすべて「美しい」。いつも手に取ると、その引力に引き寄せられてしまう(もちろん、悩ましいことに全部買うわけにはいかないのだが)。指揮者の中でも特に「美しい顔」を持った指揮者だった。ただ単にパーツが整っているだけでなく、内面から滲み出る優しさと気品があった。音楽家の中で最も好きな顔かもしれない。

ところで声楽曲のエントリが今までに一つも無いことに気がついたので、今日はシューベルトの傑作を。「バッハ、マタイ受難曲」、「モーツァルト、レクイエム」、「ベートーヴェン、ミサ・ソレムニス」、「ブラームス、ドイツ・レクイエム」、「ブルックナー、テ・デウム」というように、有名作曲家には必ず、有名な宗教曲があるわけだが、なぜか愛するシューベルトには有名な宗教曲が無い。シューベルトの声楽というとリートばかり目立つが、シューベルトも挙げた作曲家達に負けない素晴らしい宗教曲を書いている。ここで紹介したいのは最後のミサ曲第6番である。作品番号から分かる通り、この作品はシューベルト死の年の作品で、個人的にはベートーヴェンのミサ・ソレムニスに匹敵する作品だと思っている。シューベルトならではの優しさ、無垢さが生かされた歴史に残る名作ではないだろうか。特にアニュス・デイの敬虔な美しさは古今東西のミサ曲の中でも、特筆すべき傑作だと思っている。
この傑作をカンタービレの巨匠、ジュリーニが最強オケ&コーラスのバイエルン放送響&合唱団と共に演奏してしているわけだから、名演が生まれて当然かもしれない。シューベルトの晩年の作品の演奏には謙虚さ、高潔さが必要だと思っているが、この演奏はジュリーニの謙虚で高潔な人柄が滲み出た稀有な名演だと思う。全編慈しむように一音一音大切に奏でている。ゆったりとしたテンポで、滑らかに歌い上げる。しかし音楽は張りを失わない。また、彼の音楽には「嘘」が一切無い。だから宗教曲ではとびきびの名演を残してくれた。(バッハ、ロ短調ミサ曲、ベートーヴェン、ミサ・ソレムニスに名演あり)どれも敬虔な歌に溢れている。
キリエの冒頭から柔らかい優しい音に包まれる。なんと心地よいのだろう。
グローリアでは力強さ、輝かしさの中に、優しさがちりばめてある。
クレドはジュリーニの真骨頂。「聖霊によりて」の冒頭のチェロの優しさときたら! 独唱陣も素晴らしい。大仰なヴィブラートを伴った大時代的な歌い方ではなく、いい意味で力の抜けた美しい歌を聴かせてくれる。
アニュス・デイはどうしようもなく美しい。アカペラ部分での清廉で祈りに満ちた合唱、そして最後の弱音での祈りに満ちた美しさ!最後のティンパニがディミニュエンドして消えて行くところは非常に感動的で、無宗教の私でも手を合わせたくなってしまう。涙なくしてこれを聴けるだろうか。音が消えたあとは目をつぶり、胸いっぱいになって天を仰いでしまった。この曲を聴いたことが無い方はこの演奏を聴いたらきっと大好きになるだろう。

それにしてもgarjyuさんのブログにエントリされている、音楽評論家、黒田恭一氏のエピソードは大変感動的だった。ジュリーニの人柄が如実に現れたエピソードだと思う。(garjyuさん、紹介していただき、ありがとうございます。)多くの人に尊敬され、愛されたジュリーニ。憧れるのは勝手だが、自分に他人に対してそれだけの謙虚さがあるか?否。あのような素敵な年の取り方が出来るよう精進したいと、この曲を聴きながら改めて思った。ありがとう、ジュリーニ。

お買い物『HMV - ミサ曲第6番 ジュリーニ&バイエルン放送交響楽団&合唱団、他【CD】-シューベルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

