DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet_arrau.jpg

Beethoven Piano Sonata No.8 "Pathetique"

Claudio Arrau


PHILIPS (473 782-2)



やはりアラウといえばベートーヴェンなのです。久しくアラウのベートーヴェンから遠ざかっていましたが、最近ファイナル・セッションで久しぶりにアラウのピアノに感動したので、久しぶりに聴いてみました。
ベートーヴェンのピアノ・ソナタの中で、どうしてもアラウの演奏でないとだめだと思っているのがこの「悲愴」(新録)です。学生の頃、アラウのベートーヴェンをバラ売りでこつこつ集めていましたが、お金がなくてメジャーな曲を集めるにとどまりました。そのうちに生憎廃盤。社会人になって全集を買ってもバラ売りのCDを大切に持っています。それくらい思い入れがあり、有名なバックハウスの演奏よりも私には大切な演奏なのです。
特に二楽章アダージョ・カンタービレの繊細さと優しさは唯一無二であり、色々聴いた後どうしてもアラウの演奏に戻っていまいます。(あえて対抗馬を選ぶならソロモンの演奏)。すっかりムードミュージックと化してしまったこの曲に、これだけの含蓄をもたせた演奏を他に知りません。アラウのピアノはよく「鈍重」と表現されますが、私にはアラウの音楽は必然性を感じ、決して鈍重に感ません。それは完全に人間の生理と整合しているからでしょう。
一楽章冒頭から実に深みのある音がします。むやみに鍵盤を叩きつけず、懐の深い音が体を包み込みます。ここだけでも普通の演奏とは全然違います。完全に晩年のアラウの世界です。展開部冒頭(5:36)、再現部のフェルマータの後(8:48)の沈鬱な表情など、初期のベートーヴェンの曲にこれだけの意味深さがあったのかと感嘆してしまいます。
そして二楽章。晩年のアラウ独特のポツポツ歩くようなアゴーギグが実に効果的。慈しむように奏でられる主要主題。何より感動的なのは主要主題が戻ってくるところ(2:28)で、リタルダンドをかけた後、主題が優しく優しく奏でられます。まるで寒い冬に手の中にある蝋燭の炎をかすかな風から大切に守ってあげているようです。このアラウの演奏を聴いてしまうと、他の演奏が聴けなくなるほど、繊細で優しさに溢れています。
三楽章はアラウの演奏を聴いてしまうと、他の演奏はいかにもせかせかしていて、深みに欠けて聴こえます。

しばらくアラウのベートーヴェンにはまりそうです。なんだか最近、懐かしさすら感じるアラウのピアノの懐の深さに身を浸したい心境です。

お買い物『HMV - ピアノ・ソナタ全集、ディアベッリ変奏曲 アラウ(p)(11CD)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

いいですねえ、アラウのピアノ…。
小生もアラウのベートーヴェンやバッハ、ショパンにシューベルトが大好きです。
でもしばらく聞いていないので、このログを刺激にまた聞き直してゆこうと思っています。

  • 2006/11/26(日) 23:13:42 |
  • URL |
  • Syuzo #DL0dExLA
  • [編集]

遅さが自然

こんばんは。アラウのテンポ観は自信の内部発露のように思います。グールド、ギレリス、最近ではアワネシェフ達のわざとらしさが一切ありません。チリ生まれが嘘のような重い響きが得意のアラウですが、ラテン人特有のリズム感が、いわゆる鈍重さを避けているように思います。私は、私自身のブログのなかで、「音符の長さが他のピアニストとは違う」と書きました。テンポが遅いのではなく一音一音が長いような感覚です。アラウのベートーヴェンは最近買い始めたばかりですが、是非全曲をそれこそゆっくり揃えたいと思います。

  • 2006/11/28(火) 04:27:39 |
  • URL |
  • calaf #-
  • [編集]

コメント頂き光栄です

Syuzoさん、
こんばんは。コメントありがとうございます。Syuzoさんのような大先輩にコメントいただけてとても嬉しいです。
さて、アラウですが、先日も取り上げたD946をはじめシューベルトもすごいいいですね。ショパンだけは未聴なので是非とも聴いてみたいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2006/11/28(火) 19:29:44 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

CPUクロック

calafさん、
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
アラウのテンポは質の良い(テンポ感の良い)ソフトウェアをクロックの遅いCPUで動かしているような感じです。すなわち、質の悪い(テンポ感が悪い)ソフトウェアがいくら遅いCPUで動かしてもソフトウェアは同じなので結果は同じです。彼のテンポ感は素晴らしく、テンポをそのまま速くしても違和感が無いんでしょう。遅いCPUでも問題なく動作するということはソフトウェアが優れているんだと思います。

  • 2006/11/28(火) 19:35:28 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。