DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
mahler6_haitink_cso.jpg

Mahler Symphony No.6

Bernard Haitink
Chicago Symphony Orchestra


CSO RESOUND (CSOR 901 804)



話題のハイティンク/シカゴ響のマーラー第二弾。前回リリースのシカゴ響との3番よりも賛否が分かれるかもしれません。私の中のマーラーの6番の最高の名演であるフランス国立管との演奏よりもスケールは大きいが、より平静な演奏です。オケが異なるので音色やスケールは異なるものの、前回のフランス国立管との5番と共通点も多く、コンセルトヘボウ時代とは異なったハイティンクのマーラー観を克明に伝えています。

フランス国立管のマーラーの5番よりも音が硬質で、スケールが大きいのですが、こちらも「静」が支配しています。以前よりテンポが格段に遅くなり、細部を克明に彫琢しています。遅いテンポと時に見せるルバートがスケールを大きなものにしていますが、それは威圧的なものではなく、広がりがあります。こちらもやはり構えて対峙するのではなく「身を浸す」演奏と言えるかもしれません。

フランス国立管との演奏よりも幾分緊張感が減じていますが、一楽章の第二主題の懐の深さなどはフランス国立管との演奏には無かった魅力と言えるでしょう。三楽章の後半の広がりは素晴らしく、官能のかわりに清々しいまでの音響が広がります。全体的に深刻さや感情移入が減じ、音響そのもので聴かせる演奏になっています。これは特に四楽章で顕著です。

個人的にはより緊張感があり、音色に豊かさがあるフランス国立管との演奏のほうが好みですが、フランス国立管との5番同様、時々取り出してはその透徹した音響に身を浸したいと思わせてくれます。

お買い物『HMV - 交響曲第6番イ短調『悲劇的』 ハイティンク&シカゴ響(2SACD)(ライブ盤, ハイブリッド)【SACD】-マーラー/音楽/HMV』

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
mahler5_haitink.jpg

Mahler Symphony No.5

Bernard Haitink
Orchestre National de France


naïve (V 5026)



始めに申し上げておきますが、私は良いマーラー聴きではないと思っています。バーンスタイン、テンシュテットといった一般にマーラー指揮者として認識されている指揮者の演奏は、凄いと思いながらもあまり聴きませんし、ショルティに至っては拒絶反応を示します。(ちなみにクーベリックの演奏は大好きです)

これほど透明で静かなマーラーの5番を他に知りません。この曲にある支離滅裂でおどろおどろしい形相は一切なく、信じられないほど透明で「静」が支配します。以前紹介した6番よりも更に昇華してしまっています。この演奏の評価は真っ二つに分かれることでしょう。緊張感が無い、弛緩しているという評もあるでしょうし、それに対して異論はありません。私も初めてこの演奏に接したときには同じ印象を抱き、クリスマスマチネー・ライブと比較して一段低い完成度だと感じました。ですが何度か聴くうちに次第に魅了されていったのです。前述の一聴すると欠点に思える部分が独特の魅力となっており、時々この音響に身を浸したくなるのです。そう、マーラーに合い相応しくない「身を浸す」ことが出来る数少ない演奏なのです。

一楽章は信じられない透明度です。まるで別の音楽に聴こえます。ダイナミクスは一段階くらい幅が狭く、音楽の美しさだけが迫って来ます。これはブルックナーかシベリウスの音楽か?という錯覚に捕われます。冒頭のトランペットのソロから刺すような刺激は一切ありません。煩悩は完全に取り去られ、ハイティンクはどこか解脱してしまっています。こんなに美しい一楽章が他にあるでしょうか。

四楽章にあるのは官能ではなく、人生の終末に煩悩から開放され、悟りの境地に達した人の語りを聴いているようです。なんと繊細で儚いのだろう。(5:01)からなど痛々しいほど儚く、胸が締め付けられます。

現世の苦悩、格闘を描いたマーラーの音楽を彼岸の音楽に仕立ててしまったハイティンクは、いよいよ彼の音楽の総仕上げに入っているのかもしれません。

お買い物『HMV - 交響曲第5番 ハイティンク&フランス国立管弦楽団(2004)(ライブ盤)【CD】-マーラー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
mozart_sq_scubert.jpg

