DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
beet16_zender.jpg

Beethoven Symphony No.1

Hans Zender
Rundfunk-Sinfonieorchester Saarbrüken


CPO (999 474-2)



フォンクは一時お休みして、ブログ始めた時に最も書きたかったことの一つ、ツェンダーについて再び書いてみます。次のエントリへの伏線だったりするのですけどね(笑)。

ベートーヴェンの1番は、ベートーヴェンらしさという観点からはまだ個性を確立する前の作品であるが故に、他の交響曲よりも一段低く見られる傾向があるように思われます。私もその一人でした、そう、この演奏を聴くまでは。

ツェンダーのベートーヴェンの1番は唯一無二の演奏で、それまではこの曲に全くシンパシーが無かったのに、この演奏のお陰でその魅力に開眼しました。今のところこれ以上の演奏は考えられません。ツェンダーらしい速めのテンポで畳み掛けるのですが、硬質にならなずに歌が溢れだし、シューリヒト的アプローチでありながら、シューリヒトよりも成功しています。これを聴くとツェンダーの古典への適性を思い知ることができます(モーツァルトも名演)。

一楽章の序奏の歌の豊かさはどうでしょう。ツェンダーの真骨頂はこういったテンポのゆっくりしたフレーズにあります。ただテンポを速くして誤魔化した演奏とは一線を画しています。主部が始まってからの駆け抜けるテンポの良さは天下一品です。テンポが速くなってからも歌心を忘れておらず、ヴァイオリンは豊かに歌っています。硬くならないなんと豊潤な歌!

二楽章の冒頭のヴァイオリンの響かせ方からそのセンスが半端じゃありません。ここをべったりと弾き、のっぺりとなる演奏が多いのですが、程よく弾ませ音楽に生命力を吹き込んでいます。

実質的なスケルツォの三楽章。リズム良さは言うまでもありません。

四楽章は最高!これ以上の演奏は望めません。一楽章同様唯一無二の演奏です。速めのテンポで軽やかに駆け抜ける爽快感!体はリズムを取り熱くなります。軽やかに天を駆け抜ける様は正にシューリヒトのそれに通ずるものがあります。

先の「田園」とこの1番、もう一曲シェリングとのヴァイオリン協奏曲をカップリングしたこの一枚は私の宝物の一枚で、この演奏を紹介した友人達も異口同音に絶賛します。現在廃盤なのが本当に悔やまれます。是非ともなんらかの形で復活させて欲しいと思います。


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

ツェンダーのベートーヴェン

ツェンダーのベートーヴェン、是非、聴いてみたくなりました。今し方、ネットの中古品を注文したところです。
到着が楽しみです。♪

ベト1と言えば、シューリヒト&フランス国立の超名演が印象に残っています。ツェンダーとの解釈の違いも興味深いです。

  • 2008/05/10(土) 08:05:37 |
  • URL |
  • Kapell #n53L/O22
  • [編集]

シューリヒト超えています

Kapellさん、

こんにちは。拙ブログにコメントありがとうございます。

シューリヒト/フランス国立管の演奏私も持っています。素晴らしい演奏ですよね。しかし、ツェンダーはそれすらも超えると思っています。

ツェンダー是非お試しください。良かったら御感想お聞かせください。

  • 2008/05/10(土) 16:53:55 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

注文して楽しみにしておりましたら、何と在庫切れで入手不可との連絡が・・・!
中古盤を探してみます。

  • 2008/08/03(日) 10:05:51 |
  • URL |
  • Kapell #-
  • [編集]

ツェンダーのベートーヴェン

はい、海外から中古盤で入手出来ました。
これは本当に素晴らしい演奏です!詳しくは拙ブログの記事にアップさせて頂こうと思います。

  • 2008/08/17(日) 16:36:08 |
  • URL |
  • Kapell #n53L/O22
  • [編集]

嬉しいです

Kapellさん、

こんばんは。コメントありがとうございます。また、以前にもコメントをもらっておきながら、返事が大変遅くなりまして申し訳ありませんでした。
とうとうツェンダーのベートーヴェン入手されたのですね!共感してくださる方がいらしてとても嬉しいです。この演奏は世界遺産級だと思うのですが、廃盤なのが残念です。是非なんらかの形で復活して多くの人に聴いてもらいたいものです。

  • 2008/08/18(月) 21:59:27 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/09/07(日) 22:07:01 |
  • |
  • #
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokuoh.blog35.fc2.com/tb.php/246-3ed42d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ツェンダーのベートーヴェン

ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調作品21 ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」 ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61※ ハンス・ツェンダー指揮 ザールブリュッケン放送交響楽団 ヘンリク・シェリング(ヴァイオリン) CD・...

  • 2008/08/30(土) 19:26:37 |
  • JBL K2と共に・・・心に響く音楽を訪ねて
このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。