DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet9_kegel.jpg

Beethoven Symphony No.9 "Choral"

Herbert Kegel
Rundfunk-Sinfonieorchester Leipzig
Gewandhaus Chor


WEITBLICK (SSS0066-2)



全く不思議な第九です。熱気が無いかというとそうではない。しかしながら、これが歓喜の歌かといわれれば、それは違う。そこには歓喜があるのではなく、神秘へ開かれた扉があるのです。第九の裏に透けて見える神秘の世界。そこは天国か地獄か、はたまた人類の知りえない未知の領域か。
ケーゲルらしい透明感溢れ厳粛な演奏ですが、先に紹介したA・ヤンソンスの演奏とは異なった雰囲気があります。緊張感溢れた張り詰めた病的に透明な響き。ケーゲル特有のハーモニーに対するこだわりがあり、響きは濁らず病的に美しく、透明感があります。基本はインテンポでテンポを動かさず粛々と音楽が進みます。しかし、四楽章のようにいきなりあっと言わせるようなデフォルメがあり、これがケーゲルらしいところでもあります。
スタジオ録音よりも緊張度が高く、響きも深く、異色の名演となりました。対峙するのに相当な覚悟と緊張を必要とする特異な演奏です。その危険な魅力を享受してみようではありませんか。

一楽章は宇宙創造の神秘そのものではないでしょうか。その一切劇的なところのない深遠な響きはまるでブルックナーの9番一楽章のようで、聴く者を未知の世界へ誘います。その深さに足元をすくわれ、恐怖さえ感じます。透明な響きの向こうには神秘の世界への扉が開いている!足を踏み入れることを躊躇しなければならないほど恐いのです。

二楽章は一楽章に迫る深さで底が見えません。トリオへの追い込みなど凄まじい。

三楽章の悲しくなるまでの美しさは、決して肯定的なものではなく、心に冷たい水滴を残し体を通り抜けていきます。切ない、どうしようもなく切ない。しかし、その切なさのなんという美しさ!この冷たい美しさに身を浸すのが恐いのです。低弦に導かれ開かれる第二主題の世界(3:08)の美しさはいったいなんなのか!トランペットの警告音の後の低弦のうなるどうしようもない寂寥感(12:46)!信じられない音楽が繰り広げられます。

四楽章冒頭、所々デフォルメされた低弦のレチタティーヴォの呻き声も強烈です。本当に楽器が言葉を喋っている!弦によって奏でられる歓喜主題は透明で冷たく美しく、その冷たい流れに体を浸すと、体が硬直し涙が止まりません。

合唱の上手さはさすがケーゲル。独唱もレベルが高く、安心して聴いていられます(音楽自体は安心できないのですが)。合唱部分はA・ヤンソンスの演奏のように厳かで、祝典的狂乱からは無縁です。音楽は決して盛り上がりません。ケーゲル自身、この音楽に否定的な意見を持っており、乱痴気騒ぎには我慢がならなかったのでしょう。何とも不思議な音楽で、独特の浮遊感すらあります。アレグロ・アッサイ・ヴィヴァーチェの後から繰り広げられる、宗教音楽かと思わせる信じられないほど透明な音楽には唖然とさせられます。ケーゲルは第九で全く別の音楽を創造してしまった!そこにあるのは高貴な祈りか、はたまたこの楽章を蔑んだ冷徹な理性か。ケーゲルの作り出す透明なハーモニーがそれを助長しています。コーダはばっちり決まりますが、聴き終えたあとのこのけだるい疲労感はいったい何なのでしょう。

この演奏は何かの記念に聴くというのには、全く不向きな演奏です。しかし、この深遠な世界は聴くも者の心をつかみ離しません。もしかしたら、このケーゲルの演奏はかのフルトヴェングラーの演奏すら超えてしまった、その先の世界を描出した特異な演奏なのかもしれません。

お買い物『HMV - 交響曲第9番『合唱』 ケーゲル&ライプツィヒ放送交響楽団(ライブ盤)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet9_sader.jpg

Beethoven Symphony No.9 "Choral"

Kurt Sanderling
Berliner Sinfonie-Orchester
Chor der Deutschen Staatsoper


WEITBLICK (SSS0083-2)



