DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
bru8_haitink_skd.jpg

Bruckner Symphony No.8

Bernard Haitink
Staatskapelle Dresden


Profil (PH07057)



シュターツカペレ・ドレスデンによるブルックナーといえば、EMIに残したヨッフムの全集が有名でまず頭に浮かびます。このヨッフムの演奏は好きですが、極端なアゴーギグや不鮮明な録音で必ずしもベストというものではありませんでした。

さて、シュターツカペレ・ドレスデンによるブルックナー演奏は大宇宙よりももっと身近な自然を感じさせます。星たちが瞬く天空よりも、神秘的で薄暗い杜。かといってそれが世俗的とか他の厳しい演奏と比べて劣るということではなく、ブルックナーの音楽の一つの側面だと思うのです。その「杜の音」がするブルックナーで素晴らしい演奏が発売されました。

この演奏はブルックナーの8番のトップクラスに位置する演奏です。ハイティンクのブルックナーの8番ではウィーン・フィルと残した演奏が有名ですが(なんとこれも既に廃盤!)、個人的にはそれを上回る演奏だと思いますし、最近の8番の中では突出した名演ではないでしょうか。

素晴らしいのはその緊張感で、常に高い緊張感が支配しています。そして音の密度が高く、重量感があります。録音でありながらオーケストラが最大限鳴り切っていることが分かります。また、高い緊張感に支配されてはいるものの、音は決して鋭角的で硬くならず、しなやかさがあります。ティンパニが轟き金管が雄叫びをあげる最強音でも、特定の楽器が突出することなくバランスは最上に保たれ、絶妙にブレンドされます。これはハイティンクのハーモニーに対する嗜好とシュターツカペレ・ドレスデンの特長とが成せる技でしょう。無論、このオーケストラ特有の弦の美しさと金管楽器のまろやかさは言うに及びません。この演奏を聴くと改めてハイティンクがシュターツカペレ・ドレスデンのシェフを早期に辞任したことが悔やまれます。

ハイティンクならではの細部まで神経の行き届いたアゴーギグとデュナーミクとが、ブルックナーの杜を伝えて止みません。その表現は神経質にならずに非常に自然です。わずかなテンポ・ルバートによりブルックナー・ゼクエンツもしつこくなりません。一楽章(14:07)、三楽章(21:55)などの全奏時に所々に見せる溜めが極大のスケールを生み出しています。ティンパニも凄いです。その存在感は往年の名手ゾンダーマンを彷彿とさせます。四楽章のコーダなど場面場面でアンサンブルを完全に支配しています。

メンバーの世代交代が進んだので、フルートのワルター、オーボエのマーン、ホルンのダム、ティンパニのゾンダーマンらの全体と調和した絶妙な個人技を堪能することはもはや叶いませんし、音色もこのオーケストラ独特の木質感が失われつつありますが、それでも急速な勢いで世界の均質化が進むなかで、比較的良き伝統を守っているオーケストラではないでしょうか。是非とも「杜の音」を守ってもらいたいです。

今後シュターツカペレ・ドレスデンによる最近の録音のブルックナーをいくつか取り上げたいと思います。

お買い物『HMV - ブルックナー交響曲第8番、モーツァルト交響曲第38番『プラハ』 ハイティンク&シュターツカペレ・ドレスデン(2CD)(ライブ盤)【CD】-ブルックナー/音楽/HMV ONLINE』

スポンサーサイト

↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ
bru7_goodall.jpg

Wagner Meistersinger Prelude

Sir Reginald Goodall
English National Opera Orchestra


BBS LEGENDS (4147-2)



仕事や家庭に忙しく、一ヶ月間更新が途絶えてしまいました。この間息子の幼稚園卒園、娘の幼稚園入園準備など色々ありましたが、その中でも喜ばしい出来事だったのは、先月弟夫婦に第二子が誕生したことです。妊娠中赤ちゃんの成長が遅かったり、義妹が妊娠後期にインフルエンザにかかったりと何かと心配しましたが、無事に生まれて本当に良かったです。新しい命の誕生は人を幸せにしてくれます。

以前弟夫婦に長男が誕生したときもワーグナーを取り上げました。今回もワーグナーでお祝いにはぴったりのこの曲を。大学の卒業式では毎年演奏しました。

グッドオールは一部では神格化された知る人ぞ知るという存在ですが、カルロス・クライバーをしてリングを振らないのはグッドオールの演奏があるからと言わしめた超一級の実力の持ち主です。グッドオールの生涯については、山崎浩太郎氏の「クライバーが讃え、ショルティが恐れた男」に詳しく書かれています。私はHMVのフリーペーパーで読みましたが、現在では書籍になっています。

クナッパーツブッシュに次ぐワーグナー指揮者といえば、このグッドオール以外には考えられないでしょう。この呼吸の深さはまさにクナッパーツブッシュのそれを思わせます。「英製クナ」とは個の発露を生業とする芸術家にとっては失礼な言い方かもしれませんが、クナッパーツブッシュを尊敬し、そのアシスタントも勤めたことがあるグッドオールにとってはきっと最大の賛辞となることでしょう。

さて、このグッドオールによるマイスタージンガー序曲の雄大さと呼吸の深さはどうでしょう。決して急ぐことなく音楽は常に雄大に流れる。これを聴けば「英製クナ」たる所以が分かるでしょう。ステレオ録音ではクナッパーツブッシュを上回っているのではないでしょうか。二主題(2:48)からの本当に大河を思わせる雄大な流れなど聴いていて涙を禁じ得ません。私はここが大好きで、チェロで弾いていても毎回涙が出そうになるのですが、天上の無い船に揺られ、青空を仰ぎながら大河を下っているようです。

さて、今日は弟宅に用事があり、退院以来初めて赤ちゃんと対面してきました。赤ちゃんを見るといつも思うのですが、あれだけ小さいのに無限の力を宿しているようです。大人が放っておけなく面倒を見てしまう人を惹きつける力こそは、生きていくために生まれながら身についている力なのでしょう。またちっちゃな赤ちゃん欲しいなぁ♪

お買い物『HMV - Sym.7: Goodall / Bbc.so(1971)+wagner【】-ブルックナー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

02月 « 2009年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。