DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
haydn104_schuricht.jpg

Haydn Symphony No.104 "London"

Carl Schuricht
France National Radio Orchestra


MEMORIES (MR2020)



これは本当に奇跡的演奏です。今後ハイドンの交響曲がこれほどに優雅に活き活きと演奏されることはまずないのではないでしょうか?
ハイドンに全くシンパシーのなかった私に、ハイドンを好きになるきっかけを作ってくれた演奏で、今になっても最高のハイドン演奏です(同じシューリヒトによる86番も同列にしたいくらいの名演)。

ハイドンの音楽は乾いている、ハイドンの音楽には色気がない、そんなのはステレオタイプではないか。この演奏を聴くとそう思うでしょう。品がある優雅なレガートに快活でありながら決してエッジの立たない柔和なフレージング。まさに奇跡的です。一楽章などまるで芸術を司る神ミューズが軽やかに舞踏しているかのようです。

一楽章冒頭のゆっくりとして堂々とした序奏。それからも多少引きずりながら進む意味深さなど、ここからして既に次元が異なります。主部に入ってからの第一主題の美しさといったら!レガート気味にフレーズ一つ一つを慈しむように奏でられます。これぞシューリヒトの真骨頂!それからもレガートで優雅に奏でられますが、決していやらしさがない、それどころか薫り高い気品が溢れてきます。再現部(6:20)から微妙にアッチェレランドして前に行くところなど奇跡としか言えないテンポ操作です。このテンポの揺れの巧妙さがシューリヒトの最も素晴らしいところではないでしょうか。

二楽章も過度に悲劇的にならずに常にほのかに高貴な香りがします。(2:59)からのゆったりとしたテンポ、大きなフレージング、もう溜息が出ます。

三楽章の生命力溢れる活き活きとした表情も最高です。そしてトリオ冒頭のルバートのセンスの良さ!なんと優雅なことか。

そして四楽章。私はこの四楽章が大好きで、あらゆるハイドンの交響曲の楽章の中で一番好きなのですが、もうこれ以上の演奏は考えられません。通常「美しい」「神々しい」という形容詞は快活で愉悦なハイドンの音楽とは結びつきません。しかしこの演奏は美しく、神々しいのです。その疾走するフレーズは、まるでミューズが疾走し、その汗が金の粉となり、舞い上がって輝いているかのようです。
疾走して愉悦感を伴っていながら、絶対に硬くならない。全てのフレーズは生命を持ち、美しい。これは奇跡です。ハイドンを聴いて涙を流すことは滅多にないのですが、この演奏だけはだめです。(4:05)から終わりにかけてなど、もう胸が一杯になってしまいます。

この演奏は以前海賊盤のDISQUES REFRAINとVIRTUOSOから出ていましたが、最近このMEMORIESから正規盤としてようやく復刻しました。(といってもこのMEMORIESも怪しいレーベルですが。)音の鮮度はこれが一番かもしれません。もともと1955年と録音が多少古く、音がボケ気味ですが、それでも無類の感動を与えてくれることは間違いありません。

お買い物『HMV - 交響曲第2番(二種)、『マンフレッド』序曲、他 シューリヒト&フランス国立放送管、北ドイツ放送響(2CD)【CD】-シューマン/音楽/HMV』

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

08月 « 2007年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。