すでに引退したザンデルリンクがお孫さんのクリスマス・プレゼントのために発売を許可したという演奏だそうで、お孫さんだけでなく、我々一般のリスナーにとっても嬉しいプレゼントとなりました。
ザンデルリンクのらしい密度が高く重量感のある厳しい音で、ずっしりした手ごたえがあります。しかしながら相反するような木質感があり、暖かさがあるのです。厳しさと優しさの同居した音。このザンデルリンク独特の音は木材に喩えるとと赤樫に似ているのではないでしょうか。赤樫は密度が高く、非常に硬く重いのですが、赤みを帯びた色は暖かく、深みがあります。(実はdokuohは昔剣道をやっていたのですが、素振りに使っている木刀は赤樫で出来ています)完全なモノトーンでない、微妙な色合いが音楽を味わい深いものにしています。
そして、まるで油絵の具を塗りたくるかのような濃厚な描写が、音のドラマを最大限に引き出しています。先に紹介したA・ヤンソンスと好対照と言えるかもしれません。また、一楽章のヴァイオリンのなどのオーケストレーションの改変(スタジオ録音にもあった)が所々に見られたり、楽譜にないデュナーミクがあったりなかなか個性的です。

一楽章はそのドラマが最大限に生かされた演奏と言えるでしょう。音に燃えたぎるエネルギーがあり、非常に熱量が高いのです。特に展開部の頂点での迫力は圧倒的で素晴らしく、音の衝撃派で体が仰け反ってしまいます。かと思えば、静かな曲想での弦や木管の歌わせ方はザンデルリンクならではで、ただの乱暴な演奏でない証左となっています。

二楽章冒頭の弦の大地を切り裂くような重い音は物凄く、さらにティンパニが炸裂します。音楽が高揚してからは重量感があり、ティンパニの轟音と共に、音の塊が衝撃波となって襲い掛かります。

三楽章はザンデルリンクらしい過度に感情に溺れない優しい弦の歌が素晴らしい。

四楽章冒頭もティンパニが炸裂し、かなり激しいです。レチタティーヴォでは遅めのテンポで雄弁に語り、その重々しい響きは効果抜群です。歓喜主題ではファゴットのオブリガートを主旋律より強めに奏で主張します。弦の奏でる歓喜主題は繊細で涙が出ます。合唱は精度が低いものの、熱さがあり祝典的盛り上がりには事欠きません。最後の大団円ではテンポをぐっと落とし、プレスティッシモで爆発するところなど、効果抜群でこれぞ第九を聴く醍醐味と言えるでしょう。

ザンデルリンクらしいスケールの大きい演奏で、フルハーモニア管とのスタジオ録音には無い熱気があり、祝典的盛り上がりがあり、熱くスケールの大きい第九を楽しむには絶好の演奏だと思います。

お買い物『HMV - 交響曲第9番『合唱』 ザンデルリング&ベルリン響(ベルリン市制750周年記念演奏会ライヴ)(ライブ盤)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet9_jansons.jpg

Beethoven Symphony No.9 "Choral"

Arvid Jansons
Rundfunk-Symphnieorchester Berlin
Rundfunkchor Berlin


WEITBLICK (SSS0082-2)



コンセルトヘボウ管とバイエルン放送響という世界に名だたる名門オケ二つを手中に収めた、今をときめくマリス・ヤンソンス。これはその父上のアルヴィド・ヤンソンスの演奏です。アルヴィド・ヤンソンスは以前Altusから出ていた来日ライブの演奏を試聴で聴いたくらいで、特にシンパシーはありませんでしたが、この演奏はベストに推す人がいてもおかしくない、とてつもなく素晴らしい演奏で、少なくとも私の中では現在のベストの中の一つの演奏になりました。次回に紹介予定のザンデルリンクと共に、今年の年末を飾るのに相応しい第九ではないでしょうか。

この演奏は歓喜よりも敬虔、まるで宗教曲を聴いているような感覚に捕われるほどの厳粛な演奏です。音のドラマよりも音の持つ意味に重きが置かれています。決して浮つかず、焦らず、一音一音踏みしめるように全ての音に潔浄の意思を通わせています。音のドラマはなくとも意味深さと格調の高さがあり、聴いて熱くなるというより背筋がピンと伸びるような、独特の緊張感があります。こんな不浄で崇高な第九は初めてではないでしょうか。

一楽章からゆっくりとしたテンポでインテンポ気味、ダイナミクス・レンジもそれほど広くなく、奇を衒らわず粛々と音楽が進みます。しかし、スケールは極大、響きは透明で厳しく、聴いていて軽い恐怖さえ感じます。漆黒の宇宙空間に放り込まれそうな恐怖!特にコーダ冒頭の激しく鳴らさないのにじわじわと迫ってくる弦の恐ろしい響き!もう息が出来ないほど震えてしまいます。音のドラマがないのにこれだけの説得力があるとは!なんと深く厳しい音楽!第九の楽章の中で最も完成度の高いのはこの一楽章であることは疑いがないのですが、その理想形を示してしていると言って過言ではありません。

