DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
bach_cello_janigro.jpg

J.S.Bach 6 Cello Suites

Antonio Janigro


MCA (MCD 80109)



素晴らしい演奏との出会いは三通りあると思う。一つは世間的に評判のものを聴く、二つはまだ世間では評判にはなっていないが、自分の好きな演奏家の演奏を聴く、三つ目は、全く知らない演奏家の演奏とふとした拍子に出会うというものである。ヤニグロの無伴奏との出会いは三つ目にあたる。
いつも通りCDショップに立ち寄った。そのときはたまたま妻(当時はまだ結婚していない)と一緒だったが、試聴コーナーで私を待っていた妻が、「これすごいから聴いてみて」といわれて、半信半疑でヘッドフォンを手にとった。第一番プレリュードの冒頭で受けた衝撃。そのまま聞き入ってしまった。凄い音のエネルギー。それは音量が大きいとか、表現が大仰とかそういうことではない。一音一音に想いがこめられ、エネルギーが充満しており、聴くものを圧倒する。だがそれは、単なる表現欲や自己主張でない。「切れば血の出るような」という表現は良く用いられるが、まさに的を得た表現であり、その血は動脈を勢いよく流れ、鮮やかな赤色をした紛れ間もない命の証である。音の媒体である空気という無機物に命が宿っている、そういった印象を抱かせる。
やはり初めは有名な1番のプレリュード。私が衝撃を受けた演奏である。カザルスでもフルニエでもこれほど生命力あふれる演奏はしていない。かといって、押し付けがましくも無い。ロストロポーヴィッチを聴くときのような、聴いていて圧迫感を感じることも無い。多少演歌のようにこぶしが入っているところもあるが、決して恣意的とも感じられず、違和感はない。感情移入をたっぷりしているにも関わらず、恣意的なところ、強引なところが全く無いのがこの演奏の凄いところだろう。
ヤニグロの表現はどちらかというと長調系の曲のほうが適正があるように思われる。太陽のようなその懐の広さと温かみ、生命力は長調の曲で華を開く。最も素晴らしいのは6番。この生命力にあふれ、光り輝くD-durを聞いて欲しい。アルマンド、サラバンドでの優しさは涙を誘う。

お買い物『HMV - バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲、チェロ・ソナタ全曲、ボッケリーニ:チェロ協奏曲、他 ヤニグロ、ヴェイロン=ラクロワ、ホルヴァート指揮(3CD), CD, バッハ(1685-1750), バッハ』



↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

こんにちは♪  お誘いにつられてバッハ無伴奏シリーズを拝読しに伺いました。  フルニエ、トルトゥリエは馴染み深い演奏なのですが、このヤニグロ?ですか??  これは未聴です。  KiKi はやっぱりカザルスを聴くことが1番多いかな・・・・。  何せバッハ無伴奏 & カザルスと初めて出会って感銘を受けた演奏なので・・・・。  その後上記2名とロストロ、ヨーヨー・マと聴いてきましたがどうしてもカザルスに戻ってしまいます。  マイスキーには手を出していません。  評判は悪くないみたいですけど、聴かれたことありますか??  この CD、ちょっと探してみますね♪  

  • 2006/04/30(日) 16:34:08 |
  • URL |
  • KiKi #bMLlLu06
  • [編集]

残念ながら・・・

KiKiさん、古いエントリをご覧いただき、ありがとうございます。
残念ながら、ヤニグロは廃盤で手に入りません。こんなにいい演奏が廃盤なのはなんとももったいない話なのですが。
マイスキーは最もシンパシーのないチェリストです。彼の音楽からは何も感じ取ることが出来ません。小品とかはいいんですけどね。あの表情のない単調なヴィブラートが許せないんですよ(笑)。

  • 2006/04/30(日) 21:20:22 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006/05/21(日) 14:39:26 |
  • |
  • #
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。