DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
bru6_tintner.jpg

Bruckner Symphony No.6

Georg Tintner
New Zealand Symphony Orchestra


NAXOS (83553453)


私が最も愛するブル6。それはこのティントナーの演奏です。ティントナーはブル6との相性が非常に良く、彼のブルックナーの中では4、7番と並んで最高傑作でしょう。ティントナーのブルックナーは無駄な力が抜けていて、非常に自然体で清潔な響きが大変心地良いです。透明感がありふくよかで恣意的なものが一切無く、安心して身を浸すことができます。ヴァントも素晴らしいですが、その厳しさがときに仇となることがありますし、チェリビダッケさえもこの透明感と美しさに比べたら、一歩、いや二歩及ばないと思うのです。確かにリズムの甘さや所々でアンサンブルが乱れるところがあり、その点では二者に劣りますが、それを補って余りある響きの美しさがあるのです。
まず驚くのはこの演奏を行っているのが南半球のオーケストラ、ニュージーランド響という名も無いオーケストラだということです。南半球のオケによるブルックナー?と訝るのも当然だと思いますが、聴いてみると完全にティントナー色に染まっており、ロイヤル・スコッティッシュ管と比べても違和感なく聴けます。
一楽章はフォルティッシモになってからも威圧的なところがないものの、マエストーソの雰囲気は十分です。角が取れてリズムが甘いからか多少アラ・ブレーヴェ(二分の二拍子)な感じがしないところがありますが、許容範囲でしょう。人によっては詰めが甘いというかもしれません。コーダは絶美。これを上回る感動は他の演奏から得られません。各楽器のバランスが極上で、オーボエ、ホルンの二重奏の後のホルンとトランペットの掛け合いも、絶対に突出して浮くことがなく、美しく溶け込んでいます。もう、何度聴いても涙が出ます。最後は大きめにリタルダンドして終わります。
二楽章は完璧。深いフレージングが生み出すこの世の音楽とは思えない世界。特に弦楽器の音が非常に美しく、透明感があり懐が深く優しい。その優しさは人情といった優しさではなく、大自然の持つ包容力です。それはブルックナーの演奏に絶対的に必要なものではないでしょうか。それに満ち溢れています。深い呼吸のチェロとヴァイオリンの対位法的第二主題は絶美。ラルゴの沈み込むヴァイオリンと、その後の低弦の動きなど、この世の響きとは思えず、黄泉の国から響いてくるようです。最後はチェロのF-durの音階に乗せてオーボエが歌う様はもう言葉はありません。ああ、なんと美しいのだろう!
三楽章と四楽章は元々曲が弱いので、多少の味付けも曲の品格を落とさないと思いますが、ティントナーは至って自然体で無欲に表現しています。よって人によっては物足りないという人がいるでしょう。しかし私はこの自然さを良しとしたいのです。四楽章展開部のチェロ、ヴァイオリンの奏でる序奏主題など相変わらずの美しさですし、コーダも力強く、爆発力はないものの、透明感を失わない響きが素晴らしいです。

ブルックナーの6番を聴いたこともないという方は、是非とも聴いていただきたい演奏です。安価ですし、演奏も極上です。二楽章だけでも聴いていただければ、この曲の魅力に取り付かれるかもしれません。

実はこの演奏はティントナー二回目の録音で、マニアな方はお持ちかもしれませんが、もう一つ録音があるのです。そちらはいずれ紹介します。

お買い物『HMV - 交響曲No.6WAB.106 ティントナー / ニュージーランドSO【CD】-ブルックナー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

この記事を読んで

こんにちは。
ティントナーのCDを聴き直してました。
自然体の演奏でいいですよね。特に第2楽章が。

私の記事にTBさせていただきました。
参加、ありがとうございました。

次回は、15日に「ウィーン・フィル」ですので、ご縁があれば、また参加して下さいね。

ご家族のこともありますから、ご無理はなさらずに、どうぞ。

こんばんは。
そうですか、ティントナーですか。
ティントナーの全集,世評がまっぷたつに分かれている感ありますから、少し離れてみていました。偏愛する2番だけもっていたりして。

6番はまだ、書いていないので、ティントナー聴いてみることにします。
ご紹介ありがとう御座いました。

garjyu


  • 2006/10/01(日) 20:14:41 |
  • URL |
  • garjyu #4A9T8td.
  • [編集]

今日、レーグナーの6番の演奏CDを聴いていました。

ティントナーは全集で買ったものがあるので、また明日聴いてみます。

ティントナーのCDで私はブルックナーを聴くようになりました。ヴァントは確かに厳しいですね。

  • 2006/10/01(日) 20:51:28 |
  • URL |
  • ピースうさぎ #HMJooEnU
  • [編集]

勝手にウィーン・フィル

miwaplanさん、
連続コメントありがとうございます。
年のせいもあるのかもしれませんが、最近は最後はティントナーのような自然体のブルックナーに戻ってきてしまいますね。本当に素晴らしい演奏です。
勝手にウィーン・フィルですが、丁度特集をしようと思っていた企画がウィーン・フィルがらみなんです。是非とも参加させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2006/10/01(日) 23:31:47 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

損してますよ!

garjyuさん、
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
ティントナーのブルックナーを2番しかお聴きになっていないとは人生損してますよ!まず4,6,7をお聴きになってください。それから1,3,5,9でしょうか。2番も中々の演奏ですがこの6番など完成度が遥かに上です。
え?もうブルックナーは御買いになりません?(笑)

  • 2006/10/01(日) 23:34:31 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

レーグナー

ピースうさぎさん、
いつもコメントありがとうございます。
レーグナーのブル6もなかなかですね。私も好きです。すっきり系の演奏です。
ティントナーの演奏は本当に素晴らしく、入門にも適しているかもしれません。ただ、マニアックな版を使っているという難点はあるのですが(苦笑)

  • 2006/10/01(日) 23:36:03 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

同感

ティントナーのこのディスク、わたしもブルックナー6番のベストと思います。同感です。うれしくなったのでコメントを残しました(笑)。

http://omiyage.no-blog.jp/music/1999/09/20.html
http://omiyage.no-blog.jp/music/1999/10/post_3.html

わたしも10年前にこのCDのことを自分の日記に書きました。ティントナーが亡くなってもう10年なんですね…。

初めまして

ひらつかさん、

こんばんは。初めまして。コメントありがとうございます。
ティントナーのブルックナーでは4,7,6番が最高で6番はベストに上げておかしくない演奏だと思います。表面的な美しさだけでなく、神の慈愛を感じる演奏です。
高齢だったとは言え、ティントナーが自ら命を絶ったときはショックでした。日本公演も計画されていただけに残念です。

今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2009/03/04(水) 01:40:01 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

懐かしいティントナー

dokuohさん、こんにちは。

ティントナーのブルックナーは続けてCDが出たのがもう10年前になりますか。当時はほとんどを聴いて演奏の良さに驚いていました。
評論家のU先生とお話する機会があった時にご紹介しましたが、どれだけ聴かれたかどうかは判りません。実はそれらのCDは全部処分していまいましたが、記憶では2番、4番、5番辺りが好きだったかなぁ。8番は健闘。9番はちょっと厳しかったですね。6番はヨッフムやヴァントも含めてスクロヴァチェフスキー/ザールブリュッケンが一番お気に入りでした。今でもですけど。
ティントナーは読響定期に出演が予定されていたのに実現されなかったのが残念です。生を聴いて感動したら、CDもそのまま記念にとっておいたかもしれません。

  • 2009/03/04(水) 12:39:00 |
  • URL |
  • ハルくん #SIR.BgG2
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。