DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
mozart_cla5_meyer.jpg

Mozart Clarinet Quintet

Wolfgang Meyer
Quatuor Mosaïques


naïve (V 5059)


秋はブラームスも良いですが、モーツァルト最晩年の彼岸の音楽もこの季節にはぴったりです。そこで今日はクラリネット五重奏を聴き比べました。私はこの曲が大好きで、妻がクラリネット吹きなのも手伝い、かなりの数の同曲異演のCDを持ってます。
本当に素晴らしい曲です。人生の晩秋を思わせる儚い美しさが絶品です。続けて何度聴いても飽きません。モーツァルトの室内楽ではハイドン・セットと並び、最高傑作の一つであることは間違いありません。シフリン、プリンツ、モラゲス、W・マイヤー(有名なザビーネ・マイヤーの兄)、どの演奏をエントリしようかと思いましたが、最近復刻した新譜で、かつ11月に来日するマイヤーにすることにしました。実は11月に同じモザイクSQとのコンビで来日することをつい最近知り、慌ててチケットを取ったのです。
この曲はクラリネットだけうまくても仕方なく、弦が薄味ではこの曲は生きません(シフリンの新盤のエマーソンSQは最悪の例でした)。このモザイクSQは実にいいのです。本当はモザイクSQの紹介はモーツァルトかハイドンの弦楽四重奏の予定でしたが、来日が迫っており、新譜も出たばかりですので詳細は後日として、ここでざっと取り上げます。
軽い古楽アレルギーな私が、手放しに賞賛するのがこのモザイクSQ。モザイクSQはアーノンクールの手兵、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス出身のメンバーですが、あのエキセントリックな演奏とはかけ離れた実に素朴で自然な演奏で大変美しい音を聴かせてくれます。古楽独特の呼吸の浅さは一切感じられず、ガット弦の柔らかい音に包まれるだけで、幸せな気分になります。
加えて主役の兄マイヤーのクラリネットが実に素晴らしく、クラリネットの音が美しく弦の音に溶け込み、マーブルではなく、単色になっています。元々クラリネットの音は弦に溶け込みやすいとはいえ、ここまで美しく溶け込む演奏もそうないでしょう(弦楽器のガット弦の音色とヴィブラートの少ない奏法も手伝っている)。シフリンほど息の長いフレージングではありませんが、フレージングが弦と完全に調和が取れています。音も非常に透明で無駄な力は入っておらず、前述のモザイクSQと一体化しています。また古典ピッチのお陰でよりしっとり感が増しています。寂寥感ではシフリンやプリンツの演奏などには負けますが、そのかわりに愉悦感があり、特に終楽章の変奏曲など実に生き生きとしています。

今から来日が楽しみです。チケットが残少ですので、気になる方はお早めにどうぞ。ちなみに兄マイヤーの風貌はヒゲ面で、妹からは想像できません。ところで妹マイヤーの男勝りの強い音はどうも苦手。かわいい顔して気が強そうだもんな~(笑)。

お買い物『HMV - クラリネット五重奏曲、『ケーゲルシュタット・トリオ』 W.マイヤー(cl)、コーエン(hf)、モザイク四重奏団[カタログ付]【CD】-モーツァルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

マイヤーの兄?

こんばんは。へぇ、マイヤーにお兄さんがいたのですね。モーツァルトのクラリネット五重奏曲はシフリンの旧盤でなじんでいます。新盤もあるのですね。軽い古楽アレルギーですか・・・。私は重症アレルギーです。全てとは言いませんが、あれをまともに聞ける方が不思議なんですが、最近は良心的な古楽奏者も散見されます。マイヤー(妹)のクラリネットは余り好きでないので、お兄さんは聴いてみたいですね。「買ってはいけない!」という本がありましたが、古楽のCDでしたら、即座に10数枚は計上できます。一種の流行と私は見ていますが。

古楽

calafさん、
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
モザイクSQですが、どうやら楽器はモダン楽器で奏法も折衷なので、あのカマボコ音形ではありません。なのでcalafさんでも抵抗無く受け入れられると思いますよ。何より歌い口が自然でメカニックな現代最高の弦楽四重奏団と言われる団体よりも音楽的です。お薦めです。

  • 2006/09/24(日) 00:56:18 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

初めまして♪

初めまして♪
クラシック大好き人間のKyrieと申します。
室内楽いいですよね♪
私は古典派ではハイドンを偏愛しています。
そしてモーツァルトのクラリネット五重奏曲は
名曲と知りつつも聴いたことがない!
いけませんなあ。
モザイクSQといえば、「不協和音」で評論家の鈴木氏が推薦してますね。
私はモーツァルトの弦楽四重奏曲の中では
「不協和音」が大好きなので、いずれ聴いてみたいものです。

さて、私は主に現代の弦楽四重奏曲の紹介、
P.M.デイヴィスの啓蒙活動、絵画の見方、
私的哲学を中心にページを作っています。
あまりご趣味とは合わないかも知れませんが、同じクラシック好き、よろしかったら相互リンクしませんか?

  • 2006/09/24(日) 21:37:26 |
  • URL |
  • Kyrie #-
  • [編集]

はじめまして

Kyrieさん、
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
室内楽は地味で人気がありませんが、無駄が無いゆえに作曲家の生の声がより聴こえて大好きです。
「不協和音」のみならずモザイクSQのハイドン・セットはすべて素晴らしいです。お勧めです。
貴HP拝見しました。じつに格調高く、素敵なブログですね。拙ブログがみすぼらしく見えてしまいます(苦笑)。小生は絵画や古美術なども好きですので、また寄らせていただきます。
相互リンクの件、承知しました。
今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2006/09/26(火) 12:56:36 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。