DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
bru8_kna_live.jpg

Bruckner Symphony No.8

Hans Knappertsbusch
Münchener Philharmoniker


DREAMLIFE (DLCA 7011)



ブルックナーはもういいとお思いになるとは思いますが、念願の演奏にようやく出会えたのでエントリします。久しぶりにヒストリカル録音を夢中になって聴きました。

フルトヴェングラー、クナッパーツブッシュ、ワルター、シューリヒト、クレンペラー・・・。多くの人が一度は往年の巨匠の音楽が全てだと、古い録音ばかりあさる時期があったのではないでしょうか。私にもかつてありました。当時はそういった巨匠達の演奏が海賊盤で多く出ていたころでしたのでなおさらでした。当時DISQUES REFRAINというレーベルからクナッパーツブッシュ最晩年のブルックナーの8番のライブ録音が出ていて、とても聴きたかったのですが、学生の時分でお金がなく涙を飲んだのでした。その演奏がついに望みうる最高の音質で甦りました。
クナのブルックナーの8番と言えば、Westminsterから出ている有名なスタジオ録音がありますが、これはそれを上回る壮絶な演奏です。壮絶といっても基本的スタイルはスタジオ録音と同じで、直接的な迫力や派手な演出があるわけではありません。音色は渋く粛々と音楽が進むいつものクナのスタイルです。しかしその懐の深さ、スケールの大きさは空前絶後であり、ブルックナーの8番の頂点のみならず、ブルックナー演奏の頂点と言っても過言ではないでしょう。
クナのブルックナーは一言でいうならば「宇宙愛」。人間世界の小さな愛ではなく、宇宙スケールの愛、生命を育んだ偉大な愛なのです。このような宇宙愛の実践者はクナしかいません。この演奏には宇宙の法則が宿っているのです。
一楽章の冒頭、地の底から沸き上がる音。その意味深さ、スケールの大きさは他ではありえません。現代の基準で言うならば合奏の精度は悪く、縦の線は合っていません。しかし、この微妙なズレが巨大なスケール生み出し、巨大な威容が出現します。これを聴いてしまうと、アンサンブルとは何か考えさせられてしまいます。演奏精度だけを求めたメカニックな演奏のなんと虚しいことか!フォルテのスケールの大きさのみならず素晴らしいが弦のカンタービレ!第二主題の深々とした宇宙愛に満ちたヴァイオリンの歌!そして音楽の底に常に流れる凛とした寂寥感。全てのフレーズは息づき、宇宙と共に呼吸しています。コーダ前のスケールの大きさは恐怖すら感じます。宇宙が揺れています。自分の存在が消えてしまいそうです。
二楽章はスタジオ録音よりも覇気があり、音楽が生きています。そして常に豊かな寂寥感が漂っています。音楽が静かになるとそれは顕著で、トリオの味わい深さは随一でしょう。宇宙と比して自分の存在の小ささに想いを馳せてしまいます。
三楽章はスタジオ録音が少し弛緩した感があったのですが、この演奏はそんなことがありません。とにかく弦の音が深い。「宇宙のゆりかご」とも言うべき、懐の深さがあります。もう「美しい」とかそうい月並みの言葉を使うことすら憚れます。「美しい」を超えた美しさがここにはあります。
そして四楽章。宇宙が鼓動しています。大きく揺れています。もうこれは音楽ではありません。一体この音はどこから響いてくるのか?3K宇宙マイクロ波背景放射(宇宙全体から降り注ぐ、ビッグバンの名残りの電波)のように、全宇宙から降り注いでいます。再現部の冒頭のスケールの大きさは凄まじく、聴きながら呼吸が苦しくなり、震えてしまいました。コーダの前の寂寥感は、かつてこれほどに痛切に響いたことがあったでしょうか。そして、コーダ。ティンパニと共に立ち上がる音は、どこまでも大きく、天を仰いでしまいます。

終演後、拍手が鳴り始めたら一旦止み、その後物凄い拍手が起こります。聴衆が演奏のあまりの凄さに金縛りになって、そこから解かれていく様子が手に取るように分かります。こんな演奏を聴かされたら、どんな人でも固まってしまうでしょう。事実、演奏中のオーディエンス・ノイズが極端に少ないのです。聴衆も相当な緊張を強いられたのでしょう。ヴァント最後の日本公演でも同じでした。私もこの演奏を聴き終えて、涙を流しながら呆然としていました。
録音もモノラルながら状態が非常に良く、鑑賞に全く問題ないレベルで、音の潤いはスタジオ録音以上かもしれません。ブルックナーを愛する全ての人に、この宇宙愛を享受して欲しいと思います。

お買い物『HMV - 交響曲第8番 クナッパーツブッシュ&ミュンヘン・フィル(1963年ライヴ)【CD】-ブルックナー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

これ欲しいんですよ!

私もネットのHMVのカートに入っているんですが、まだ注文していません。
これ絶対いいと思っていますが、dokuohさんのコメントを拝見しますと、やはり聴きたくなってしまいますね。
宝くじ当たれ!

  • 2006/11/11(土) 23:46:27 |
  • URL |
  • ピースうさぎ #mQop/nM.
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006/11/11(土) 23:56:44 |
  • |
  • #
  • [編集]

聴かないと損します

ピースうさぎさん、
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
本当に凄い演奏です。きっと一生の宝物になると思いますよ。手段を選ばず、手に入れてください(笑)。感想お待ちしてますね!

  • 2006/11/12(日) 00:02:05 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006/11/12(日) 21:40:17 |
  • |
  • #
  • [編集]

購入しました

こんにちは。購入しましたまだ届いてはおりませんが、MCA盤を凌ぐとなれば、買わざるをえません。MCA盤は私のブルックナーの数少ないお気に入りなのです。

  • 2006/11/15(水) 03:52:58 |
  • URL |
  • calaf #-
  • [編集]

calafさんがクナのブルックナーとは!

calafさん、
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
ブルックナー苦手なcalafさんがクナのブル8をお好きとは意外でした。とても嬉しいです。この演奏をお聴きになるとたまげると思いますよ。どんな感想を持たれるか楽しみです。

  • 2006/11/15(水) 17:34:18 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。