DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
mahler_haitink.jpg

Mahler Symphony No.5

Bernard Haitink
Amsterdam Concertgebouw Orchestra


Philips (464 321-2)



クリスマスマチネー・ライブの中でも、この5番は私にとっては究極の演奏で、この演奏に心酔しきっています。もう他のマラ5は考えられないというほどに。
支離滅裂で全部を聴き通すのが辛いこの曲を、大音響ではなくメルヘンと滑らかで均整の取れた歌、そして程よいテンションによって最後まで聴かせてくれる数少ない演奏です。

一、二楽章の気難しい音楽を、勢いや情念に任せるのではなく、音符の持つ力をそのまま引き出し、昇華することによって均整の取れた音楽を聴かせてくれます。ゆえに聴き疲れせず、最後まで聴くことができます。ところどころ見せる弦の不安定な響きも美しい。

三楽章は短絡的に明るく演奏するのではなく、どこか遠鳴りするような奥ゆかしさがあります。なんとメルヘンチックな美しい音楽!

白眉は四楽章、有名なアダージェット。もうこれは唯一無二の究極の名演で、これ以上の演奏は考えられません。とにかく、テンポが素晴らしい。ゆっくり目のテンポでフレーズは深く呼吸し、有機的に繋がり、その消えゆく様はまるでふっと空に雲が融けるよう。そしてむやみに官能に溺れない。だからこそ余計に切ない。
最初から繊細の極みでたっぷり憂いを含み、静かにため息をつき、歌う、歌う。多少粘度を持ち、全てのフレーズは深くため息をつき、そのため息を一つ一つ慈しみながら奏でられる。そして、それが不自然だったり、恣意的なところは全くなく、まるで決して手の届かない想い焦がれた美しい女性を目の前にしながら、ふっとその美しさに吸い込まれ切なくなるかのように、どんどん音楽に堕ちていく。
特に最初のテーマが戻ってくるところの繊細さと静けさは、震えぜずにいられません。極度に引き伸ばされたテーマが、やるせなく涙が止まりません。
そして、最後。音楽が盛り上がり、フレーズの着地する様を聴いてください。これほどに心を揺さぶる演奏があるでしょうか。

五楽章冒頭のホルンを遠鳴りするところからセンスが抜群。音楽が盛り上がってからも音楽に勢いがあり、テンションも十分で最後の追い込みなど十分なカタルシスを味わうことができます。また、弦の歌は常に滑らかで艶があり、ただ勢いに任せていない美しさがあります。

残念ながら、世評の高い某演奏は私には「音の暴力」としか思えず、「音楽」ではなく、「音響」しか聴かせてくれない演奏だと思えてなりません。それも一つの解釈だとは思いますが、少なくとも私の中にあるマーラー像は大音響の裏にある素朴でシャイなところにあるのです。(こんなことを書くと多くの人を敵に回しそうですが・・・)

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
mahler_haitink.jpg

Mahler Symphonies

Bernard Haitink
Amsterdam Concertgebouw Orchestra


Philips (464 321-2)



ハイティンクがクリスマスマチネーで振ったマーラーの選集は、遠足のときの「お弁当箱」のようで、中にワクワク、ドキドキするような眩い名演が詰まっています。これほど名演が詰まった全集、選集は数少ないのではないでしょうか。私はこの選集のお陰でマーラーが好きになり、ハイティンクの音楽に理解を示すようになりました。残念ながら、6番、8番、「大地の歌」は収録されていませんが、収録されている曲は全て第一級の名演ぞろいで、人によってはそれぞれの曲のベストに推す演奏でしょう。特に5番は私の中では同曲ベストの演奏です。

ハイティンクのマーラー演奏の凄さは、マーラー特有の肥大化した曲を、極細部を彫琢しながら、肥大化した全体と完全に調和が取れており、極めて自然な表現が出来るところにあります。全体と細部との自然な調和、これぞハイティンクが他の追随を許さないところでしょう。楽器間のバランスは常に最上、テンポは自然で特にフレーズの有機的なつながりが素晴らしく、恣意的で強引な音楽の運びが皆無です。それでいて、ダイナミクスは十分にあり迫力もある。マーラー独特の情念には乏しいかもしれませんが、それと引き換えに曲自体の持つ大きさと美しさを堪能させてくれます。これを「無個性」と揶揄する人がいますが、私はこれは物凄い才能だと思うのです。

特にこのクリスマスマチネー・ライブは本来コンセルトヘボウ管自体の持つ柔らかい音色の素晴らしさに加え、このライブ独特の熱気と幾分リラックスした雰囲気が素晴らしく、シリアスさが減じているかわりに親しみやすさと滑らかで艶のある美しさがあります。コンセルトヘボウ管との全集、ベルリン・フィルとの選集には無い魅力がここにはあります。
私はこの選集といくつかの演奏があれば、とりあえずはマーラーは十分とさえ言えるほど魅せられています。

