DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
haydn_herbig.jpg

Haydn Symphony No.100

Günther Herbig
Dresdener Philharmoniker


edel CLASSICS (0002502CCC)



夜窓を全開にして寝ると肌寒いくらいになりました。もう夏も終わりです。いずれ残りの曲も紹介することにして、ヘルビッヒのハイドンはとりあえず今回が最終回にしましょう。

私の知る限り、ハイドンの交響曲の中でも最も愛らしく、かわいい曲がこの「軍隊」。「軍隊」という名前は二楽章、四楽章で現れる、トルコ軍楽的な、トライアングル、シンバル、バスドラムが現れる曲調から来ているらしいのですが、これほどニックネームと曲想が一致しない曲も珍しいでしょう。まるでおもちゃの楽隊が行進しているようで、もう可愛く楽しくてしかたないです。
この曲で一番良く聴くのがやはりヘルビッヒの演奏です。他の曲と同じく、適度に弾むリズムが楽しさを倍増させ、歌うところは少しレガート気味に優雅に奏でる。ハイドンの音楽に必要な要素がすべて詰まってます。
一楽章の柔らかく気品のある序奏。主部が始まると、少しレガート気味にフルートが第一主題を奏でるのですが、これが音楽を平板にすることなく、躍動感と生命力を失いません。続く第二主題のかわいいこと!展開部も過度に重くならないところが好感を持てます。
二楽章冒頭はかわいくてしかたない。無邪気な子どもと遊ぶように、顔がほころびながら聴いてします。透明感が無邪気さを増幅させています。
三楽章も過度に弾むのではなく、透明感を保ち、実に優雅です。
四楽章はもう楽しくて思わず首を振りながら聴いてしまいます。打楽器が現れるところの「楽しさが沸き出てる」ようなセンスのよさ!この感覚何かに似ているなと思ったら、そう、ディズニーランドのショー!あのようなファンタジーはありませんが、童心に返って純粋な気持ちになってしまいます。

今回こうやって久しぶりにハイドンを沢山聴くと、ハイドンと自分との距離が更に縮まっていることに気がつきました。ハイドンを聴いているとそんな自分を余計に好きになってしまうほど前向きになります。

お買い物『HMV - 交響曲第93~104番 ヘルビッヒ&ドレスデン・フィル【CD】-ハイドン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。