DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
mahler_bertini.jpg

Mahler Symphonies

Gary Bertini
Kölner Rundfunk Sinfonieorchester


EMI CLASSICS (9646 3 40238 2 5)



「宝石のようなマーラー」というと、ただキラキラ光って綺麗という印象を受けるかもしれないが、ここで用いている「宝石」とは硬質で透明感があり、そしてほのかに妖艶な光を放っているという意味合いである。ここでのケルン放送響の音色は明度は高いが、色温度は高めの寒色系。そう、色に例えるとエメラルドグリーンが一番近いかもしれない。コンセルトヘボウの暖色系の音とは対照的である。オケの精度はコンセルトヘボウに劣るが、比較するのは愚行といえる。宝石の如く向こうが透けて見えるように透明で、クライマックスでも絶対に音の透明度を失わない。理性が常に働いて絶妙にコントロールされている。ただ理性的だからといって、決してスケールが小さくならず、クライマックスでは絶大なスケール、下手すると感情没入型の演奏をはるかに凌ぐスケールで奏でられる。この二つの要素を両立されるのは至難の技なのに、ベルティーニはやってのけている。
私は特に3,8,9,大地の歌がずば抜けて素晴らしいと思った。次いで、4,6番。中でも3,8番は唯一無二の演奏だと思う。3番の心中したくなるほどの美しさ、8番のまさに「宇宙の鼓動」と呼ぶべき巨大なスケール、言葉を失った。全集でこれだけすべての曲で演奏水準が高いのは驚異的だ。私はすぐこの全集をmp3にして、一枚のCD-Rに焼きベルティーニのマーラー三昧に陥ってしまった。(もちろん、妻からはマーラーばかりでうるさいと苦情が来たが。^^;)マーラーなんて普段立て続けに聴けたものではないが、この全集は今だ私を虜にして離さない。
私は正直、バーンスタイン、テンシュテットのような感情没入型演奏が苦手だ。自分の精神が薄弱なのかもしれないが、そのような強烈な個の告白にはついていけない。私が好きなマーラーはハイティンク、ノイマン、アバド、そしてこのベルティーニが行ったように昇華され純度が高く、響きが透明で理知的な、でもどこか妖しさも覗く演奏が好きだ。そんな私にとってこの全集は宝物になった。ハイティンクのマチネーライブ(後ほど特集予定)に並ぶ、文字通りマーラーの「宝石」になった。全集で再発売され、広く親しまれるようになったことを感謝したい。
今回は総評だけにして、次回から各曲をかいつまんで駄文ながらこの感動を記したいと思う。

お買い物『HMV - 交響曲全集 ベルティーニ&ケルン放送響(11CD)【CD】-マーラー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。