すでに廃盤になったようですが、店頭でもちょくちょく見かけますので、まだ購入されていない方は是非早めの購入をお薦めします。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
この時をずっと待っていました。一昨年に発売が予告され、発売延期になっていたヴァント/ミュンヘン・フィルのブルックナーの9番がついに発売になります。

『音楽 情報ニュース/ヴァント&ミュンヘン・フィルBOX/HMV』

以前エントリーしましたが、ブルックナー演奏史上最高の神々しいまでの名演で初の正規盤での発売となります。

既出の録音とまだ未発売の6番とボックスセットでの先行発売とのことで大変もどかしいですが、単体で発売されるのを、じっと待とうと思います。(それ以外の演奏は全て持っている・・・)


また、コメントにも書きましたが、先日お知らせしたボッシュのブル9はなんと四楽章付きで発売されることになったようです。

『音楽 情報ニュース/ボッシュ/ブルックナー交響曲第9番/HMV』

四楽章付きではヴィルトナーの演奏を愛聴してきましたが、今回は最新の補筆版でボッシュの指揮ということで期待が高まります。


ブルックナーの9番もベートーヴェンの第九並に同曲異盤を持っているのですが、この二つのリリースは絶対にはずせません。今年は再びブルックナー熱が上がりそうです。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ


Mahler Symphony No.6

Bernard Haitink
Orchestre National de France


naïve (V 4937)



「悲劇的」の演奏史上だけでなく、マーラーの演奏史上でも特筆大書すべき演奏が、廃盤の憂き目に遭っているので、店頭から姿を消す前にエントリーしようと思います。

人間の視点でどんなに不浄と感じる物質でも、純度を上げ結晶化すれば、それは「美しい」と感じるものに変貌します。音楽の中の人間の負の感情も不純物を取り除き、結晶化すれば美しい音楽になるのではないでしょうか。この演奏にバーンスタインやテンシュテットのような情念の発露は一切無く、マーラーの描いた負の感情は美しく結晶化され、ただただ音楽の美しさが迫ってくる稀有な名演です。いったい「悲劇的」はこれほどまでに美しい曲だったろうか!

ハイティンクらしい緻密なスコアの読みで、細部まで実に丁寧に描かれており、楽器のバランス、テンポ、アンサンブルは常に完璧。全く強引に鳴らさないのに、音楽は常に豊かに鳴り、ダイナミズムも申し分ない。またフランス国立管の明るめの淡い色彩を伴った透明な音色が素晴らしく、コンセルトヘボウ管のような音の濃密さのかわりに、爽やかな風が吹き抜けるような清々しさがあります。これはベルリン・フィルのようなヴィルトオーゾ・オケには無い魅力ではないでしょうか。事実、ハイティンクの深化もあるのでしょうが、ベルリン・フィルとの演奏よりも遥かに素晴らしい音響空間が広がります。

一楽章冒頭、低弦のリズムの刻みから決して焦らず強引に鳴らさず美しく響かせます。この時点ですでに数多の演奏とは次元が違います。第二主題が始まってからの視界が開けるような美しさは絶品で、これほどまでに美しく響いた例を他に知りません。コーダでの大音響も決して濁らず、熱さはありながら透明感を維持しています。一楽章はもっとグロテスクな音楽ではなかったか。

二楽章は暴力的にならずに常に美しく響きます。特に低音の深さは比類なきものです。

三楽章は信じられないくらい美しい!軽い眩暈を覚えるほどの美しさ!ここには現世的な官能は無く、それを超えたもっと普遍的な美がそこにはあります。それは決して天国的ではなく、もっと不安定な美。音楽の純度が高いため余計にそれが引き立ちます。(10:37)からの気高い哀しみに涙が止まりません。人間界を超えてしまった哀しみのなんという痛切さ!

四楽章はこの楽章を支配する不安定な空気をここまで美しく昇華できるとは信じられません。怪しいまでに透明で深い空間。この透明がもたらす深い音に身を浸すと、情念剥き出しの演奏が、表面的で全く物足りないものに聴こえてしまいます。序奏冒頭はハープとチェレスタによって七色の光が放たれ、怪しく美しい世界が広がりますが、それを大音響が打ち砕きます。再現部のコーダに向かっての高揚感も素晴らしく、全く破綻することなく音楽は頂点を迎え、そして最後の一撃。低弦の不気味な足取りの中、身構えていても簡単に打ち砕かれるほどの重量と衝撃があります。

私はこの演奏でハイティンクのただならぬ深化を感じ取り、それ以来ハイティンクを追いつづけています。ヴァントや朝比奈のように天才肌ではなく、愚直に己の信じる道を進む職人タイプですが、その長年の努力が結実するとき、天才肌の音楽家の音楽を蹴散らしてしまう。私は年を追うごとにこのようなタイプの音楽家に傾倒していっています。

次はこれも廃盤になってしまっているもう一つのハイティンクの大変優れたマーラー演奏、「クリスマスマチネー・ライブ」を紹介します。

お買い物『HMV - 交響曲第6番『悲劇的』 ハイティンク&フランス国立管(ライヴ)【CD】-マーラー|交響曲|クラシック|音楽|HMV ONLINE』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

12月 « 2008年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。