このページのトップへ
HMVのサイトによると、シューリヒト/ベルリン・フィルのエロイカの正規盤が、なんとヒストリカルの雄、TESTAMENTから発売されるそうです。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1313494

以前、romaniさん壁男さんからお薦めいただき、聴いたところ大変素晴らしい演奏だったので、良質の復刻を期待したいと思います。カップリングのプラハも海賊盤で聴いたことがありますが、素晴らしい演奏でした。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet_pcon4_curzon.jpg

Beethoven Piano Concerto No.4

Rafael Kubelik
Clifford Curzon (P)
Symphnieorchester des Bayerischen Rundfunks


audite (95.459)



今日は久しぶりの雨降り。ゴールデンウィークは例年だと雨がよく降るが、今年は良く晴れた。今日は雨降りにぴったりの曲を。

気がつくと協奏曲のエントリが一つも無い。実は協奏曲は私が最も苦手とする分野なのである。まず協奏曲という演奏形態が苦手である。協奏曲は腕自慢的要素が強いので、その強烈な自己主張に疲れてしまうことがある。次に独奏と伴奏、両方が優れた演奏が稀であるということである。しかもそれに相性という要素が加わるからさらに難しい。そんな中で、このカーゾン/クーベリックの組み合わせは私にとって理想的な組み合わせである。両者とも音楽性に申し分なく、かつ相性が素晴らしく良い。
カーゾンの音は清水のようだ。とてつもなく透明で不純物が一切無い。かと言って無味乾燥かというとそうではない。高価な浄水器で徹底的に不純物を取り除いた水と富士の湧水、どちらが美味しいか、というのは愚問だろう。富士の湧水には、長年岩盤を通って岩盤から少しずつ溶け出した、目に見えない生命活動に必要なミネラルが豊富に含まれており、深い味わいがある。カーゾンのピアノは正に後者である。透明感の中に、誠実さ、厳しさ、優しさ、そして寂しさといったミネラルが豊富に含まれている。カーゾンは譜読みが念入りで作曲家に対して極めて謙虚だったそうだが、音楽にその人柄がよく表われている。恣意的なところは一切無い。カーゾンという演奏者を通して、無駄なものがろ過されたようだ。
ベートーヴェンのピアノ協奏曲と言えば「皇帝」が有名で、一番人気がある曲だとは思うが、私はむしろこの内省的でベートーヴェンらしからぬ4番の方が大好きだ。この4番はカーゾンと相性がいい曲だったのではないだろうか。4番は協奏曲では特異な曲で、いきなり主題から、しかもピアノの独奏で開始される。ここでのカーゾンは極めて美しい。なんと透明で美しいピアノ!しかも陰影に富んでいて、高貴な寂寥感を含んでいる。続くクーベリックの管弦楽も充実の極みで、優しく極めて繊細だ。ああ、これぞ私が協奏曲に求めているもの!カーゾンのピアノは過度に自己主張したり、伴奏と張り合ったりしない。またクーベリックの伴奏は暖かく独奏を包み込む。
曲想が二人の芸風にマッチしてか、一楽章は唯一無二の出来。特に暖かい伴奏に乗せた提示部、再現部のトリル(5:18)(12:34)、提示部、再現部終わりのテーマ(7:05)(14:19)などは美しさの限りで涙を誘う。カデンツァも極めて内省的だが、美しくどこか悲しい。
二楽章はどうしようもない寂寥感に満たされている。
三楽章のクーベリックの躍動感溢れる伴奏が素晴らしく、カーゾンのピアノは決して汚くならず、美感を保っている。
これがライブ録音とは信じられない。カーゾンは録音嫌いだったそうだが、こうやってライブが発掘されるのは大変嬉しい。モーツァルトの協奏曲の宝物のような録音を残してくれたが、ソナタが録音されなかったのは残念至極。今後もBBCやauditeからライブ録音が発掘されることを切に願っている。

お買い物『HMV - ピアノ協奏曲第4、5番 カーゾン、クーベリック&バイエルン放送響【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

04月 « 2006年05月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。