DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet9_szell.jpg

Beethoven Symphony No.9 "Choral"

George Szell
New Philharmonia Chorus & Orchestra


BBC Legends (BBCL 4155-2)



このブログを長くご覧になっている方はご存知だと思いますが、セルを取り上げるのは初めてです。セルで比較的頻繁に聴くのはOrfeoから出ているウィーン・フィルとの「運命」くらいで、それほどシンパシーがありませんでした。どうもあの完璧無比で詰めがきつ過ぎる音楽が、聴いていてしんどかったのです。しかし、最近その魅力に開眼しつつあります。メカニックな演奏なら数多ありますが、セルの場合はこの完璧無比なアンサンブルが目的でなく手段となっており、現代のただメカニックな演奏とは一線を画しています。ただミクロにアンサンブルを整えているだけでなく、全体の構成が緻密に計算され全体のプロポーションが実に美しいのです。ギリシア神殿のような黄金のプロポーションを持っています。そして音が鋭利なだけでなく、音に質量があり、その音と衝突したときの衝撃は凄いものです。

一楽章再現部冒頭(8:59)、再現部終わり(13:35)、二楽章の(3:29)、そして最後のティンパニの一撃など、もの凄い凶暴な音響で、臓腑をえぐります。しかも単なるこけおどしではなく、無類の真実味があります。いわゆる「爆演」のあざとい演出とは一線を画しています。

セルの芸風だとあっさりしていると予想していましたが、意外とロマンティックに歌っている三楽章。音の線は細いものの、ときにテンポを揺らして情感たっぷりに歌います。(9:56)からわずかにテンポを落として歌う様など、セルの音楽がただ冷徹な音楽でないということを教えてくれます。

四楽章の独唱と合唱は時に叫び声に近いほどテンションが上がっていますが、この熱狂も第九の一つのあり方でしょう。コーダのテンションの高さは尋常ではありません。壮絶なのは最後のプレスティッシモ!フルトヴェングラー以来の凄さではないでしょうか。音の塊が一糸乱れず物凄いスピードで大きな質量を伴って突進していきます。聴衆の熱狂振りも物凄いもので、これだけの演奏を聴かされたら熱狂せずにはいられません。

もっと色々な演奏を取り上げようと思っていたのですが、年末は何かと忙しく、今年の第九のエントリーは二つだけになってしまいました。残りは来年の年末にとっておきましょう。

お買い物『HMV - 交響曲第8 & 9番『合唱』 セル&ニュー・フィルハーモニア(1968)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
beet9_klemperer2.jpg

Beethoven Symphony No.9 "Choral"

Otto Klemperer
Philharmonia Chorus & Orchestra


TESTAMENT (SBT 1332)



やはり第九を聴かないと年は越せません。今年も少なめながら第九を取り上げます。去年は東ドイツ系の演奏を取り上げました。今年は往年の巨匠達のモノラル・ライブ録音を取り上げます。

最近、室内楽では歴史的名盤よりも新しい録音、逆に交響曲では以前のように往年の巨匠達の演奏を求めるという現象が起こっています。気がつくと新録の交響曲はほとんど購入していません。個人的にはクラシック音楽の王道である交響曲でこのような状況は憂うべき状態です。ヴァントなどの巨匠が鬼籍に入り、新録は何とも心もとない状態です。これも時代なのでしょうか。ことにベートーヴェンに関しては全滅というに等しいです。哀しいかな時代が、私が(そしてきっと多くのファンも)求めるようなベートーヴェンを求めていないのかもしれません。

最近、先日取り上げた久しぶりに聴いたクレンペラーのライブ録音をきっかけに、再びクレンペラー熱が高まり、その威厳ある音楽に心酔しています。仕事が落ち着いてあの音楽に向き合う余裕が出来てきたのも一因かもしれません。

