DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
mozart_sq_scubert.jpg

Mozart String Quartet No.15

Franz Schubert Quartet


Nimbus Records (NI 1778)



モーツァルトがここまで感情を吐露したことが他にあるでしょうか。モーツァルトの数少ない短調の曲の中でも、この曲は特別です。短調の曲に過剰に肩入れする日本人的感覚は好きではありませんが、この曲は私にとっても特別な曲なのです。

フランツ・シューベルトSQはある意味淡々と弾いています。ですが、その説得力は比類なきものがあります。激しい曲だから、短調だから大仰に演奏するケースが多いですが、そのような演奏よりもはるかに哀しみを伝えています。

神妙なソット・ヴォーチェから始まる一楽章。オクターブ下降の動機がフォルテで奏でられるときも決して声高に叫びませんが、心に染み渡り、心を引き裂きます。その後も一切叫びません。第二主題も明るいながらどこか憂いを含んでおり、実に含蓄深い。

二楽章。嗚呼、言葉が追いつかずもどかしい。言葉では絶対にこの気持ちを表現出来ない。特に(3:31)からの物悲しいヴァイオリンの調べから、続く絶妙なパウゼの後の(3:55)からのどうしようも無い孤独!わずかな沈黙から奏でられる孤独に一体何を語れというのでしょう。ここが私のこの曲を聴くときの一つの基準なのですが、これ以上の表現は考えられません。哀しみの量に於いて、この演奏を凌ぐ演奏を知りません。

三楽章。メヌエットとトリオの対比が素晴らしい。メヌエットは決して威圧的にならないが物悲しく、トリオはどこまでも透明で実に美しい。このトリオでは、特に1st Vnのツヴィアウアーの実力が光ります。

四楽章の変奏曲は哀しみが滴り落ちます。主題提示では振幅は大きくなく、幾分引きずるように、とぼとぼ歩くように奏でられます。下を向いて寒空を一人歩いているようです。ヴィオラが懐の深い音で奏でる第三変奏など、全て素晴らしいですが、特に素晴らしいのが第四変奏。幸せな第四変奏の前の絶妙なパウゼ!そしてそれに続くなんと美しく儚い音楽!幸せに満ちたメロディのなんと哀しいこと。明るいが故に、美しいが故に哀しみは増幅され涙が止まりません。
凄いのは続く終曲で、急に音楽は激しくなり、最後「嗚呼!」と天を仰いで終わってしまいます。何という終結!それはモーツァルトの絶望する姿なのか。このときモーツァルトの胸に去来したものは何か。何が故にこのような曲を書かなければならなかったのか。モーツァルトの他の曲には無い、激しい一面を垣間見た気がします。

お買い物『HMV - String Quartet.14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23: F.schubert.q【CD】-モーツァルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

でましたね

こんばんは。ハイドンセットのニ短調、でましたね。dokuohさんがいつ「隠し玉」披露されるのか待っていました。私は室内楽は苦手というより嫌い、しかも過激な副詞がつきます。が、何曲かはとても好きな曲もまた例外的に存在します。シューベルトのカルテットでアウリンを教えていただきました。このニ短調はすべての楽章が好きで弦楽四重奏にたいして私がもっているネガティブな部分は何一つ感じません。何故かしら、この曲だけは聴いてい一人で全部を演奏したくなるぐらいです。今でもそうですが私に能力があればピアノに編曲したいと思っています。私の頭の中で4つの楽器が鳴っていないのです。ひとつの楽器にきこえます。この曲の持つ求心力がそうさせるのだと思っています。

意外でした

calafさん、

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
室内楽が苦手なcalafさんがこの曲がお好きとは意外でした。
全くおっしゃる通りで四つの楽器の対話というよりも、一つの楽器と言うか音の塊というかに聴こえます。それだけ訴える力が強い曲だと思います。頷きながらコメントを拝見してしまいました。
ピアノに編曲できたら素敵でしょうね。

  • 2008/04/24(木) 20:54:19 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

(^^)!

この曲好きです。よくオケの仲間と演奏してます(全然出来てないけど^^;)。

聴いてみたいですね。

  • 2008/04/25(金) 21:41:56 |
  • URL |
  • brukabe #-
  • [編集]

そういえば

brukabeさん、

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
そういえば、MSQでお弾きになってるのですよね。紹介されていたズスケSQのやつはピッチが高くなっているのが残念です。ですがいい演奏ですね。ちょっと堅苦しく真面目すぎる嫌いはありますが。その点このフランツ・シューベルトSQの演奏は全てにおいてバランスが最高です。

  • 2008/04/26(土) 00:33:34 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

ひょうたんからこま

こんばんは。モーツァルトのニ短調ですが、ピアノ編曲の楽譜を見つけました。探してみるものですね。http://www.free-scores.com/ で見つけました。フリーでダウンロード出来ます。

是非録音を!

calafさん、

こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
あるところにあるものですね。是非calafさんご自身が演奏されて、録音してください!

  • 2008/04/27(日) 15:33:26 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。