DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet9_sader.jpg

Beethoven Symphony No.9 "Choral"

Kurt Sanderling
Berliner Sinfonie-Orchester
Chor der Deutschen Staatsoper


WEITBLICK (SSS0083-2)



すでに引退したザンデルリンクがお孫さんのクリスマス・プレゼントのために発売を許可したという演奏だそうで、お孫さんだけでなく、我々一般のリスナーにとっても嬉しいプレゼントとなりました。
ザンデルリンクのらしい密度が高く重量感のある厳しい音で、ずっしりした手ごたえがあります。しかしながら相反するような木質感があり、暖かさがあるのです。厳しさと優しさの同居した音。このザンデルリンク独特の音は木材に喩えるとと赤樫に似ているのではないでしょうか。赤樫は密度が高く、非常に硬く重いのですが、赤みを帯びた色は暖かく、深みがあります。(実はdokuohは昔剣道をやっていたのですが、素振りに使っている木刀は赤樫で出来ています)完全なモノトーンでない、微妙な色合いが音楽を味わい深いものにしています。
そして、まるで油絵の具を塗りたくるかのような濃厚な描写が、音のドラマを最大限に引き出しています。先に紹介したA・ヤンソンスと好対照と言えるかもしれません。また、一楽章のヴァイオリンのなどのオーケストレーションの改変(スタジオ録音にもあった)が所々に見られたり、楽譜にないデュナーミクがあったりなかなか個性的です。

一楽章はそのドラマが最大限に生かされた演奏と言えるでしょう。音に燃えたぎるエネルギーがあり、非常に熱量が高いのです。特に展開部の頂点での迫力は圧倒的で素晴らしく、音の衝撃派で体が仰け反ってしまいます。かと思えば、静かな曲想での弦や木管の歌わせ方はザンデルリンクならではで、ただの乱暴な演奏でない証左となっています。

二楽章冒頭の弦の大地を切り裂くような重い音は物凄く、さらにティンパニが炸裂します。音楽が高揚してからは重量感があり、ティンパニの轟音と共に、音の塊が衝撃波となって襲い掛かります。

三楽章はザンデルリンクらしい過度に感情に溺れない優しい弦の歌が素晴らしい。

四楽章冒頭もティンパニが炸裂し、かなり激しいです。レチタティーヴォでは遅めのテンポで雄弁に語り、その重々しい響きは効果抜群です。歓喜主題ではファゴットのオブリガートを主旋律より強めに奏で主張します。弦の奏でる歓喜主題は繊細で涙が出ます。合唱は精度が低いものの、熱さがあり祝典的盛り上がりには事欠きません。最後の大団円ではテンポをぐっと落とし、プレスティッシモで爆発するところなど、効果抜群でこれぞ第九を聴く醍醐味と言えるでしょう。

ザンデルリンクらしいスケールの大きい演奏で、フルハーモニア管とのスタジオ録音には無い熱気があり、祝典的盛り上がりがあり、熱くスケールの大きい第九を楽しむには絶好の演奏だと思います。

お買い物『HMV - 交響曲第9番『合唱』 ザンデルリング&ベルリン響(ベルリン市制750周年記念演奏会ライヴ)(ライブ盤)【CD】-ベートーヴェン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

ザンデルリンクの「第9」

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

dokuoh様のザンデルリンク評、興味深く拝見いたしました。

私も聴きましたが、素晴らしい演奏ですね。一楽章からその風格のある峻厳なたたずまいに驚かされました。拙blogでも採り上げましたが、これだけの演奏なかなか聴けないですね。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 2008/01/09(水) 22:27:02 |
  • URL |
  • kitaken #hlUuv8.g
  • [編集]

明けましておめでとうございます

kitakenさん、

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。
また、コメントが大変遅くなり申し訳ありません。

ブログ拝見しました。演奏の精度が悪くいですが、それも気にならなくなる演奏だと思います。オケの精度があれば、最高の演奏になりえたと思います。

今年も音楽談義を楽しみにしております。貴ブログにもちょくちょくお邪魔いたますので、よろしくお願いいたします。

  • 2008/01/13(日) 00:18:32 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。