二楽章も音楽が高揚しても決して上滑りしません。着実な足取りで音楽は深さを増しています。トリオでも表情は明るくならず、常に沈鬱でどうしようもない寂寥感が漂っています。

一楽章と共に白眉なのが三楽章。なんと優しく美しいアダージョ!その優しさは人間界を超越しており、その視座は他の演奏よりもより高い位置にあります。冒頭の弦の入りのなんという繊細さと優しさ!弦が優しく第一主題を奏でるとき、体がふっと溶けてしまうような感じがします。もうその優しさに涙が止まりません。第二主題導入のベースの深々とした響きには体が吸い込まれそうになります。トランペットによる警告音の後の喋るような低弦など、こんな凄い表現は聴いたことがありません。フルトヴェングラーでさえ、これほどの表現はしていなかったのではないでしょうか。

四楽章は祝典的雰囲気は減退し、厳かに進みます。人々と悦びを分かち合うのではなく、神を恐れ、敬い、対峙する人間の音楽なのです。元々この楽章は突然変異的存在で、曲の構成的にも無理があり、前の三楽章と強引に繋げた感があるのですが、この解釈はそういう意味で前の三楽章からのつながりがスムーズに行っています。音のドラマはないものの、実に立派で厳しく美しい。私の大好きな管弦楽だけの歓喜主題提示の部分など、彫りの深さは無いものの非常に高潔で感動的です。アレグロ・アッサイ・ヴィヴァーチェの後からアレグロ・エネルギーコ(二重フーガ)の前までなど、この曲が第九ではなくミサ・ソレムニスではないかと思うほど、透明で美しく、祈りに満ちた信じられない音楽が展開されます。コーダなど決して全力ではなく、音楽はびっくりするほど粛々と進むのですが、実に格調高くこの曲を締めくくるのに何の不足もありません。

通常概念にあるドラマティックで祝典的盛り上がりがある演奏になれた耳には、この演奏を受け入れるのに時間がかかるかもしれません。ですが目を閉じて心を空虚にしてじっとその音楽と対峙してください。その無類の崇高さがかけがえのないものになるのは間違いないでしょう。

お買い物『HMV - 交響曲第9番『合唱』 アルヴィド・ヤンソンス&ベルリン放送交響楽団【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
ブログを始めた年に年末の風物詩、第九特集を行いましたが、今年も少しだけ取り上げたいと思います。というのもライブ録音の発掘を行っているWEITBLICKから去年から今年にかけて素晴らしい演奏がリリースされているからです。

第九は何種類持っているか分からないほど多くの音源を持っているのですが、未だに新たに購入しても新たな感動があるのです。これだからCD蒐集は止められません(苦笑)。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
brahms3_kna.jpg

Brahms Symphony No.3

Hans Knappertsbusch
Radio-Sinfonieorchester Stuttgart


DISQUES REFRAIN (DR-930048)



実はプライベートでストレスフルな日々が続き、12月の始めに去年と同様体を壊していました。ここ最近になってようやく体調が戻り始めたほど、心身ともにダメージを受けていました。傷ついた心と体を少しでも癒したい、そう思いふと手が伸びたのがこの演奏です。それから何度となく聴きました。
クナはブラームスの3番を得意にしており、録音も8種残っています。私もそのうちの5種を所有していますが、その中でも一番聴くのが最晩年のこのシュトゥットガルト放送響との演奏です。この演奏はクナのブラームスの3番の中で最も内省的で影があり、かつ包容力のある演奏ではないでしょうか。この曲に関してだけは他の指揮者が束になっても敵わない、遥かな高みに達しています。

この演奏を「グロテスク」、「巨大」、「個性的」という言葉だけで片付けてしまうのは、なんという錯誤。確かに上記特徴も持っていますが、この演奏は限りなく「繊細」で限りなく「優しい」のです。それこそこの演奏の本質ではないでしょうか。そっと優しく包んでくれる包容力があります。いったいクナッパーツブッシュという人はどれほどの包容力を持った人物だったのでしょうか。この音楽を聴くとその人柄に思いを馳せてしまいます。

一楽章冒頭の巨大な音楽にも驚かされますが、その後に繰り広げられるなんとも深々とした繊細な優しい音楽に、もう涙が止まりません。呼吸は限りなく深く、心をゆるやかにえぐっていきます。展開部は海の底が深く、振幅が広く波長の長い波のようです。

