DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
brahms1_guilini.jpg

Brahms Symphony No.1

Carlo Maria Giulini
Symphnieorchester des Bayerischen Rundfunks


Profil (PH05021)



ジュリーニの余韻残っているので、今日もジュリーニのエントリを。(ジュリーニの歌に癒されたいのかもしれないが・・・。)

ブラームスの1番に付く形容詞は「熱い」「劇的」などが定番で、「美しい」というのは結びつきにくい。しかも「溜息が出るほど美しい」のである。フルトヴェングラー、ミュンシュなどの演奏しか聴いたことがない方がこのジュリーニの演奏を聴くと、きっとはっとさせられることだろう。世の中にはこんなに美しいブラ1があったのかと。ブラームスの1番は重々しすぎて聴くのに覚悟がいるが、この演奏は何度も取り出したくなるほど美しく、聴いてて幸せ一杯になれる。それは「ベートーヴェン第10交響曲」呼ばれるような、ベートーヴェン的な「苦悩から勝利へ」的幸せではなく、溢れる歌に身を浸す幸せである。
ジュリーニのブラームスの1番で聴いたことがあるのは三種、このバイエルン放送響盤、ロス・フィル盤、ウィーン・フィル盤だが、私は断然この演奏を一番に取る。歌の豊かさ、音色の美しさ、音楽の生命力、全てにおいて充実しきっている。やはりオーケストラの力量が物を言っているのだろう。バイエルン放送響はなんと凄いオーケストラなのだろう。ジュリーニの音楽が余すところなく具現化されている。
一楽章序奏から音が滑らかで大変美しく、絶対に汚い、または強引な音がしない。序奏からして、歌に溢れている。特に最後のチェロだけ残るところ(2:38)では、ややテンポを落とし、たっぷり歌われる。嗚呼、なんて美しいブラ1!こんな美しい一楽章は他に知らない。一楽章をこんな美しい音楽にしてしまったジュリーニは、やはり稀有な音楽家だったと思う。展開部のクライマックス(9:44)も安易な熱狂とは無縁。ここでも美感を保っており、安定感がある。
二楽章、三楽章は期待を裏切らない。このような楽章はジュリーニに最も適した楽章だろう。二楽章冒頭の弦、(2:12)からのヴァイオリンの美しいこと!オーボエ(3:00)、クラリネット(3:17)のソロの美しさ、そしてクラリネットのソロの裏でそっと入ってくる低弦の繊細さ、もう溜息をついてしまう。二楽章前半は飛び切り美しい。三楽章冒頭はこの曲でも大好きな部分。優しさに溢れている。体を横に揺らしながら思わず涙してしまった。
そして四楽章。有名なテーマ(4:53)の美しさは言語に絶する。どんな褒め言葉も追いつかない。これほどに懐の深く、歌に溢れた第一主題が他にあるのだろうか。ここだけでも何度でも何度でも繰り返し聴きたいくらいだ。その後も派手さは無いものの、しっかり地に足のついた音楽である。突進はしてないものの、一音一音に溢れる生命力と豊かな歌がある。コーダは安易な熱狂とは無縁だが、なんと充実感のあることか。

ところでジュリーニはよく「レガート偏愛」と言われているが、私はそうは思わない。あえていうなら、むしろ「テヌート偏愛」ではないだろうか。一音一音に想いを込め可能な限り歌うので、音は拍のぎりぎりまで奏でられる。これはカラヤンと比べれば一目(一聴)瞭然だろう。

お買い物『HMV - 交響曲第1番 ジュリーニ&バイエルン放送響(ライブ盤)【CD】-ブラームス/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

こんばんは。

ウィーン盤がお気に入りだったので、あえてバイエルン盤に手を出していませんでしたが、良いのですか。
確かに晩年のバイエルンとの共演盤にはずれないしなあ。
また、買いたいものが増えてしまいました。

garjyu

  • 2006/05/18(木) 01:06:54 |
  • URL |
  • garjyu #4A9T8td.
  • [編集]

