DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今日は本当はCDレビューを掲載するつもりだったのですが、そんな気分も吹き飛ぶくらいの飛び切りの演奏に出会い、興奮しながら聴いています。そして久しぶりに音楽を聴きながら号泣しました。

ブログ仲間のcalafさんに以前紹介して頂いて、気になっていた演奏があります。アラウによるシューベルト「3つのピアノ小品D946」です。シューベルトの遺作といわれている曲です。アラウのファイナル・セッションを集めた選集が最近発売され、そこに含まれていたので、早速購入しました。

「HMV.co.jp - ピアノ作品集 - アラウ・ザ・ファイナル・セッションズ(7CD)」

ここには、シューベルトの全てがあります。凄いです。凄すぎます。言葉が追いつきません。聴きながら震えながら号泣してしまいました。

もっと聴き込んでから、近々レビューを掲載しますのでしばしお待ちください。ベートーヴェンは既に聴いていますが、バッハのパルティータなどもとても楽しみです。

calafさん、本当にありがとうございました。こうやってブログで知り合った方と情報を交換して、素敵な演奏と出会えることは無上の喜びです。拙ブログもどなたかの音楽生活を豊かにする一助となっていれば素晴らしいなと思っております。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

どういたしまして

こんにちは。うまくはまるのがあるものですね。出会いは運命です。アラウですが香港で購入したものの3年もほったらかしにしておりました。アラウの晩年の録音要チェックですね。ミッシェル・ダルベルトがスーパーレッスンの余白で、アラウを聴いてリストに対する見方が変わったと話していました。ちなみにリストのロ短調のソナタもアラウはホロヴィッツなどの対極として是非聴いてみてください。最初は裏切られたと思いましたが、その深淵に落ちていく自分を発見しました。

  • 2006/10/22(日) 04:41:47 |
  • URL |
  • calaf #-
  • [編集]

アラウは KiKi の神様です

こんにちは♪  アラウ!!!!  いいですよね~。  KiKi にとってアラウは神様v-259なんです。  今日ご紹介のこのCDは聴いたことないのですが、ベートーヴェンのソナタ然り、シューベルトのソナタ然り、そしてリストのソナタ然り・・・・・。  KiKi が目指しているピアノ音楽の1つの世界が彼のピアノにはあるんですよね~。  このCD、他に何が入っているのかしら???  これは要チェックですね~。

  • 2006/10/22(日) 09:19:55 |
  • URL |
  • KiKi #bMLlLu06
  • [編集]

dokuoh様 おはようございます。
私もアラウ氏の演奏は大好きです。と言ってもベートーヴェン様のソナタくらいしか聴いてませんが・・・しかしバッハのパルティータは聴いてみたいですね。
 シューベルトは残念ながら、ピアノ曲を殆ど聴いたことがないのですが、最近気になっていたので是非、dokuoh様のお話を拝見したいと思ってます。楽しみにしてます。。。

  • 2006/10/22(日) 10:28:33 |
  • URL |
  • みー太 #JalddpaA
  • [編集]

失礼しました

calafさん、
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
昨日は取り乱して失礼いたしました。こういう出会いがあるからCD蒐集はやめられないんですよね。
アラウのリストですか。リストは今まであまりシンパシーが無かったのですが、こういう演奏を聴いてしまうと、興味をそそられてしまいますね。
ちなみに私の涙腺は恐ろしく緩いです。元々弱いほうですが、クラシックを聴き始めてから余計に弱くなりましたね。アンテナの感度がより高まったのかもしれません。ドラマを見たりしていると号泣してしまうので、はずかしいったらありません(汗)。

  • 2006/10/23(月) 01:11:37 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

シューベルトのソナタ全集

KiKiさん、
こんばんは。コメントありがとうございます。
そういえばアラウはKiKiさんの神様でしたね。特に晩年のアラウは凄いです。「悲愴」は今だアラウを上回る演奏に出会ってません。
この演奏はシューベルトのソナタ集に入っているようです。お持ちではないですか?ダブってしまいますが、この演奏を聴くとソナタ集も欲しくなってしまいます。困りました。

  • 2006/10/23(月) 01:14:12 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

ベートーヴェンのソナタ

みー太さん、
こんばんは。コメントありがとうございます。
アラウのベートーヴェンのソナタ、特に二回目の全集は素晴らしいですね。私の中でもバイブルになっています。
シューベルトのソナタは珠玉の曲ぞろいです。拙ブログでも取り上げている永遠の名盤ケンプの演奏や、クリーンの演奏をお聴きになってみてください。きっと虜になると思いますよ。

  • 2006/10/23(月) 01:16:23 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

号泣できない今の状況が好き
土日に時間があったのでブル8を4人の指揮者で聴いた。チェリ、ヴァント(93年)、ドホナーニ、シノーポリ。この中で断然感動したのがドホナーニであった。昔嫌いで最近好きになってきている指揮者は、セル、ショルティ、ドホナーニ。音楽の好みが変化した。
あくまでも私の場合、音楽を聴いて号泣したとき、それは純粋にその音楽に心を揺さぶられたのではなく、「私自身のセンチメンタルな物語」に涙しちゃったのである。もちろん、その物語にふさわしいBGMは極上のものでなければならぬ。
今、音楽を聴いて号泣するといういうことはない。つまり、平穏な日々をおくっているということなんだね。それがうれしい。
D946。不遇な時代にポリーニの演奏を何度聴いたことか。(ポリーニの素晴らしさについてはどこかで言いたい)
アラウの演奏は「ディアベリの主題~」「皇帝」「モーツァルト:ピアノ・ソナタ16番」がそれぞれの曲のベスト1だと思っている。シューベルトは残念ながら聴いたことがない。
dokuohさんに一言。あなたのおかげで、私の音楽生活は確実に豊かになっています。

  • 2006/10/23(月) 21:39:13 |
  • URL |
  • 穂吉 #-
  • [編集]

涙物のお言葉です

穂吉さん、
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
涙物のお言葉です。どうもありがとうございます。
ドホナーニはほとんどが廃盤になってしまってめっきりCDを見なくなりましたね。最近になって興味が出てきた指揮者なので、残念です。
私は音楽そのものに涙しても自分のおセンチな物語に涙することがほとんどありません。根がめでたく出来てるのでしょうか(苦笑)?
穂吉さんは音楽を聴いて号泣しない穏やかな日々を送っておられるようでよかったです。御自愛くださいね。

  • 2006/10/23(月) 22:15:45 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。