DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
mahler_bertini.jpg

Mahler Symphony No.6

Gary Bertini
Kölner Rundfunk Sinfonieorchester


EMI CLASSICS (9646 3 40238 2 5)



4番同様、マーラーを聴く一つの基準となるのが6番だ。ドロドロしてグロテスクなこの曲を、美しく昇華させてくれるかどうかが、マーラー振りとして評価するかどうかの私の基準になっている。私はこの曲に怨念を求めていない。求めているのはあくまで純音楽的な美だ。ベルティーニがこの曲を美しく聴かせてくれるのは至極当然。いずれ取り上げようと思っているハイティンク/フランス国立管の最新ライブがマイ・ベストだが、ベルティーニはそれに次ぐか、匹敵する美しい「悲劇的」を聴かせてくれる。
この曲の勝負が決まるのは一楽章のヴァイオリンによる第二主題だろう。ここを美しく聴かせてくれれば、後は安心できる。ベルティーニは透明感のある実に清廉とした演奏をする。特筆すべきは再現部の美しさだろう。歌うところではテンポを落とし、極上のハーモニーを奏でる。一楽章の最後のクライマックスでのテンションの高さ、迫力はハイティンク盤を上回り、聴いてて体が熱くなる。
二楽章の切れ込みの鋭さはハイティンク盤には無かったものであり、ベルティーニに一日の長がある。
もう書くまでもないが、三楽章はベルティーニの独壇場。美しい、とにかく美しい。甘くなく、ちょっと苦味の利いた美しさだ。バルビローリがミルクと砂糖入りのコーヒーだとすると、このベルティーニはブラック・コーヒーという感じだ。
四楽章でも決して音楽が濁らない。ドロドロした怨念が美しい音楽に昇華され、低俗にならず格調の高さを保っている。四楽章、最後の一撃は控えめ。あれ?と思うかもしれないが、このマーラーの終わり方はこれでいいのだと、不思議と納得させられる。

お買い物『HMV - 交響曲全集 ベルティーニ&ケルン放送響(11CD)【CD】-マーラー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。