DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
brahms_tragic_schuricht.jpg

Brahms Tragic Overture

Carl Schuricht
London Symphony Orchestra


BBC LEGENDS (BBCL 4213-2)



過去に聴いたロンドン響の演奏の中で、これほどに深い響きを引き出した演奏を他に知りません。常任指揮者だったクリップス、モントゥー、ケルテスといった錚々たる面々も及びません。いや、ロンドン響だけでなく、管弦楽でこれだけ深い響きを出せるのも稀で、シューリヒトの演奏の中でもトップを行く演奏ではないでしょうか。これだけ深い響きを出せるシューリヒトはやはり稀有な芸術家だったと思わずにいられません。
この演奏は以前DISQUES REFRAINという海賊盤で出ていて、初めて聴いたときに激しい衝撃を受けました。この音はいったいどこから響いてくるのか?その先に黄泉の世界が広がっているかのような信じられないほど深い響きに驚愕しました。その後も数枚の海賊盤で発売されたようですが、このたびようやく正規盤としてBBC LEGENDSから発売されました。

このシューリヒトによる悲劇的序曲の響きは、「重い」のではなく「深い」のです。ただ分厚く重い響きを鳴らすだけがブラームスではない。生命をもったように生々しく、急流の深みのように深い響き。喋るように歌うヴァイオリン、蠢く低弦。ここでのシューリヒトはインテンポ気味で過剰にオケを煽ることは一切しません。瞑想するかの如くじっくりオケを鳴らします。それが生み出す恐ろしいほどの説得力!フォルテでの音圧はさほどありません。シューリヒトは決して大音量で表面的な音響効果を狙うのではなく、その「意味」によって聴き手を圧倒します。
アンサンブルとしては弱い点があるのですが、金管が弱いとかヴァイオリンの音程が合っていないとかそんなものを論じるのが馬鹿馬鹿しくなります。

第二主題が現れる前、(2:14)からの弦のシンコペーションに乗ってオーボエが奏でるところなどこの世の響きとは思えない深い音が圧倒します。続く第二主題の歌の素晴らしさは筆舌に尽くしがたく、これだけ意味深い第二主題は他では聴いたことがありません。その後の(3:56)からの壮絶さ!地底から死人が唸り声を上げているような低弦!
コーダの悲痛さは涙無しに聴けません。体をズタズタに切り裂かれそうになります。凶器にもなり得そうななんという壮絶な響き!

正規盤の音質はノイズリダクションしすぎたせいか、少し海賊盤よりもシャリシャリ感が強く、深い響きが多少失われているのが残念ですが、それを堪能するのに十分です。

お買い物『HMV - レーガー:ヒラー変奏曲、ブラームス:悲劇的序曲 シューリヒト&LSO、ベートーヴェン:大フーガ ボールト&NPO(ステレオ)(ライブ盤)【CD】-Orchestral Concert/音楽/HMV』

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2007年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。