DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet5_kubelik.jpg

Beethoven Symphony No.5

Rafael Kubelik
Symphnieorchester des Bayerischen Rundfunks


audite (95.493)



あまり暗い話ばかり書いていると、読者の方もげんなりして夏バテしてしまいそうですし、音楽に関係ないエントリばかりだと「わしゃ、音楽のエントリが見たいんじゃい!早く音楽の記事エントリせんかい!」と罵声が飛んできそうです(笑)。大変お待たせしました!復活第一弾のCDレビューです。復活時に宣言した通り、ちょっとスタイルを変えてみることにしたので、今までのような堅い文体ではなく、少し砕けた文体にしたいと思います。読者の皆様の反応も楽しみです。

プライベートでは苦しい時期が過ぎ、ようやく光が見えてきました。これは正にベートーヴェン流の「苦悩を突き抜けて歓喜へ」なわけで、今日はクラシック音楽と言えばこの曲、「運命」です。意外にも拙ブログでとりあげるのは初めてです。
この曲には数々の名盤があり、往年の巨匠、フルトヴェングラー、クナ、クレンペラーを始め、フリッチャイ、セル、ケーゲルなどなど、名盤には事欠きません。しかし今日ご紹介するのは、こういった個性的なある意味「濃い」演奏ではなく、「中庸」と呼ばれている演奏、クーベリックのライブ盤です。私が最も手にとって聴く演奏かもしれません。
上記巨匠達の個性的な演奏ではないが、この演奏を「特徴が無い」とか「中庸」といって一蹴してしまうのは、あまりにもったいない、じっくり味わう、いわば本格的に煎れた味わい深いコーヒーや日本茶のような演奏とでもいいましょうか。深い味わいと奥深さをもった、そんな演奏です。極端な演出は無いので、初めて聴くのにも適しており、かつ長く聴ける演奏かもしれません。
以前エントリした第九のように、この演奏も音の密度が高く、非常に深く、そして節度があり、非常に格調高い演奏です。そして非常に透明感があるのです。この透明感が内声部を露わにし、奥行きを生み出しています。派手な演出は無いにも関わらず、響きの深さで一気に聴かせてしまう、稀有な演奏だと思います。
一楽章は激しく演奏しなくても、控えめで深く透明な響きで逆に奥行きと迫力を生む典型かもしれません。激しさがないのに、なぜこれだけ心に突き刺さるのでしょう。安易な演出は優れた音楽には不要ということを教えてくれます。
二楽章の優しさはクーベリック独特のもので、非常に感銘深いです。あらゆる二楽章の中でもっとも好きな演奏かもしれません。冒頭のチェロから気品と優しさに溢れています。感動的なのは(0:42)ヴァイオリンの優しい歌、(2:12)からの透明感のあるチェロの深い響き!ここでもこの透明感がものをいっています。(8:06)からヴァイオリンが高らかに歌うところなど、格調の高さで聴かせます。
四楽章は100%全開ではないものの、十分な高揚感があり、一方常に理性と知性が働いており、透明感が失われません。そしてそれは欲求不満を生み出すどころか、音楽を非常に格調高いものにしています。コーダで終わりに向けて激しくアッチェレランドしたり汗をかかなくても、聴いていて背筋が伸び、熱い感情がこみ上げてきます。曲が終わると、「ああ、ベートーヴェンを聴いたな」という満足感で一杯になります。
このような演奏は、ある程度年を取らないと分からないかもしれません。血気盛んだった20代前半の頃では、フルトヴェングラーだ、クレンペラーだと言ってきっとこの演奏の良さを見過ごしてたかもしれません。年を取るというのは悪いことばかりでもありませんね。

さて、今回のスタイルはいかがだったでしょうか?個人的にはすごい違和感がありました(苦笑)。慣れというのは恐ろしいものです。同じ内容、以前の文体で、もう一度エントリしてみましょうか。

お買い物『HMV - 交響曲第4番、第5番《運命》 クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団(1979、1969)(ライブ盤)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
体調の復活と同時に、またCD購買欲までもが復活して困ります(笑)。最近購入した中では、ライプツィヒSQのブラームスの弦楽六重奏2番、弦楽四重奏1番が事の外素晴らしく、毎日聴いています。残りのブラームスを全て購入すべくスタンバっています。そのうちエントリしますね。
ブラームス苦手宣言をしたdokuoh、なぜかこの暑い夏にブラームスを聴きまくっています。先ほどの、弦楽六重奏、弦楽四重奏の他に、弦楽五重奏、ピアノ協奏曲、大学祝典序曲、悲劇的序曲などなど。あれほど苦手だったのに自分でも驚いています。倒れたせいで精神構造が変わったのか?自分の内面の変化を音楽で知るのって面白いですね。

ところでブログお休み中は、もちろんブログのアクセス数をチェックしていなかったのですが、久しぶりにチェックしてびっくり!一つもエントリの無かった6月も、5月に比べると思ったほどアクセス数が落ちずにコンスタントにアクセスがあるではないですか。しかも、検索などでの初回訪問ではなく、幾度もアクセスしてくださった方が多いのです。なんともありがたい話です。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

06月 « 2006年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。