Mozart String Quartet No.16

Franz Schubert Quartet


Nimbus Records (NI 1778)



雨が降った翌日の早朝、森の中に朝もやが立ち込めるている。木々の合間から朝日がかすかに差込み、空気はたっぷり湿度を含んでいる。

この曲は、短調で激情の15番、「狩」の名前がついて冒頭のフレーズが大変有名な17番に挟まれて、非常に地味な存在ではありますが、私はこの曲を偏愛しています。この曲はたっぷり湿度を含み、独特のしっとり感があります。他では決して代用が利かない魅力を備えています。

この曲に漂う「湿度」に於いて、フランツ・シューベルトSQを上回る演奏を知りません。音楽が始まると本当に周りの空気が湿り気を帯びてくるようです。なんとしっとりした音楽!この演奏に浸ると、心にも潤いがもたらされます。
当時としては先進的だった半音階調の主題が使われる一楽章冒頭は、正に上で述べた情景が浮かぶようです。周りの空気が濡れて、静止しています。生き物がまだ活動を始める前の、早朝の静けさがあります。再現部の第一主題(5:50)からの2nd VnとVcなど美しさの限りです。

しみじみと流れる二楽章。流れがとてもいいのです。変に粘ったりしません。表情付けは最小限ながら本当に美しい。

大好きな三楽章。どんなに明るいメロディーにも儚さがあります。音楽は決して軽くなりません。沈み込むトリオも最高です。

四楽章のような音楽でも決して湿度を失いません。明るい中にほのかに陰りを持ちながら走り去っていきます。

この曲、演奏ほど湿度を感じさせてくれる音楽は数少ないでしょう。何度聴いても心の中にあるとげとげしい渇きがいやされていくのを実感出来ます。「聴く」というより「浸る」というのが本当に合い相応しい音楽です。

お買い物『HMV - String Quartet.14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23: F.schubert.q【CD】-モーツァルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
mozart_sq_scubert.jpg

Mozart String Quartet No.15

Franz Schubert Quartet


Nimbus Records (NI 1778)



モーツァルトがここまで感情を吐露したことが他にあるでしょうか。モーツァルトの数少ない短調の曲の中でも、この曲は特別です。短調の曲に過剰に肩入れする日本人的感覚は好きではありませんが、この曲は私にとっても特別な曲なのです。

フランツ・シューベルトSQはある意味淡々と弾いています。ですが、その説得力は比類なきものがあります。激しい曲だから、短調だから大仰に演奏するケースが多いですが、そのような演奏よりもはるかに哀しみを伝えています。

神妙なソット・ヴォーチェから始まる一楽章。オクターブ下降の動機がフォルテで奏でられるときも決して声高に叫びませんが、心に染み渡り、心を引き裂きます。その後も一切叫びません。第二主題も明るいながらどこか憂いを含んでおり、実に含蓄深い。

二楽章。嗚呼、言葉が追いつかずもどかしい。言葉では絶対にこの気持ちを表現出来ない。特に(3:31)からの物悲しいヴァイオリンの調べから、続く絶妙なパウゼの後の(3:55)からのどうしようも無い孤独!わずかな沈黙から奏でられる孤独に一体何を語れというのでしょう。ここが私のこの曲を聴くときの一つの基準なのですが、これ以上の表現は考えられません。哀しみの量に於いて、この演奏を凌ぐ演奏を知りません。

三楽章。メヌエットとトリオの対比が素晴らしい。メヌエットは決して威圧的にならないが物悲しく、トリオはどこまでも透明で実に美しい。このトリオでは、特に1st Vnのツヴィアウアーの実力が光ります。

四楽章の変奏曲は哀しみが滴り落ちます。主題提示では振幅は大きくなく、幾分引きずるように、とぼとぼ歩くように奏でられます。下を向いて寒空を一人歩いているようです。ヴィオラが懐の深い音で奏でる第三変奏など、全て素晴らしいですが、特に素晴らしいのが第四変奏。幸せな第四変奏の前の絶妙なパウゼ!そしてそれに続くなんと美しく儚い音楽!幸せに満ちたメロディのなんと哀しいこと。明るいが故に、美しいが故に哀しみは増幅され涙が止まりません。
凄いのは続く終曲で、急に音楽は激しくなり、最後「嗚呼!」と天を仰いで終わってしまいます。何という終結!それはモーツァルトの絶望する姿なのか。このときモーツァルトの胸に去来したものは何か。何が故にこのような曲を書かなければならなかったのか。モーツァルトの他の曲には無い、激しい一面を垣間見た気がします。

