DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
mozart_mass_neumann.jpg

Mozart "Ave Verum Corpus"

Peter Neumann
Collegium Cartusianum
Kölner KammerChor


Virgin CLASSICS (7243 5 61769 2 8)



ノイマンの宗教曲集から、とりあえずもう一つ有名曲を。
この「アヴェ・ヴェルム・コルプス」は、娘の子守唄に使ったコープマンの演奏と共に、私の愛聴盤です。レクイエムのエントリで述べたように、至純のハーモニーを聴かせてくれるノイマンが、この曲をどれだけ素晴らしく演奏してくれるかは、推して知るべしといった感じです。
コープマンの演奏に比べると、比較的すっきりしていて、テンポの揺れも少なくストレートな感じがします。また、開放的でベクトルが外に向いている演奏とも言えるでしょう。健康的で秋の晴れ渡った空を連想させます。陽の光はほんのり暖かく、からっと澄んでいる。
この曲は何度聴いても、繰り返し聴いても飽きません。美しい、本当に美しい。最近、身の回りで出産した人が多いのですが、これからは子どもが生まれた知人には、この曲を紹介して、「アヴェ・ヴェルム・コルプス子守唄仲間」を増やそうと思います(笑)。今年はモーツァルト・イヤーですから、興味を持ってくれる人も多いに違いありません。きっと気に入ってくれるでしょう。万人に微笑えんでくれる曲だと思っています。きっと赤ちゃんも心地よく眠ってくれるでしょう。

さて、この曲、何らかの形で演奏してみたいと思って、楽譜をネットで探していたら、チェロとピアノのデュエット編曲版がSchott社から出ているではないですか!この夏休み楽譜を購入して、早速さらってみたいと思います。今から楽しみです。でも、モーツァルトに失礼なことになるのは承知しているのですが・・・。

お買い物『HMV - Sacred Vocal Works: P.neumann / Collegium Cartusianum, Cologne Chamber.cho【CD】-モーツァルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

モーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルプスは私は忘れられない体験があって、この曲はもう涙無くして聴けません。この曲を聴いただけで泣き出してしまい、帰ってしまった人もいました。あのすばらしく優しく美しい響きの中で語られる「生け贄とされ十字架にかけられて」「わき腹を貫かれ、水と血が流れ落ちた。」と言う残酷な歌詞はもうたまりません。私が死んだときはこれで送って欲しいと思っています。遺言にしたいです。
これがモーツアルトの真実なのかなぁと思ったりするほど今まで聴いたどんなモーツアルトの曲より印象に残っています。美しく哀しく恐れを感じます。モーツアルトは何を見たのかと。
すいません。優しい音楽のエントリなのに、この曲のことになるとちょっと普通ではいられません。TB致します。

御無沙汰しております

yurikamome122さん、
こんにちは。大変御無沙汰しております。お越しいただきありがとうございます。またコメント、TBありがとうございました。
本当にこの曲は特別ですね。底なしに美しく、そして哀しい。おっしゃるとおり、恐れすら感じます。モーツァルトのみに作曲することを許された曲といえるかもしれません。

  • 2006/08/04(金) 10:43:24 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokuoh.blog35.fc2.com/tb.php/120-021aa6af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モーツァルト作曲、モテット「アヴェ・ヴェルム・コルプス」

 今日は、モーツァルト作曲、モテット「アヴェ・ヴェルム・コルプス」。ハンス=マルティン・シュナイト指揮、神奈川フィルハーモニー管弦楽団ほか。 あの体験のあと、今の気分は何も今日のコンサートの曲以外聴く気がしないほど衝撃的だったわけで、シュナイトさんの演奏

  • 2006/08/03(木) 15:48:08 |
  • yurikamomeの『妄想的音楽鑑賞とお天気写真』

神奈川フィルハーモニー管弦楽団 第223回定期演奏会『永遠の安息』

第223回定期演奏会       『永遠の安息』 2006年02月04日(土)         14:00 開演 横浜みなとみらいホール    指揮 ハンス=マルティン・シュナイト  ソプラノ:澤畑恵美メゾ・ゾプラノ:竹本節子テノール:近藤政伸バス:黒木純合唱:神奈川フィル合唱

  • 2006/08/03(木) 15:49:28 |
  • yurikamomeの『妄想的音楽鑑賞とお天気写真』
このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。