DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
mozart40_britten.jpg

Mozart Symphony No.40

Benjyamin Britten
Engrish Chamber Orchestra


DECCA (444 323-2)



ブリテンは作曲家でありながら、天性のモーツァルト振りだったのではないでしょうか。ここに紹介するモーツァルトの交響曲、カーゾンと組んだピアノ協奏曲など、その類稀なるモーツァルト振りとしての才能に感嘆せずにいられません。まるでモーツァルトの化身のようです。ブリテン自身が作曲家ゆえ、「自作自演」ならぬ「他作自演」とでも言ったらいいでしょうか。
ブリテンのモーツァルトは一聴すると至って普通で、見かけは際立った特徴に欠け、人によっては物足りないかもしれません。しかし、もう一度良く耳を澄ましてください。そこから哀しみが止め所なく溢れてくるのが聴こえませんか?切ない優しさが溢れてきませんか?
モーツァルトの音楽は個性的にしようとすればするほど崩れ易く、無個性にしようとすればするほどまた崩れ易い。非常にナイーブで難しいと思うのです。ブリテンの演奏スタイルは後者で、類稀なる謙虚さと共感があります。そして音楽の底に常に溢れ出そうな哀しみを湛えています。外面は至って普通なのに、どうしてこんなに哀しい響きが出せるのだろう。一度その魅力に呪縛されるともう抜け出せないでしょう。録音で残された全ての演奏が素晴らしいので、交響曲が数曲しか録音されなかったのが惜しまれます。
まずは40番。非常に高潔で格調が高く、かつ哀しみをたっぷり含んだト短調です。細部への配慮は行き届いているとは言えません。荒さもあるでしょう。しかし響きがそこらの凡演とは桁違いに違うのです。空一面を覆う鉛色の雲のようにどうしようもない哀しみを含んでいます。ああ、これがモーツァルト。モーツァルトの天才がゆえの哀しみではないでしょうか。一楽章は音量も表現も常に控えめで決して声高に哀しみを叫ばない。それゆえに余計に胸が締め付けられるのです。特に展開部は聴き手の心をグシャグシャにかき乱します。自分がモーツァルトの哀しみに深く共振しています。提示部のB-Aのヴァイオリンの溜息のような音!ただの持続音がこれだけ意味深く響くとは!

国内盤が最近復刻され、手に入りやすくなりました。世の中の変化の早さと同じで、最近のCDの発売・廃盤のサイクルは非常に早くなっています。季節のものは旬のうちに御賞味ください。

お買い物『HMV - Sym.25, 29, 38, 40: Britten / Eco【CD】-モーツァルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006/10/09(月) 21:44:56 |
  • |
  • #
  • [編集]

指揮者ブリテン

こんばんは。現在ブリテンのシリーズが販売されていますね。実をいいますとブランデンブルグの第6番が気になってしかたなかったのです。てらいもなく田舎音楽を極めて木訥にすすめているからです。バッハを聴いたのにドボルザークを聴いたような感覚が演奏後に残ります。それから連想すればモーツァルトもなかなか捨てがたい演奏が期待できそうですね。台本の読み方で棒読みというのがありますが、モーツァルトなら大丈夫かもしれません。また買ってしまいそうな気配です。

  • 2006/10/11(水) 00:03:17 |
  • URL |
  • calaf #-
  • [編集]

お久しぶりです(笑)

calafさん、
こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
お久しぶりですね(笑)。ブルックナーで沈黙されていたcalafさんにコメントいただけて嬉しいです。
ブランデンブルクは私も気になっていました。ブリテンのアプローチならきっといい演奏に違いありません。
ブリテンのモーツァルトは本当に素晴らしいですよ。クーベリックのスタジオ録音がお好きなら、きっとお気に召すと思います。きっと買ってしまいますよ(笑)。

  • 2006/10/11(水) 12:01:00 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。