DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
schubert_sine_nomine.jpg

Schubert String Quartet No.14 "Death and Maiden"

Quatuor Sine Nomine


CASCAVELLE (VEL 3115)



以前のアウリンSQの聴き比べ
のときと同様、再び久しぶりにアルバンベルクSQの演奏を取り出して聴いてみました。世間で最高の名盤と疑われずに受け入れられているものです。アルバンベルクSQの演奏の劇的さは、フレーズの前後関係があまりに唐突で不自然であると改めて感じました。また、音の扱い方が雑で所々神経の通っていない無意味な音が散見されます。昔は大満足して聴いていたのですが、アウリンSQ、メロスSQ、そしてこのシネ・ノミネSQを聴くと不満が残ってしまいます。何とも贅沢な話かもしれませんが。このシネ・ノミネSQの演奏はアウリンSQに僅差で次ぐ私の中のベスト盤になりました。

一楽章は劇的で切り込みが鋭く、先の細い鋭利な音で聴く者を容赦なく襲います。しかし、音は決して繊細さを失っておらず、細部まで恐るべき緊張感が通っています。劇的に演奏しているようでも常に作品の真実を見つめる冷徹な目があり、それがこの団体の演奏を特徴付けているのです。あまりに緊張が強いので、聴き終わったあとは茫然自失になってしまいます。

二楽章はもっと劇的に演奏されるかと思いきや、予想に反し控えめにしっとり演奏されています。音のドラマは最小限であり、「動」ではなく「静」が支配しています。初めは物足りなさを感じたのですが、次第にこの「静」が炙り出す闇に心を奪われてしまいました。音楽の振幅は必ずしも感動に結びつかないという好例だと思います。主題提示のさざなみから静けさがあり、非常に丁寧に繊細に美しく奏でられています。デュナーミクも最小限に抑えられ、その振幅の少ないさざなみの中に得も言われぬ無限の想いが込められているのです。第三変奏での静の持つ説得力の物凄いこと!湧き出す恐るべき寂寥感に涙が止まりません。ここはドラマティックに演奏する演奏が多いですが、煽ることなく粛々と闇を炙り出しているのです。このような表現は初めてで衝撃を受けました。第五変奏曲でも同様にインテンポ気味に無慈悲に切り裂いていきます。途中のクレッシェンドも抑えられ、音楽が一番盛り上がるところでも過度に殴り弾きしません。劇的に演奏しなくても恐ろしく聴き手に迫ります。コーダの静けさがもたらす美しさは筆舌に尽くしがたく、ヴィブラートは最小限に抑えられ、どこまでも透明です。美しければ美しいほど切なくどうしようもない気持ちになります。

これだけ緊張感の強い演奏を聴き終わると、心身ともに疲れ果ててしまします。これだけの演奏を行う彼らの集中力に脱帽せずにいられません。

お買い物『HMV - 弦楽四重奏曲全集 シネ・ノミネ四重奏団(5CD)【CD】-シューベルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

こんばんは
お久しぶりです。
アルバンベルクの「死と乙女」は本当にヒステリックで辟易しますね。
アウリンSQ、シネ・ノミネSQどちらも聴いたことがないので大いに興味がそそられます。
新しい時代に入っているのでしょうね。

  • 2007/11/18(日) 01:07:28 |
  • URL |
  • ダンベルドア #-
  • [編集]

御無沙汰しております

ダンベルドアさん、
こんばんは。大変御無沙汰しております。コメントありがとうございます。
アルバンベルクを批判するのはかなり勇気がいることなのですが、意外とアンチ・ファンが多いようですね。彼らの功績は素晴らしいと思いますが、私の音楽の趣味とは合いません。このシネ・ノミネ是非お聴きになってください。
貴ブログにコメントせず、不義理してすみません。ようやくブログ更新のペースがつかめてまいりました。今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2007/11/18(日) 01:18:44 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。