クレンペラーの第九は所有しているもので、1957年のスタジオ録音、以前取り上げた同年フィルハーモニア合唱団のお披露目ライブ、TESTAMENTからの復刻を心待ちにしている1960年のウィーン芸術週間ライブ、この1961年のライブ録音とどれも素晴らしく、特に三つのライブ録音はクレンペラーの「第九ライブ御三家」と呼ぶに相応しい素晴らしい演奏ばかりです。
録音年が近いせいか、基本的にこれらの演奏に解釈の相違はそれほどありません。しかしこの演奏のエネルギーの凄まじさは1957年のそれを上回り、一、二楽章などは騎馬隊が刀を振りかざし突進していくかのようです。特に二楽章のティンパニの炸裂は凄まじい。しかもただ突進するだけなく二楽章トリオに見せる懐の深い優しい表情などハッとさせられます。終楽章の合唱が入ってからはテンションが非常に高く、人類愛を高らかに歌うに相応しい。コーダでのクレンペラーお得意の"Diesen Kuss der ganzen Welt!"のスローダウンも一番決まっています。プレスティッシモでの一発一発の打つ込みの激しさも随一。終演後の拍手も物凄く、一緒に「これぞベートーヴェンだ!」と叫びたくなります。

さあ、残るは1960年のウィーン芸術週間ライブです。後二年すればパブリック・ドメインになるので、CETRA盤のデジタル・コピーでもいいので、是非とも良好な音質で復刻して欲しいものです。

お買い物『HMV - 交響曲第9番『合唱』 クレンペラー & PO(1961)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
bach_organ_stock1.jpg

bach_organ_stock2.jpg

J.S.Bach Organ Works

Wolfgang Stockmeier


DOCUMENTS (223498, 223499)



バッハのオルガン曲を聴く時間は何故だか決まっています。夜、しかも深夜にボリュームを絞って聴くのが常です。しかもそのときは仕事をしているか本を読んでいることが多い。一曲一曲に対峙して聴くという聴き方ではなく、悪い言い方だと「流し聴き」。いや、でもそれはちょっと違う。うまく表現できないのですが、聴いているよりも音楽によって作られる「空気」を「感じている」というほうが近いのです。音楽に意図的に向き合わなくても、バッハの音楽は厳かな空気と化し、呼吸と共に体に取り込まれる。だから寝静まった深夜にこそ、よりその存在が引き立つのです。ずっとCDをかけつづけていると、明らかに自分の部屋が特別な別の空間になることを感じられます。

水晶の結晶のように厳然たる秩序の積み重ねによって作られた世界。リズムを崩すことなく厳格な演奏なのですが、そこに堅苦しさや息苦しさはなく、水晶のようにやわらかくしっとりした光を放つ。シュトックマイアーの演奏は、突き放すような厳しさはなく、凝縮しすぎず、より身近であり、まるで水晶の中を覗き込むような透明で結晶化した小世界です。スケールは大きくありませんが、実に素朴で世俗の垢はありません。
特に長調の曲での暖かみはヴァルヒャの演奏からは得られなかったものであり、教会のステンドグラスからキラキラと差し込む温かい光のようです。結婚式に参列しているような暖かい気持ちになれます。

ヴァルヒャの求道者のような厳しい演奏もいいですが、シュトックマイアーのより身近でありながら結晶化した純度の高い演奏も捨てがたく、同じDOCUMENTSレーベルから廉価で発売されている両者の演奏があれば、私は満足してしまいます。

今もこの演奏を聴いて水晶の中の小世界をちょっと散歩しています。心静かに穏やかに。

お買い物『HMV - オルガン作品全集 第1巻 シュトックマイアー(org)(10CD)【CD】-バッハ/音楽/HMV』
お買い物『HMV - オルガン作品全集 第2巻 シュトックマイアー(org)(10CD)【CD】-バッハ/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
mozart39_erich.jpg

Mozart Symphony No.39

Erich Kleiber
Kölner Rundfunk Sinfonieorchester


medici MASTERS (MM011-2)



