DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet_latesq_suske.jpg

Beethoven String Quartet No.15

Suske Quartett


BERLIN Classics (0091632BC)



この曲は、第一主題、第二主題、第一主題変奏、第二主題再現、第一主題変奏拡大、コーダという構成になっている。
第一主題はソット・ヴォーチェから始まる。冒頭の1st Vnのズスケの奏でる主題から、深く温かみがあり、聴き手を優しく包み込む。まるで「慈悲が燻る」ようだ。慈悲の香を炊いて、慈悲の煙が燻る。その後のコラールは深い祈りに満ちている。音の移り変わりが素晴らしい。一つ一つの音符に深い祈りが込められており、それらが有機的につながっている。無機的な音の羅列になっていない。
先にも書いたが、この曲は多元的調和をしていなければならないと思っている。曲想もさることながら、アンサンブルの面でも同じではないだろうか。各パートの音量のバランスは当然だが、表現に統一性があり、表現力も豊かで同等でなければならない。特に第一主題(変奏)では、各パートに主従はなく、それぞれのパートが主題の断片をリレーし、メロディーを構成している。故に1st Vnだけ突出していたり、内声部が弱かったりしては駄目だ。それぞれの楽器が対等にかつ調和していなければならない。ズスケSQは各パートそれぞれが優れた技巧と表現力を持っており、それらが見事に融合する。特に1st Vnのズスケは、ヴァイオリニストにありがちな利己的な表現欲は皆無で、極めて謙虚だ。音色も大変美しい。そして他の楽器に綺麗に溶け込む。
この演奏に感じるパート間のバランスの良さは、録音のバランスの良さも手伝っているのだろう。弦楽四重奏の録音では1st Vnに重点を置いて、内声部が遠くに聴こえて音が痩せているものも少なくない。だがこの録音は素晴らしく、非常に立体的に各パートが鮮明に聴き取れる。(ズスケSQによるモーツァルト弦楽四重奏曲集のブックレットに録音風景の写真があるが、四人が輪になって演奏し、中心にマイクが置いてあることが確認できる。)
ズスケSQのもう一つの素晴らしさは、デュナーミクの見事さだろう。第一主題(変奏)では緩やかにクレッシェンドしてピアノに落ちること(時にスビト・ピアノ)を繰り返すのだが、それがまるで穏やかな海の波のようなのだ。優しく自然で心地よい。ここが急激に変化して不自然だったり、恣意的だったりするとこの音楽は死んでしまう。
第二主題(3:04)が始まると、2nd Vn(その後は音程を変え1st Vnに渡る)が生き生きとD-D-Fisの跳躍を弾くのだが、この跳躍した音のテヌート(ときにスフォルツァンドを伴う)を鋭角的に弾いては絶対だめだ。(アルバンベルクSQのピヒラー、シュルツは過度に歌い過ぎており、非常に鼻につく)ここを優しく懐深く響かせてくれるかが、私の中の一つの基準になっている。1st Vnのズスケのみならず、2nd Vnのペータースも自然で力みがなく、優しく弾きこなしており、大変素晴らしい。また第二主題にはベートーヴェンが「新しい力を得て」と指定しているが、ここが取ってつけたようになってしまうと曲が台無しである。第一主題から第二主題の移行で音のテクスチャが急激に変わると、全体のバランスが大変悪くなり、この曲の底に豊かに流れる無限の慈悲を表現できない。ズスケSQは明るくなりながらも、しっとりとした祈りの心を維持しており、その後再び第一主題に戻るところ(5:03)も極めて自然で祈りに満ちている。
第一主題変奏の拡大(10:58)からはこの曲のクライマックスで、何度聴いても涙でボロボロになってしまう。はじめ主題の断片が各パートにリレーされていく様は、最初の第一主題の提示、変奏とは異なり、どうしようもない寂寥感を伴って心に深く入り込んでくる。最後にVcのプフェンダーが深い音で主題を奏でると、ディミニュエンドして一度全休止に入る。ここが非常に感動的で、休止の後にふわっと立ち上がってくる1st Vnの音(12:55)は悠久の彼方から響いて来るようで、この世の響きとは思えない。その後(13:16)からはVlaが主役となり、痛切に迫って来てぐしゃぐしゃに私の心をかき乱して行く。ここのVlaが弱くなる演奏が多いが、この演奏は他とは違い他の声部にVlaの音が埋もれることがない。Vlaのドームスは優れた表現力の持ち主で、弦楽四重奏でこれほど心に訴えるヴィオラの音はそう聴けるものではない。その後次第にクレッシェンドしながら力強さを増し、外声部のスフォルツァンドに乗せ、内声部の2nd VnとVlaが重なり合って第一主題の断片が繰り返されいくところでは、涙無しに聴けるだろうか。頂点で四つの楽器がスフォルツァンドを奏でるとき、体は震えボロボロに泣いてしまう。その後曲想は穏やかになり感動的なコーダに突入する。
コーダは大変感動的で、まるで鉛色の雲に覆われた空を見上げると、わずかな雲間から光が差し込み、暖かい光に包まれ昇天して行くようだ。神の慈悲により全ての煩悩から開放され、安らぎの中で天に昇って行く。
私は大変な苦しみの中にありながらこのような曲を書かねばならなかったベートーヴェンに想いを馳せる時、涙を禁じえない。ベートーヴェン、貴方はあれだけの苦難にさらされながら、どうしてそこまで高貴でいられたのか。ベートーヴェンのお墓参りをするという長年温めていた夢が叶ったら、こんな何にも換えがたい宝物をくれたことに対して、静かに心からお礼を言いたいと思う。