二楽章、三楽章にはもう言葉に表せられないほどの限りない優しさがあります。この演奏に触れると他の演奏が全く受付なくなるほどの感動があります。この二つの楽章はずっと涙に濡れて聴かなければなりません。
二楽章はもう冒頭から涙でボロボロになってしまいます。なんという優しさに満ちているのだろう!中間部のうねりなどいったい誰がこんな表現が出来るでしょうか。

三楽章の冒頭のチェロからどうしようもない寂寥感を湛え、繊細で優しいのです。底に流れる寂寥感の量でこの演奏に勝る演奏はないのではないでしょうか。

四楽章は巨大ですが、その巨大さは決して威圧的ではなく、包み込む大きさなのです。全身を包み込み、体全体に降り注いてくるエネルギーを享受する。人間は精神的に不安定なときは生理的に知らぬ間に呼吸が浅くなりますが、この巨大な音楽にあわせ呼吸を合わせ深い呼吸をすると心も大きくなるような気がするのです。

まだまだ矮小で未熟な自分が、クナの懐の深さと大きさに惹かれ、惚れてしまう。男が男の優しさに抱かれてもいいではないですか。母性とはまた違った安堵と癒しがそこにはあるのです。

この演奏はhänsslerから正規盤として発売されましたが、ステレオ・プレゼンスが加えられ、全く別の音になってしまって感動が薄くなっているのが残念です。

お買い物『HMV - 交響曲第3番、ハイドン変奏曲 クナッパーツブッシュ&シュトゥットガルト放送交響楽団【CD】-ブラームス/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet3_bohm.jpg

Beethoven Symphony No.3 "Eroica"

Karl Böhm
Symphnieorchester des Bayerischen Rundfunks


audite (23.404)



久しぶりにエロイカを聴きました。このブログを始めた頃、エロイカの特集を組んだとき以来ですから実に二年ぶりになります。ベートーヴェンのシンフォニーをこれだけ夢中になってじっくり聴いたのも本当に久しぶりです。最近は室内楽曲や器楽曲、声楽曲ばかり聴いていましたから。

ベームのライブといえば、燃える熱い演奏というのがまず思い浮かびます。この演奏も確かにスタジオ録音に比べると覇気があり、推進力もあります。しかし、私はそれだけでこの演奏を特徴付けることに疑問を感じます。むしろ、ややもすると弛緩してしまうが、造型は保ちつつ力ずくなところが一切無い懐の深い晩年のスタイルに、ライブの熱さを加味した演奏といったほうが近いと思います。ベームのライブ録音、1960年近辺のスタジオ録音では覇気はあるのだが、時に詰めがきつ過ぎ、フレーズが息苦しく感じることがありますが、この演奏は全くそういうことがなく、実によく歌っており懐が深いのです。残響が多目の録音も手伝い、音に広がりがあるので、フレーズが他の交響曲よりも比較的長いこの曲だから余計に成功しています。また、オケがとても素晴らく、ベームはバイエルン放送響の弦と木管の明るめの透明感ある美しい音を最大限に引き出しています。弦や木管が歌うといちいちその美しさに感動してしまいます。

一楽章冒頭から実に広がりがあり、その美しさに早速心奪われてしまいます。また、テンポが非常に絶妙で波に揺られているように実に心地が良いのです。

二楽章チェロのソリ(1:51)も大きめの実に深々とした音を奏で感動的です。マジョーレ(4:33)からは過度に輝かしくならず、その美しさには本当に涙が出ます。

三楽章も実に広がりがあり、かつ躍動感を失っていません。トリオのホルンも必要以上に吠えずに透明感があります。

四楽章は迫力や推進力に欠けるかも知れませんが、決して中身が空虚になっておらず、物足りなさは皆無。熱くなりませんが、なんと心地の良い充実した響きなのでしょう。私は特に二回目のフーガが終わったあとの第六変奏(6:59)の美しさに心奪われました。私はこの「憧憬」とも呼びたくなる優しさに溢れた第六変奏が大好きなのですが、この演奏は最高の演奏の一つではないでしょうか。なんと優しいオーボエと弦の響き!続く第七変奏も実に雄大で感動的です。

ベートーヴェンの音楽が後期弦楽四重奏、ピアノ・ソナタを除いてうるさく感じられるようになり、聴かなくなった、いや聴けなくなった昨今でも、このような演奏だから聴くことが出来たのでしょう。デモーニッシュな演奏ではないですが、何度でも取り出して聴きたくなる演奏です。

お買い物『HMV - 交響曲第3番『英雄』、第2番、第7番 べーム&バイエルン放送響(2CD)(ライブ盤)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

11月 « 2007年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。