DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
bach_cello2_rostro.jpg

J.S.Bach Cello Suites No.2 Saraband

Mstislav Rostropovich


EMI (7243 5 55365 2 6)



ロストロポーヴィチが亡くなりました。享年80歳。一つの時代の終焉です。本当はブログなど書いている場合ではないのですが、どうしても書きたい衝動に駆られ、パソコンに向かっています。

先ほど仕事から帰ってきて、朝日新聞のWebで訃報を知りました。衝撃でした。最近は体調が思わしくないことは知っていましたが、いざ訃報に接すると衝撃は大きいものです。
ロストロポーヴィチは必ずしも好きなタイプのチェリストではありません。私にとって彼の表現は大きすぎ、また強すぎるのです。ですが彼は尊敬に値するチェリストでした。初めてチェロという楽器の限界を超えた人ではなかったでしょうか。今後彼のようなチェリストが現れるとは考えにくいです。

彼が残したバッハの無伴奏は、鳴物入りで登場したにも関わらず、各方面(私の周りでも)で苦言を呈された演奏です。「これはバッハではない」そのような評論を良く目にしました。しかし、本当にこれはバッハではないのか?異様に巨大なスケール、舞曲とは思えないベタベタした重い音。バッハの無伴奏の中では明らかに異質です。

阪神淡路大震災の際、追悼演奏会のアンコールで彼が弾いたのがこの2番のサラバンドでした。私は大学時代の友人と友人宅でその放送を見ていましたが、その壮絶な演奏に絶句し、涙しました。バッハはかくも悲痛なのか。彼のこのバッハは確かに通常概念にあるバッハではないかもしれません。ですが、その深い慟哭を聴いてください。私も彼のバッハの全部を賞賛するわけではありません。ただ、短調のサラバンド(2、5番)だけは、前人未到の深みに達していると思います。これほど胸にささる演奏を他に知りません。音が叫んでいます。

今日はこのサラバンドを流し続けながら、追悼したいと思います。合掌。

お買い物『HMV - 無伴奏チェロ組曲全曲(第1番~第6番) ロストロポーヴィチ(2CD)【CD】-バッハ/音楽/HMV』

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

03月 « 2007年04月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。