DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet16_zender.jpg

Beethoven Symphony No.6 "Pastolare"

Hans Zender
Rundfunk-Sinfonieorchester Saarbrüken


CPO (999 474-2)



意外にもこれまで「田園」を取り上げたとこはありませんでした。再び春らしい曲を取り上げましょう。

ハンス・ツェンダーは現代最高の実力を持つ指揮者なのにも関わらず、今だ「知る人ぞ知る」指揮者かもしれません。私などは「現代のシューリヒト」と呼びたいくらいの実力の持ち主です。その芸風はシューリヒトの自由自在さにロスバウトのドライさを加えたと言えば、当たっているでしょうか。朋友のギーレン同様ドライさばかり強調されるようですが、実際の音楽はそんなことはありません。

10年近く前に「ハンス・ツェンダー・エディション」としてCPOレーベルから発売されたツェンダーの演奏は珠玉の演奏ばかりで、特に古典の作曲家の演奏は唯一無二のものも多々あります。彼は作曲家であり、現代音楽のスペシャリストとして名を知られていますが、私はむしろ彼は古典に適性を示していると思っており、彼の古典の素晴らしさは、シューリヒトを始めとする往年の巨匠達に匹敵する素晴らしいものだと確信しています。
彼のテンポは速めでシューリヒトのそれを彷彿とさせます。ですが、シューリヒトがときに見せる大胆なテンポ操作はなく、基本的にスコアをそのまま音にしようとした演奏です。ツェンダーの素晴らしさはその速めのテンポの中に豊かに溢れる歌にあります。速めのテンポながら決してせかせかしたり硬質にならず、常に自然で歌が溢れています。

一楽章、どうでしょう、この活き活きとした豊潤な歌は!これでこそ「田園」です。テンポが速いと感じません。テンポの良さが音楽に生命力を吹き込んでいます。最後、ヴァイオリンが高らかに歌い上げるところ(7:31)など、涙が止まりません。このツェンダーの演奏を聴くと何度でも涙してしまいます。

二楽章の柔らかく繊細な歌が素晴らしい。これが現代音楽を得意として、一般にドライだとステレオタイプで見られている人の音楽だろうか。最後(11:41)の鳥達の歌声も完璧です。

三楽章ではテンポの良さが非常に奏功して活き活きとした農民達の踊りを描写しています。活き活きとして本当に楽しい。

四楽章、嵐でのソリッドで激しいティンパニの打ち込みなど、効果抜群です。しかし、ただ凶暴な音響にするのではなく、きちんと統制が取れています。五楽章への移行も大変素晴らしく、嵐が去っていく情景が目に浮かびます。

五楽章冒頭の遠鳴りするホルンは、本当に遠くのアルプスの山々から響いてくるようで、その描写が大変素晴らしい。その後の「感謝の気持ち」も繊細に見事に歌い上げています。(8:07)からなど、その優しさに涙を禁じ得ません。これほど繊細で優しい歌を奏でる人を、「ドライ」という一言で片付けられるでしょうか。

数年前、カルロス・クライバーの「田園」が発売されましたが、多くの絶賛の声に非常に疑問を感じました。カルロス・クライバーは好きな指揮者ですし、実演にも接していますが、カルロス・クライバーの演奏は全ていいといった風潮には断固として拒絶します。似たスタイルの「田園」では、断然このツェンダーを聴いていただきたい。すでに廃盤になり手に入りにくくなっていますが、この演奏が埋もれてしまうことは本当にもったいないことだと思います。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。