お買い物『HMV - 弦楽四重奏曲全集 ズスケ四重奏団(10CD)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

素晴らしい記事です

こんばんは。
素晴らしい内容の記事ですね。
感動しました。
私もベートーベンのカルテットを何か聴きたいと思うときに一番多く手にとるのが、ベルリンSQ(ズスケ・カルテット)の演奏です。
とくに12番以降の後期のものが好きで、私の場合何か1曲といえば13番でしょうか。
GW中に、じっくり私も聴いてみたいと思います。

素晴らしい!!

こんにちは。  ベートーヴェン弦四第15番三部作、じっくりと何度も読み返させていただきました。  romani さんも仰っているけれど本当に素晴らしいエントリーだと思います。  又、ちょこっと書かれていらっしゃるアルバンベルク SQ の演奏に対するコメントは、実は KiKi もちょっと同じ想いを密かに抱いていたので、力いっぱい頷いてしまいました。  「慈悲の香を炊いて、慈悲の煙が燻る・・・」  素晴らしい表現です。  感動しました。  素敵なエントリーを拝読させていただき、感謝です♪  

  • 2006/04/30(日) 13:16:29 |
  • URL |
  • KiKi #bMLlLu06
  • [編集]

お褒めのお言葉ありがとうございます

romaniさん、いつもコメントありがとうございます。
romaniさんのような先輩からお褒めのお言葉をいただけて大変光栄です。今回はちょっと気合が入り過ぎました(笑)。
ズスケSQのベートーヴェンはどれも素晴らしいですね。特に後期は他の追随を許しません。

  • 2006/04/30(日) 21:00:41 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

とても嬉しいです

KiKiさん、立て続けにコメントありがとうございます。今回のエントリの最大の収穫は、KiKiさんの絶賛を博したことです(笑)。本当にありがとうございます。とても嬉しいです。
「慈悲の香を炊いて慈悲の煙が燻る」という表現はずいぶんと考えましたよ。最近の中では久しぶりのヒットかもしれません。
今後これだけのエントリが出来るかというと・・・、ちょっと厳しいかもしれませんが、思い入れのある演奏については言葉をじっくり考えたいと思っています。

  • 2006/04/30(日) 21:04:16 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。