DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
bru9_bosch.jpg

Bruckner Symphony No.9

Marcus Bosch
Sinfonieorchester Aachen


Coviello CLASSICS (COV 30711)



彼は最期の瞬間、どこを、何を見ていたのだろうか?この神に捧げる最後の交響曲の最後の楽章の完成をただただ夢見、ついに完成することなく肉体が朽ち果てた彼は。

もはや最晩年ブルックナーの魂が神の領域に達していたことは疑いもなく、この作品が人類が生み出した芸術の最高傑作の一つであることを信じて疑いません。一体ブルックナーに見えていたものは何だったのか?混沌と秩序とが、光と闇とが交錯し、螺旋を描いて調和する姿か?凡人には想像もつかない世界だったことでしょう。

前三楽章でも今までの曲と比べ非常に曖昧模糊とした抽象的な曲ですが、四楽章では更にその度合いが強くなります。聴いたことない不思議なハーモニー、とりとめのないリズムの変化、頻発するブルックナー・パウゼ。フラグメントから起こされた補筆版ですらそう感じるのですから、ブルックナーが完成したであろう最終版はどんなものになっていたのだろうか。「色即是空・空即是色」、般若心経の有名な一節ですが、「有」と「無」の区別がない、究極の姿が現出したことでしょう。

その姿を最後まで見せることなかった究極の交響曲、ブルックナー交響曲第9番の四楽章の補筆版の演奏で、納得の行く素晴らしい演奏が登場しました。ブルックナー指揮者最後の希望、ボッシュの演奏です。前三楽章の出来と共に、今まで最高の四楽章付きの演奏です。きっと10分の1は最終版の感動が再現出来ていることでしょう。いや、常人にはそれで十分すぎます。これ以上は命を危険に曝しかねません。
まずは、肝心の四楽章から取り上げます。

天上のハーモニーが奏でられる三楽章が終わり、静かに始まる不思議なモチーフに導かれ巨大な威容が出現する。そこから全く未知の世界です。この四楽章には所々に耳慣れた前三楽章のモチーフが使われています。そのモチーフの再利用の巧さはブルックナーならではでしょう。
展開部、再現部でのクライマックスの巨大さは8番の終楽章の比ではなく、この世にこれ以上スケールの大きい音楽は無いと断言します。
この楽章で一番感動的なのは再現部の静かに奏でられるテ・デウム音形(15:02)。まるで雲に乗り、雲海の中を軽やかに飛んで地球の大地を見渡しているようです。ビックバンに始まった無秩序から、やがて宇宙が晴れ、恒星や銀河などが誕生し秩序が生まれ、そして生命の惑星、地球が誕生する。その激しくも平静な生命の星の姿に激しい衝撃と感動を覚え、震え、涙が止まりません。神が起こした生命誕生の奇跡に、神の無限の慈悲に、畏敬の念を強く感じるのです。
コーダはほとんどスケッチが残っていなかったのもあり、弱くなってしまうのは致し方ないですが、ボッシュの力量もあり、ヴィルトナーの演奏にあったような物足りなさはありません。全曲通して聴き終わった後は、激しい疲労感に襲われます。

最後に晩年自身が神の使徒となったヴァントが、最後の来日を果たす前に未完の交響曲を書いた二人の作曲家についてインタビューに応えた内容を記しておきます。

「二人の作曲家とも、完成させる時間は十分にあったが、沈黙してしまった。この沈黙の意味は何か。私は説明できないが、人間の世界を超えた何かを感じる。演奏者、聴衆ともに、この『何か』を感じ取る努力をしなければならない」

もしかしたら、安易にこの未完の四楽章に思いを馳せることは、神への冒涜であり、愚行なのかもしれません。
(無論、この楽章の補筆に生涯をかけているサマーレらはこれに該当しません。)

お買い物『HMV - 交響曲第9番(2007年校訂フィナーレ付) ボッシュ&アーヘン交響楽団(ハイブリッド)【SACD】-ブルックナー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

こんにちは

dokuoh様
ご無沙汰しております。ボッシュはdokuoh様が最後の希望と書かれたブルックナー指揮者であり、興味が尽きません。今までブルックナーの交響曲第9番については「終楽章を聴きたかった」という思いが強かったのですが、補筆完成版に触れることはありませんでした。しかしながら、ボッシュがついにその補筆完成された第9のレコーディングを出したということで、これはぜひ聴いて見たいと思います。

  • 2008/03/20(木) 15:43:47 |
  • URL |
  • kitaken #hlUuv8.g
  • [編集]

こんにちは。
これ、最初ヴァント・ミュンヘンのボックスと一緒に注文していたのですが、入荷が遅れたので、キャンセルしたのです。
dokuohさんのレビュー次第で、明日HMVかタワーに走るかもしれません。

  • 2008/03/20(木) 15:44:18 |
  • URL |
  • garjyu #4A9T8td.
  • [編集]

ボッシュ

kitakenさん、

こんにちは。コメントありがとうございます。
ボッシュは本当に素晴らしい指揮者です。まだ40前とは思えません。好みは分かれるかもしれませんが、まずは8番からお試しください。
実は以前このブログでアーヘン響の団員の方から来日の話を伺っていたのですが、まだ実現していません。首を長くして待とうと思います。

  • 2008/03/21(金) 12:40:33 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

走ってください(笑)

garjyuさん、

こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
是非HMVかタワレコに走ってください(笑)。ボッシュの新譜は一度入荷するとすぐになくなってなかなか再入荷しないのですよね。
この演奏はヴァント/ミュンヘンと並んで一生大切にしたい一枚であります。

  • 2008/03/21(金) 12:43:23 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。