一時期に比べると比較的落ち着いたのでしょうが、世の中は「塩ブーム」。塩キャラメルに始まり、塩チョコレート、塩アイス、塩ラーメン、塩、塩、塩・・・。

先日父ヤンソンスを取りあえげて、同じ指揮者として親子鷹のエーリッヒ、カルロス・クライバー親子を思い出しました。エーリッヒもカルロスの影に隠れがちですが、私は彼の作り出す音楽は息子のそれよりも好みます。あのシャープで気品溢れる演奏がたまりません。
ショートケーキのような生クリームたっぷりの甘ったるいモーツァルトではなく、「塩味」の効いたモーツァルト。キリリと引き締まって味に芯がありながら、しかしその味は奥ゆかしく、深い。まさに「塩モーツァルト」です。塩ラーメンのスープのような雑味のない味わい深さがあります。特筆すべきは音が立ち芯があるにもかかわらず、トゲトゲしくなっていないことでしょう。海水から作られる天塩は主成分の塩化ナトリウム以外にもマグネシウムをはじめとする沢山のミネラルを含んでおり、味に甘味と奥ゆかしさがあります。食塩はほぼ塩化ナトリウムのみで出来ており、味に舌を刺すようなトゲがあります。同じシャープな演奏でもただシャープな「食塩」な演奏が多いですが、天塩の演奏はなかなかありません。

一楽章冒頭のティンパニの三つの音も良くあるように引きずって物々しく演奏することなく、実に小気味良い。ただシャープで音が立っているだけでなく、深みがあります。主部に入ってからの優しさがただの「食塩」になっていない証左となっているでしょう。

下手な感傷に浸らない二楽章も素晴らしい。背筋は常に伸び、音楽は格調高い。

三楽章はスケルツォのようなシャープさです。しかし、決して音楽は濁りません。

終楽章が名演になるのは当然でしょう。音楽は引き締まって適度な推進力があります。私はこの楽章が大好きなのですが、この楽章で最も好きな演奏の一つかもしれません。非常に立派な音楽ですが、ベートーヴェンのような音楽になる一歩手前で踏みとどまっています。

感傷に浸れるモーツァルトではないですが、キュッと身が引き締まる思いがします。この味わいは大人のためのモーツァルトなのかもしれません。

お買い物『HMV - 交響曲第39、36番、オーボエ協奏曲、第39番リハーサル、他 エーリヒ・クライバー&ケルン放送響、他【CD】-モーツァルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
mozart_requiem_jansons.jpg

Mozart Requiem

Arvid Jansons
Lithuanian RTV Symphony Orchestra
Lithuanian State Coir


Venezia (CDVE 04335)



ペトレのバッハの無伴奏の時も似たようなタイトルでした。といってもベーム盤にズスケのバッハの無伴奏ほど思い入れがあるわけではありませんが、なかなかベーム盤に匹敵する演奏に出会えませんでした。現代楽器の演奏によるモーツァルトのレクイエムで、演奏、録音双方を加味してベーム盤を上回る演奏にようやく出会えました。

マリス・ヤンソンスの父、アルヴィド・ヤンソンスの厳粛な第九を聴いて、この人は宗教曲で本領を発揮するのではないかと想像していましたが、この演奏を聴いてそれが確信に変わりました。

厳粛で清廉なレクイエム。そこに利己的な表現欲は無く、祈りのみがあります。独唱はソプラノ除いていまいちな感がありますが、ヴィブラートを抑えた透明な合唱、ただハーモニーが美しいだけでない敬虔な祈りに満ちた歌声が涙を誘います。ここでいう「透明」とは音の透明さと表現の透明さと言えるかもしれません。この曲には魂を持っていかれるような一種の深い「恐ろしさ」が必要ですが、この演奏はそれを安易な音のドラマで実現するのではなく、敬虔な歌で実現しています。いや、この敬虔な歌こそがその底なしの恐ろしさを演出するのに必須なのかもしれません。ただ表面的に美しい合唱や、ドラマティックな演奏だけではそれは不可能と思えるのです。だからこそ難しい。それができる父ヤンソンスはやはり優れた指揮者だといえるのではないでしょうか。音楽のダイナミクスはそれほどでもないのですが、スケールは決して小さくなく、広がりよりも深さがある演奏です。