お買い物『HMV - String Quartet.14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23: F.schubert.q【CD】-モーツァルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
mozart_sq_scubert.jpg

Mozart String Quartets

Franz Schubert Quartet


Nimbus Records (NI 1778)



「シューベルトによるモーツァルト?」とお思いになることでしょう。我等がエジソン(エジソンが創設した会社で働いています)が蓄音機を発明したのが1877年。シューベルトが没したのが1828年。シューベルトがモーツァルトを演奏したことは確かでしょうが、シューベルトが生きた時代には蓄音機は発明されていませんでした。

「フランツ・シューベルト」と名に冠する弦楽四重奏団の演奏したモーツァルトの弦楽四重奏曲集は、私の中では宝物の一つです。厳しすぎず、激しすぎず、濃厚すぎず、大変バランスが良く、節度があります。現代の弦楽四重奏団にあるような振幅の広いダイナミズムは一切ありません。では、説得力に欠けるかというと全くそんなことはなく、むしろ雄弁に語るよりもモーツァルトの哀しみを伝えています。実に心に染み渡る演奏です。響きが大変美しのですが、それが表面的に陥っておらず、透明感ある寂寥感を湛えて、何度聴いても涙を誘います。さらに今は失われしウィーンの香りがほんのり香ります。「素朴」とも「華やか」とも違う魅力がそこにはあります。1st Vnのツヴィアウアーはウィーン響のコンサートマスターだそうなので納得です。

次回からモーツァルトの室内楽の最高傑作、「ハイドン・セット」を何曲か取り上げたいと思います。「ハイドン・セット」はモーツァルトが珍しく推敲を重ねたと言われる通り、隙がなく、下手すると息苦しくなってしまうのですが、この演奏は詰めがきつくなり過ぎず、自然体でふくよかで、その魅力を余すところなく引き出しています。

それにしてもこのNimbusというレーベル、このフランツ・シューベルトSQのモーツァルト、ブランディスSQのシューベルト、フィッシャーのハイドン交響曲全集と目の付け所が素晴らしいレーベルです。Brilliant Classicsが版権を買ってリリースするのも頷けます。一度倒産しましたが、CD-Rのみの販売という形で復活してしています。ちなみに私はBrilliant盤もNumbus盤も両方持っています(苦笑)。私の持っているBrilliantのMorzart Editionは店頭で見かけなくなりましたが、Brilliantの「ハイドン・セット」のみのセットと、弦楽五重奏と一緒になったセットはまだ販売しているようです。

お買い物『HMV - String Quartet.14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23: F.schubert.q【CD】-モーツァルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet_konwi.jpg

Beethoven Symphony No.2

Franz Konwitchny
Leipzig Gewandhaus Orchestra


edel CLASSICS (0002172CCC)



春は希望に満ちていて良いですね。新入生、新入社員。通勤途中の電車の中でも、明らかに人々の顔が明るい。いずれその夢や希望が打ち砕かれるとしても、新しい環境で夢や希望を抱くことは素晴らしいことだと思います。一部では日本も諸外国のように秋入学にするという話も出ていますが、桜をはじめとして咲き誇る花々を見ていると、そんなことは考えられません。

以前はこの季節にベートーヴェンの7番を取り上げました。今年は同様にベートーヴェンを取り上げますが、7番ではなく輝かしいD-durの2番を取り上げます。7番同様、この季節にぴったりの曲だと思います。有名なハイリゲンシュタットの遺書を書いた後とは思えないほど生命力に溢れており、聴いている者に活力を与えます。

