DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
mahler_haitink.jpg

Mahler Symphony No.5

Bernard Haitink
Amsterdam Concertgebouw Orchestra


Philips (464 321-2)



クリスマスマチネー・ライブの中でも、この5番は私にとっては究極の演奏で、この演奏に心酔しきっています。もう他のマラ5は考えられないというほどに。
支離滅裂で全部を聴き通すのが辛いこの曲を、大音響ではなくメルヘンと滑らかで均整の取れた歌、そして程よいテンションによって最後まで聴かせてくれる数少ない演奏です。

一、二楽章の気難しい音楽を、勢いや情念に任せるのではなく、音符の持つ力をそのまま引き出し、昇華することによって均整の取れた音楽を聴かせてくれます。ゆえに聴き疲れせず、最後まで聴くことができます。ところどころ見せる弦の不安定な響きも美しい。

三楽章は短絡的に明るく演奏するのではなく、どこか遠鳴りするような奥ゆかしさがあります。なんとメルヘンチックな美しい音楽!

白眉は四楽章、有名なアダージェット。もうこれは唯一無二の究極の名演で、これ以上の演奏は考えられません。とにかく、テンポが素晴らしい。ゆっくり目のテンポでフレーズは深く呼吸し、有機的に繋がり、その消えゆく様はまるでふっと空に雲が融けるよう。そしてむやみに官能に溺れない。だからこそ余計に切ない。
最初から繊細の極みでたっぷり憂いを含み、静かにため息をつき、歌う、歌う。多少粘度を持ち、全てのフレーズは深くため息をつき、そのため息を一つ一つ慈しみながら奏でられる。そして、それが不自然だったり、恣意的なところは全くなく、まるで決して手の届かない想い焦がれた美しい女性を目の前にしながら、ふっとその美しさに吸い込まれ切なくなるかのように、どんどん音楽に堕ちていく。
特に最初のテーマが戻ってくるところの繊細さと静けさは、震えぜずにいられません。極度に引き伸ばされたテーマが、やるせなく涙が止まりません。
そして、最後。音楽が盛り上がり、フレーズの着地する様を聴いてください。これほどに心を揺さぶる演奏があるでしょうか。

五楽章冒頭のホルンを遠鳴りするところからセンスが抜群。音楽が盛り上がってからも音楽に勢いがあり、テンションも十分で最後の追い込みなど十分なカタルシスを味わうことができます。また、弦の歌は常に滑らかで艶があり、ただ勢いに任せていない美しさがあります。

残念ながら、世評の高い某演奏は私には「音の暴力」としか思えず、「音楽」ではなく、「音響」しか聴かせてくれない演奏だと思えてなりません。それも一つの解釈だとは思いますが、少なくとも私の中にあるマーラー像は大音響の裏にある素朴でシャイなところにあるのです。(こんなことを書くと多くの人を敵に回しそうですが・・・)


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

こんばんは。
私もこのハイティンクのクリスマスマチネーのセットを持っています。
第5番に関して言えばテンシュテットやショルティを聴くことはありますが、このハイティンクを聴くと古巣へ戻ったような安堵感があります。

食べ物で言うと外食ではなく、家庭の味のような良さとでも言うのでしょうか。

  • 2008/01/17(木) 21:32:02 |
  • URL |
  • ピースうさぎ #mQop/nM.
  • [編集]

やはりこれですよね

ピースうさぎさん、

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
やっぱりこれですよね。ネットでもこの選集を推す人が多いですね。こんな素晴らしい演奏が廃盤とは信じられません。

  • 2008/01/17(木) 22:18:02 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

大音響

こんばんは。私はマーラーはほとんど聴きませんが、以前からの疑問がありました。何故あんなにうるさい音響が必要なんだろうと。ひとつ大きな疑問が解けました。ゲルギエフで聴いた時(ライブ)は大音響がことごとくプラスに作用していましたが、ハイティンクのような演奏があるのですね。

  • 2008/01/19(土) 22:52:57 |
  • URL |
  • calaf #-
  • [編集]

4番が好きな人

calafさん、

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
マーラーの「音響」しか聴いていない人は2番とか5番が好きな人が多いですよね。なのであの私が最も苦手とする指揮者の演奏がもてはやされています。でも素直に彼の特徴が出た4番を好きな人はその「音楽」を聴いていると思うのです。
ハイティンクの演奏をお聴きになれば、calafさんのマーラー像は変わるかもしれません。

  • 2008/01/19(土) 23:22:36 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokuoh.blog35.fc2.com/tb.php/216-9d31ee91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マーラーの交響曲第5番 その1、前置き編(長文注意)

 今度はマーラーの第5交響曲を定期演奏会でやるんでしょう?。まだ中学生なのにすごいねぇ!!。  で、その曲についてちょっと。  っていうかメールしようと思ったのだけど、パパがこの曲で思っていることを書いていたらあんまり長くなったのでお手紙にします。  は...

  • 2008/01/25(金) 15:02:25 |
  • yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真
このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。