「イントロイトゥス」から尋常じゃない厳粛さと美しさです。しかもその透明さが導き出す恐怖。「キリエ」最後の空虚五度は魂を抜かれるようです。

特筆すべきは「ラクリモサ」。異様に遅いテンポで、四分音符一つ一つに祈りを込め奏でられるその様に絶句します。なんと祈りに満ちた、そして絶望的な音楽!このテンポでだれるどころか、音楽にどんどん引き込まれて行きます。これを聴くとベームの演奏はなんとも平板に聴こえてしまいます。
最後の四小節前の"requiem"の句でディミヌエンドするところなど涙なしに聴けるでしょうか。そしてなんと美しいアーメン終止!最後の一音は両手を胸に当て、ただ祈るしかありません。何に対して祈るのか?私には答えがありませんが、ただ祈りたいのです。ここだけでも何度でも何度でも聴きたい。

息子の影に隠れて父ヤンソンスの演奏はあまり陽の目を見ませんが、これから再評価が進むことを願ってやみません。これだけ実力のある指揮者なのですから。

お買い物『HMV - レクイエム アルヴィド・ヤンソンス&リトアニア放送交響楽団【CD】-モーツァルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
感動しました。とにかく素晴らしい演奏会でした。室内楽でここまで感動した演奏会は初めてです。

12/2、12/3の二日間、紀尾井ホールで敬愛するゲヴァントハウスSQの演奏会がありました。
初日は仕事が残っていたので、家に帰ってから午前3時まで仕事をしなければなりませんでしたが(汗)、この演奏を聴けて本当に良かったです。

メンバーはベートーヴェンの全集を録音したときからVlaがメッツからハルマンに変わっており、エルベン第二期のメンバーです。ハルマンの父上もかつてこの団体に所属しており、チェロのティムを除いて楽器の種類はともかく世襲ということになります。

とにかく1st Vnのエルベンが素晴らしかった。初日は彼の音が聴き易いVc側のS席を選びましたが正解でした。彼の美音を存分に堪能できました。彼は速いパッセージでも高い音でも音が絶対に汚くなったりきつくなったりしません。伸びやかで美しい音色は他の追随を許しません。
また、2nd Vnのコンラート・ズスケとの緊密なアンサンブルも特筆すべきでしょう。(逆に1st, 2nd Vnが緊密すぎて全体のバランスが少し悪い気がしますが)。Vlaのハルマンはまだ加入からそれほど年月が経っていないせいか、少し弱すぎる気がしました。これは席が反対側(1st Vn側)で聴いた二日目も感じたので間違いないでしょう。この団体はバランスが1st Vnに多少偏っているのですが、1st Vnが極端にグイグイ引っ張るタイプでもなく、ましてやABQのような「1st Vn協奏曲」には決してなりません(笑)。


初日は席が良かったのと、初日のほうが観客の作る緊張感、演奏家の緊張感も上でより完成度が高かったように感じました。初日の感想を中心に書きます。

3番
曲の難易度、曲との相性もあり、一番の完成度だったと思います。ベートーヴェンの初期の曲がこれほどまでに美しい曲だったかと、一楽章だけでも至福の時でした。二楽章は小鳥のさえずりのよう。鳥の羽のように柔らかく美しい音で伸びやかに歌いきっており、理屈っぽさは一切ありません。