コンヴィチュニーがライプツィヒ・ゲヴァントハウス管と残した素晴らしいベートーヴェンの交響曲全集の中でも、この2番は白眉だと思います。私の中では2番のベストの演奏です。奇を衒ったところは全く無い正統派のベートーヴェンで、重心の低い堂々とした響きで、生命力が漲っています。その生命力たるや、他のどの演奏をも凌いでいます。これを聴いて力が沸かない人などいるのでしょうか。

一楽章。常に決して煽らず、地に足が着いています。それでいながら、その音楽の持つ生命力といったら!テンポを揺らしたり、アッチェレランドしたり変な小細工は不要です。コーダの力強さなど絶品で、このスタイルで音楽にこれだけの生命力を吹き込めるコンヴィチュニーの手腕に脱帽です。

二楽章は表面的な美しさはなく、朴訥としており、素朴な響きに好感が持てます。飾らないことのなんという素晴らしさ!

後の5番にも通じるしつこい四楽章ですが、この演奏は聴いていて体が熱くなります。(5:03)からの突進の素晴らしさ!最高です。ものすごい生命力です。また、音楽は突進していながら決して乱暴だったり下品になっていません。聴き終わった後は全身に力が漲ってきます。よーし!やるぞー!(笑)

社会人11年生の私ですら、春は何だか新鮮な気持ちになることができます。実際の仕事は泥沼にはまっているのですが、心の片隅ではこの春の気持ちを忘れないようにしたいと、この曲を聴きながら自分を戒めているところです。

お買い物『HMV - フランツ・コンヴィチュニーの芸術-1(11CD)【CD】-Box Set Classical/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
brahms24_kempe.jpg

Brahms Symphony No.2

Rudolf Kempe
Münchener Philharmoniker


ARTS ARCHIVES (43014-2)



春ならではの曲第三弾。ブラームスの「田園」とも言われるこの曲を。

ケンペの音楽にはいつもどこか陽だまりのような暖かさがあります。聴いていると日向ぼっこしているような感覚になることがあります。厳しさには欠けるかもしれませんが、その替わりに包み込む包容力があります。CDのレビューなどを見ていると、ケンペの音楽も暖かければ、それを愛するファンの声も暖かいような気がします。

晩年のミュンヘン・フィルとのブラームスは自然で暖かさに満ちた演奏で、特にこの2番と3番は過去の演奏の中でもトップレベルの演奏ではないでしょうか。この2番に関しては、最近はケンペの演奏を一番聴くかもしれません。ケンペの特性が最大限出た気負ったところの無い自然体の演奏で、かつ隅々まで神経が行き届いており、一音一音大切に奏でられています。そして所々うねりの効いた歌がブラームスの心を伝えて止みません。しかもそれが一切恣意的でなく、いやらしくありません。

この演奏は一楽章で最も好きな演奏かもしれません。明るく伸びやかな歌が最高です。晴れた草原に身を置くようです。(2:53)からのチェロの歌の深さ!ここだけでなくフレーズの消え行く様が本当に美しい。少しテンポを落としふっと慈しみながら消えて行く。一番の聴きどころは(13:19)からの共感に溢れた歌で、ホルンの哀愁漂うソロに涙が溢れます。その後の弦の掛け合いも涙無しには聴けません。

二楽章冒頭のチェロから絶美。全ての歌に寂寥感と繊細さが支配し、溜息が出ます。とにかくフレージングが見事で胸が締め付けられます。嗚呼、これがブラームスなんだ。

三楽章は明朗で変に神経質にならないところが好感が持てます。ベクトルは常に外に向いています。

四楽章は生命力に溢れています。しかし力みはいっさいありません。最後の生命力溢れる賛歌も最高で体が熱くなります。

ケンペの自然体な音楽は地味かもしれませんが、何度でも聴きたい、長く聴きたいと思わせてくれます。日常の食卓に並ぶ家族と食べる温かい食事といった趣でしょうか。

さて残念ながらケンペやシューリヒトの演奏を多数復刻していたScribendumが解散し、ケンペの名演の数々が手に入りにくくなってしまいました。本当にCDは生もので、気になったらすぐに購入しないといつ廃盤になるか分からないです。だから散財が止まらないわけですが・・・。

お買い物『HMV - 交響曲第2番、第4番 ケンペ&ミュンヘン・フィル【CD】-ブラームス/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

03月 « 2008年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。