是非盤です

garjyuさん、
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。小生が聴いたジュリーニのブラ1の順位は、BRSO>LAPO>VPOの順です。BRSO, LAPO盤は晩年のVPO盤とは違い壮年期の演奏なので、エネルギーが溢れています。

  • 2006/05/18(木) 23:15:52 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

LA盤も持っています。確かにこちらは、歌よりも推進力とか、粘りとかを感じさせる演奏でしたね。
聴きなおしたくなってきました。バイエルンも欲しいし・・。もっと若いときのPOのものもありましたよね。こちらは聴いたことないんですが。

garjyu

  • 2006/05/19(金) 01:49:21 |
  • URL |
  • garjyu #4A9T8td.
  • [編集]

ジュリーニのブラームス

ウィーン盤だけですっかり満足していましたv-270
そのわりにはまだ「第1」と「第4」しか聴いていませんが、どちらも美しい演奏でしたv-217

  • 2006/05/20(土) 08:30:55 |
  • URL |
  • 壁男 #-
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006/05/20(土) 15:56:42 |
  • |
  • #
  • [編集]

LAPO

garjyuさん、
LAPOとBRSOではやはりオケの力量に差がありますね。BRSOは本当に音が美しいです。LAPO盤全てにいえることですが、どうも音の薄さを感じてしまいます。

  • 2006/05/21(日) 05:26:24 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

VPO盤もいいですよね

壁男さん、
いつもコメントありがとうございます。
VPO盤もいいですよね。小生はジュリーニのVPOのブラームス交響曲全集の中では3番が一番好きでした。ジャケットのジュリーニの顔の「美しい」こと!

  • 2006/05/21(日) 05:27:43 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

ジュリーニ!

記事読んでたら、無性に聴きたくなってしまいました。。。

私のジュリーニ初体験はCSOと録ったマーラーの9番。片チャンネルの音がよれていることもあって最近はあまり聴かなくなりましたが、初めて買ったマーラーということもあって、一時期はよく聴いたなあ。

不幸にして実演に接することができずCDのみの印象ですが、この人にはこの人にしか出せない、甘美な「品」というものがあるように思います。

  • 2006/05/21(日) 22:00:46 |
  • URL |
  • キンキン@ダイコク堂 #jBFAzqw6
  • [編集]

マーラーの第9について

キンキン@ダイコク堂さん、はじめまして。

dokuohさんのブログをお借りしての情報発信となりますが、私も、ジュリーニ/シカゴの交響曲第9番のブルブル音にはなやまされましたが、"The ORIGINALS”盤では、改善されていました。拙過去記事をお読みいただければ幸甚です。↓
http://garjyu.at.webry.info/200601/article_48.html

  • 2006/05/21(日) 22:40:57 |
  • URL |
  • garjyu #4A9T8td.
  • [編集]

想像がつきません

ご無沙汰しております。コメントできる曲種がありませんで、読ませて頂くだけでした。ケレン見とはおよそ、無縁のジュリーニですが、第1楽章、第4楽章が想像できません。第2楽章の美しさはdokuohさんの記事で十二分に想像ができます。ミンシュ、とかバルビローリなんかが好きなのですが、第4楽章の推進力をジュリーニはどのように演奏しているのか興味ありますね。

テヌート・フェチ、ジュリーニ
dokuohさんのせいで、買う予定のないCDをネットで注文しちゃったじゃないですか!アフィリエイトやれば、もうかるかもしれませんよ。文章の力です。
BBCシリーズでも「リンツ」とのカップリングで出ましたね。
ロス・フィル嫌いは多いかもしれませんが、ブラームス2番に限って言えば、好きな演奏のベスト5に入ります。イタリア人指揮者がアメリカ西海岸のオケを振ったイメージとは全く正反対の音が聴かれます。名演。
さて、本題の「テヌート偏愛」には全く納得しました。つい最近、スカラ座とのベートーヴェン7番を聴いてびっくり仰天!このリズムの祭典
をテヌートでワッショイやっちゃってるんですから。ここまで来るとフェティシズムの域だと思います。(ウィーン・フィルとやったフランクの交響曲も凄い)
抑圧されているぞ、マエストロ!