9番「ラズモフスキー3番」
最初の序奏で息があっておらず一楽章前半は不調でしたが、展開部あたりから持ち直しました。
四楽章のフーガは凄まじく、無類のテクニックとアンサンブル能力によって一糸乱れず、かつ高い緊張感、強固な構成感と美音を保ったまま突進する様は圧巻でした。胸が高鳴り、手に汗を握りました。

そして、15番。
彼らの音色は時に透明感がありすぎ、またバランスが多少1st Vnに偏っているため、往年の名弦楽四重奏団のような幽玄さは引き出せていない憾みはありますが、これは比較の問題であり、二日目の16番を含めて後期弦楽四重奏曲でここまでの演奏はそう聴けるものではありません。何しろ現代の弦楽四重奏団にありがちな「エゴ」が全く感じられず、音楽への尊敬と音楽自身の美しさが伝わってきます。
三楽章モルト・アダージョ、「病癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」が始まると私は目を閉じました。視覚が聴覚を邪魔するからです。奏者達もこの楽章の前でさらなる精神統一を図っていたように感じられました。
エルベンが音を出した瞬間からもう涙が溢れ出し、終始涙が止まらず、最後は涙も枯れ意識も遠のいていました。やはりエルベンの音の美しさと確かな音楽性が際立っていました。ただ音が美しいだけでない、音楽の持つ力を最大限に引き出したその表現にただただ涙するだけでした。コーダ前、クレッシェンドして天に登っていくときはもっとズスケSQの演奏のような四人の一体感が欲しいところでしたが、あの演奏と比べるのは酷でしょう。現代でこれだけのベートーヴェンを聴かせてくれる団体は無いのではないかと思わせます。

しかも初日はアンコールで彼らの演奏の中でも大好きな13番の二楽章を弾いてくれた!短い楽章ですが、大喜びしました。彼らの演奏で全曲聴いてみたい!

聴衆の質は非常に高く、季節柄ありがちな演奏中の咳もありませんでした。オーディエンス・ノイズは皆無。聴衆も緊張して聴いていたので、体を動かしたり音を立てることは一切ありません。演奏の質を高めるのは聴衆の質でもあると常々思っています。聴衆の作る緊張感は演奏者に伝わるはずです。
フライング・ブラボーをする不届き者もおらず、演奏後の拍手も暖かく素晴らしいものでした。室内楽の演奏会は「選ばれし者」が集うのかもしれません(笑)。


ゲヴァントハウス管弦楽団と共に200年の歴史があるからか、「伝統」の文字がどうしてもまず頭に浮かんでしまいます。確かに伝統から学んだ伝統の残り香がありますが、当たり前かもしれませんが、あくまで現代の弦楽四重奏団であり、逆説的に言葉を選ぶのであれば、『「現代的なもの」に染まっていない現代の弦楽四重奏団』というのが適切かと思います。歴史を背負った気負いは感じられず、単なる「伝統」というステレオ・タイプだけで見るべきではないと感じました。


さて、開演前にロビーで見たことのあるような外国人が・・・

「あ!!!(カール)ズスケだ!!!」

あの顔は間違いありません。かつてこの団体のメンバーで、2nd Vnのコンラート・ズスケの父、敬愛するカール・ズスケです。それに手にはミニチュア・スコアのようなものを持っていました。
二階席から身を乗り出すように、終始職人的な厳しい眼差しを持って演奏を聴いていました。もしかしたら勘違いかもしれませんが、本当だったら憧れの演奏家に目の前で会えたことになり、それこそ至福です。


久しぶりに演奏に足を運びましたが、二夜に渡り至福の時間を過ごすことが出来ました。世界一流のオーケストラの演奏だとS席で三万円以上しますが、室内楽だと四分の一以下の値段でこれだけの感動を味わえます。なんという費用対効果!これからも室内楽の演奏会情報をマメにチェックしたいと思います。

次はもうひとつの敬愛する弦楽四重奏団、アウリンSQの演奏を!


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

11月 « 2008年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。