DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
bru6_celi.jpg

Bruckner Symphony No.6

Sergiu Celibidache
Münchener Philharmoniker


EMI CLASSICS (7243 5 56694 2 1)



残念ながら、私はEMIから発売されたチェリビダッケのブルックナー選集をあまり評価していません。弛緩して緊張感が持続しない演奏が多くて残念な思いをしました。不謹慎な海賊盤の方がはるかに感動的な演奏が多いと思ったのは私一人ではないはずです。(噂では発売を許可したチェリビダッケの御子息が美的感覚の無い方で、録音上の表面的な傷が無いものばかり選んで、本当に価値のある演奏が埋もれてしまったとか)
そんな中で一番良かったのがこの6番。チェリビダッケにしては意外とテンポも遅くなく、普通といってもおかしくないテンポ設定です。ブルックナー6番の演奏の中で、全体の完成度という点ではこの演奏がベストでしょう。
一楽章の力感はチェリビダッケが一番素晴らしいです。これぞマエストーソ。壮麗でかつ決して濁らない美しい響きはチェリビダッケ/ミュンヘン・フィルの真骨頂でしょう。冒頭のフォルティッシモになるところのかっこよさ!やはり名手ザードロのティンパニが物を言っており、全体を引き締めています。特にリズムが曖昧になることがありません。この曲を支配する付点と三連符のリズム、特に付点のリズムが曖昧になる演奏が多いのですが、さすがチェリビダッケ/ミュンヘン・フィルです。コーダもティントナーには及ばないものの、美しいコード進行を聴かせてくれます。特にフォルティッシモになってからの壮麗さは鳥肌が立ちます。最後の壮絶なティンパニの打ち込みもこの演奏ならではないでしょうか。SONYから出ていたレーザー・ディスクの映像で見ると、この最後のザードロの妙技が堪能できます。
二楽章の磨かれた深い弦の音が素晴らしいです。呼吸も深く豊かに歌っています。ラルゴなど沈鬱で不気味さすら感じます。ただ、録音のせいもあるのかもしれませんが、祈りと優しさの量において、ティントナーのほうが上だと思うのです。ただの美音で終わってしまっている感じがするところがあります。もちろん、非常に高次元での比較の話でこれは本当に素晴らしい演奏なのですが。
三楽章、四楽章も力感溢れ、特に四楽章は曲の弱さを補う壮麗さがあり、四楽章の最後は祝典的に華々しく終わります。

ところで、私はこのシリーズ、輸入盤をバラで購入したのですが、理由はこのジャケットです。なんと枯山水!小宇宙を表す枯山水はブルックナーにぴったりで、なんとセンスあるジャケットなんでしょう。しかも中にはお坊さんと一緒にチェリビダッケがお茶を飲んで茶菓子を食べている姿が写っている!チェリビダッケは禅に興味を持っていたそうですが、それにしても東洋的で不思議なジャケットで大好きです。

お買い物『HMV - チェリビダッケ・エディション VOL.1~3(33CD)(限定盤)【CD】-Orchestral Concert/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

すごい、第三弾ですね!

こんにちは。
チェリビダッケでの第三弾ですね。
それも6番のみでとは、お見事でした(^_^)v

確かに彼の海賊盤の件、あるなあ。
ホントはいけないんだろうけどね。
でも、マニアとしては、ね。

はじめまして

Zauber-tonさんのところから参りました。
このCDを持っているのでついコメントしたくなってしまいました。
ブルックナーが眠るザンクトフローリアンで6番を弾くことになったときに参考に買ったのです。
他の記事もゆっくり拝見します。

  • 2006/10/02(月) 20:07:03 |
  • URL |
  • ソフィー #-
  • [編集]

誰か止めて~

miwaplanさん、
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
まだまだ続きますよ!しつこいですかね?人気曲ならともかく、ブル6ですからね(汗)。
チェリのブルックナーは3,4はSWRとの演奏のほうがいいですし、5,7,8は海賊盤のAUDIORのほうが上ですね。特に「リスボン・ライブ」として有名な8番は言語を絶する名演で、しかも奇跡的に録音がそれを捉えています。いずれ取り上げたいです。

  • 2006/10/02(月) 23:30:05 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

はじめまして

ソフィーさん、
こんばんは。初めまして。ザンクト・フローリアンで演奏されたのですか!羨ましいです。地下のブルックナーのお墓には行かれましたか?ドクロが沢山あって不気味だそうですが、是非とも行きたいと思っています。
これからもよろしくお願いいたします。

  • 2006/10/02(月) 23:33:10 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

ジャケットによって音は変わるか
dokuohさんのブログにこの仮説のことを書いたかどうか忘れてしまったが、私は変わると考えそれを検証しつづけている。その証左がこのチェリのブルックナー・シリーズだ。
オリジナルの外盤は枯山水。しかし、我が国ではあまりにベタであるためかそれを避け、ありきたりなチェリの指揮姿となってしまった。
さて、どっちが音がいい?
外盤の方が意味ありげに聴こえる。チェリの薀蓄を聴いているようだ。それはそれでありがたいお時間だが、苦痛を感じることもしばしば。
ぶっちゃけ、チェリなんて大して深くもないって。禅だの何だのなんて言われると、凄い音楽のように感じるが、あんなに音が引き伸ばされたんじゃただの音の塊。へたするとBGMと五十歩百歩だ。カラヤンとチェリ、この二人結構音楽性は近いぞ。
でもいいじゃない。こうして枯山水のジャケを見つめて聴くのも。それがブルックナーの8番じゃなく6番だから、苦痛もそれ程感じない。
チェリの演奏はBGMとして聴く。そうするとブル6のはっとするようなリズムに出会える。ブル6がすこブル好きになる。
チェリの、そしてブル6の名演の一つだ。

  • 2006/10/12(木) 06:50:25 |
  • URL |
  • 穂吉 #-
  • [編集]

全く同感です

穂吉さん、
いつもコメントありがとうございます。
面白い仮説ですね。私は支持します。というのも最近粗悪なジャケットの廉価盤が多く、そういうものへの思い入れはどうしてもいまいちになってしまうのですが、ジャケットもしっかりしたCDには思い入れがあり、聴く態度も変わってきます。それゆえ、演奏も良く聴こえてくるのです。
さて、チェリに関してですが、全く同感です。テンポが遅いといっても自然ではなく、人工的で、第九の特集の時に書きましたがやはり人工美だと思うのです。ただ、それに身を浸す快感もあるわけで、この演奏などそれが心地よく、素晴らしい演奏だと思います。個人的にはやはり精度は悪くても深いティントナーやライトナーのほうが好きですね。

  • 2006/10/12(木) 22:33:17 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。