DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
haydn104_celi.jpg

Haydn Symphony No.104 "London"

Sergiu Celibidache
Münchener Philharmoniker


EMI CLASSICS (7243 5 56518 2 2)



ここ数日珍しく五月晴れが続いている。今年の五月はもう梅雨に突入したかのように雨が多かったが、久しぶりにカラッと晴れるととても気持ちいい。布団も久しぶりに干せた。こういう日はハイドンがいい。でも湿度が高めなので、演奏も少ししっとりしたものを。

以前エントリした通り、私はチェリビダッケのハイドンを高く評価している。下手すると世評の高いブルックナーよりも、相性が良かったのではないだろうかと思うことすらある。しかしながら、私の中のハイドン演奏の理想系はシューリヒトで、現代オケを朗々と鳴らし、空を駆けながら良く歌うスタイルがこの上なく好きだ。それに「ロンドン」というと、シューリヒトとフランス国立管との唯一無二の名演があるため、初めてチェリの「ロンドン」を聴いたときにはいまいちピンと来なかった。推進力に欠け、天を飛翔してくれなかったからである。そして数回聴いてお蔵入りしてしまった。しばらくして久しぶりに聴き返したときに、はっとした。こんなに美しい演奏だったんだ!実にしっとりしていて、非常に美しい。ユーモアに欠けるかもしれないが、そのかわりモーツァルトかと思わせる程、気品のある湿度がある。また、「オックスフォード」と同様、テンポが不自然で恣意的だと感じることはなく、自然にハイドンの音楽に身を浸すことができる。そして、ミュンヘン・フィルの機能性も鼻につかない。もしかしたら、チェリはハイドンなどの古典派の音楽に対し、古典の枠に収めようとする「理性」が働くので、ロマン派の音楽のようにやりすぎず、古典の枠を少しはみ出した名演が生まれるのかもしれない。
一楽章の序奏は遅いテンポながら過度に重々しくなることなく、響きが美しい。そしてどこか神秘的だ。主部への入りの美しさは、夜が明けて空が明るくなってくるようだ。なんと美しい第一主題!。フォルテになってからも推進力に富んでいるわけではないが、緊張感が持続し、常に音に生命力がある。そして何より響きが美しい。一音一音全て美しく、乱暴なハイドン演奏にありがちな汚い音は一つもない。
白眉は二楽章。モーツァルトの緩徐楽章のようだ。美しい、とにかく美しい。雪の降り始めのように、ぽつりぽつりと空から音が舞ってくるようだ。ハイドンの音楽であることを忘れてしまう。音の消え方の繊細さは、チェリにしかできない芸当ではないだろうか。
三楽章はテンポは遅いものの、音楽が停滞せず、ちゃんとメヌエットに聞こえる。美しいのはトリオ!オーボエのなんと気品があること。高貴な貴族的な香りすらする。トリオの終わり方など、とてもハイドンの音楽とは思えない。
四楽章は勢いで聴かせるような演奏ではなく、響きの美しさと音の充実度で聴かせてくれる演奏である。四楽章がこんなに美しいと思ったのは初めてだ。
チェリビダッケがせめてロンドン・セットだけでも全て録音してくれたら、どんなに素晴らしかっただろう。「軍隊」などではどんな名演を繰り広げてくれるのだろうと、妄想をしている。

お買い物『HMV - 交響曲第103番、第104番 チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル(限定盤)【CD】-ハイドン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

ご無沙汰しています

こんにちは。私は10年くらい前でしょうかEMIからでた「チェリビダッケ全集」でこれを聴いて大きな衝撃を受けました。テンポもそうですが緩徐楽章が異様に美しいのです。

>音の消え方の繊細さは、チェリビダッケしかできない芸当

音符と音符の間(あいだ)、音が鳴っていない音楽空間・・・・・これは余人に真似はできませんね。あるオーケストラ員は、演奏中に自分が彷徨していることに気づく・・と、こんな証言がありました。恐るべしチェリビダッケ。

  • 2006/05/22(月) 13:43:03 |
  • URL |
  • calaf #-
  • [編集]

無音の美

calafさん、
こちらにもコメントいただき、どうもありがとうございます。
緩徐楽章の美しさはこの世のものとは思えません。
calafさんは流石にポイントを抑えてらっしゃいますね。チェリビダッケの「無音の美」は他の追随を許しません。本当に美しいです。パウゼの瞬間、空気の密度が非常に高い感覚を覚えます。
チェリビダッケの正規盤がこれからも出てくればいいのですが、どうもご子息が演奏の価値を理解してないそうですね。もったいない・・・。

  • 2006/05/22(月) 22:23:28 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

こんばんは。
チェリの《ロンドン》は、幸運にも生演奏を聴くことが出来ました。透明だけれども厚みのある序奏からして、“ブルックナーのような”響きでした。最後まで呪縛されるようなハイドンなんて、凄いと思いました。ミュンヘンの弦が、ゆっくりのテンポの中を弓を最初から最後まで使って、ゆっくりうたっているのが印象的でした。
このCDも当然愛聴盤です。

garjyu

  • 2006/05/23(火) 01:27:39 |
  • URL |
  • garjyu #4A9T8td.
  • [編集]

チェリの湿度
コメントするとき、中心点を定めます。
ジュリーニのブラームスでは「テヌート偏愛」という言葉に飛びついて、ど真ん中のストライクでした。
ここでは、あえて外して、「布団干しとハイドン」ということで。この組み合わせ、絶妙。dokuohさんのセンスが好きです。(だから、愛読者になっています)
私のセンスのなさは、今日の雷雨=ゴロゴロ=太鼓連打=ハイドンという小学生レベルの連想です。そこで、チェリの「ドラム・ロール」から聴き始めました。
これが、名演。チェリの美学にはいつも違和感ありありなのですが、これは良かった!ワゴン・セールで1000円位で売っていたので買っといて大成功。やっと、聴きました。dokuohさんのおかげです。
そこで気づきました。「湿度」なんですね。「気品のある湿度」。この表現でチェリの音楽に一歩近づけました。
おっと、これは「ロンドン」の話でしたか。なぜか、こっちの方はそれほど感銘はうけませんでした。だって、こんな雷雨じゃ布団干せないもん。

  • 2006/05/24(水) 22:04:13 |
  • URL |
  • 穂吉 #-
  • [編集]

うらやましい!

garjyuさん、
こんばんは、いつもコメントありがとうございます。
チェリの生演奏を聴けなたなんて羨ましい限りです。小生はチケットが取れませんでした(涙)。チェリのハイドンがいいと言う人は極めて稀ですから、賛同してくださる方がいらっしゃって嬉しいです。本当に美しい演奏だと思います。
このテンポで音楽が死なないのは、流石ミュンヘン・フィル。恐るべしです。

  • 2006/05/24(水) 23:12:49 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

雷雨

穂吉さん、
いつもコメントありがとうございます。お褒めのお言葉もいただき、なにか照れくさいです。ありがとうございます。
今日の雷雨は凄かったですね。息子はすっかり恐がってました。「太鼓連打」もいずれ取り上げたいですね。これも名演です。

  • 2006/05/24(水) 23:15:56 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。