  • 2006/05/22(月) 21:16:54 |
  • URL |
  • 穂吉 #-
  • [編集]

CSOのマラ9

キンキンさん、
こんばんは。いつもコメントありだとうございます。
garjyuさんご指摘のとおりORIGINALS盤ではノイズが解消されております。小生も買いなおしたくちです。是非とも財務省とご相談ください。あまりに有名すぎる演奏なので、とりあげるのを躊躇していますが、いずれとりあげたいと思います。

  • 2006/05/22(月) 21:56:53 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

掲示板

garjyuさん、
フォローありがとうございます。掲示板としてじゃんじゃん利用しちゃってください!

  • 2006/05/22(月) 21:57:58 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

想像つきませんでした

calafさん、
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
おっしゃる通り、ジュリーニの一楽章、四楽章は小生の常識を超えていました。「ああ、こういう表現もあったのか」という発見があるのが、クラシック音楽の醍醐味ですよね。意外と気がつかないうちに刷り込みがあるものです。

  • 2006/05/22(月) 22:04:10 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

テヌート・フェチですか

穂吉さん、
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。また、ご購入ありがとうございます。(^-^)
LAPO盤は好きですよ。ご指摘のブラ2、運命など名演ぞろいですね。ただ、BRSOと比べてしまうと、ちょっと落ちてしまいます。BRSOと比べるのが酷ですけどね。
テヌート偏愛にご賛同いただき、とても嬉しいです。これにコメントがつくのを期待して書いておりましたので(笑)。
最初はアフィリエイトやろうかと思ったんですけど、なんだか、やましい気がしてやめました。拙ブログのようなマイナー・ブログで、どれくらい稼げるのかなぁ。

  • 2006/05/22(月) 22:18:34 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

ありがとうございます。

みなさま、よい情報をありがとうございます。
ふところと真摯に相談してみたいと思います。
今月はルガンスキーのラフマニノフ、コンドラシンのショスタコーヴィチ全集、ミラノスカラ座の12枚組DVD、新しく出たEMIのGEMINIシリーズと、だいぶ買いあさっておりまして、、、。

  • 2006/05/24(水) 22:37:45 |
  • URL |
  • キンキン@ダイコク堂 #jBFAzqw6
  • [編集]

コンドラシンのショスタコ

キンキンさん、
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。是非相談してみてください。
同じくコンドラシンのショスタコを買ってしまいました。BMGのは何枚か持っていましたが、音が悪いのですよ。結局買いなおしてしまいました(汗)。素晴らしい全集ですよね。やはり4番は唯一無二の演奏です。(おっと、拙ブログは「独墺」でした。)

  • 2006/05/24(水) 23:18:47 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

購入しました。

こんばんは。オーケストラの曲で、久しぶりに感動しました。1楽章の序奏の遅さは、芳醇とでもいうのでしょうか、参りました。バイエルンもぴったり寄り添っていますね。3,4楽章は相対的に1,2楽章より速いだけで、他の指揮者、オーケストラに比べれば遅い。しかし推進力が瑞々しく粘っこさを感じさせません。1,2楽章で内面にぎゅっと押し込めたものを解放したような趣があります。管楽器群が抜群にうまい。久しぶりに聴いた濃厚な管弦楽でした。

  • 2006/05/26(金) 23:43:45 |
  • URL |
  • calaf #-
  • [編集]

ご購入ありがとうございます(笑)

calafさん、
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
calafさんのお気に召したようでとても嬉しいです。自分のブログで紹介した演奏が、出会いのきっかけになって、喜んでいただけるのは格別嬉しいです。
おっしゃる通り、このオケの管楽器は上手いですね。このオケは本当に凄いと思います。日常的にこういう演奏を聴けるバイエルンの市民が羨ましいです。

  • 2006/05/27(土) 01:13:31 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。