DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
schubert_pquintet_lewis.jpg

Schubert Piano Quintet "Trout"

Paul Lewis
The Leopold String Trio
Graham Mitchell


Hyperion (CDA67527)



CDレビューの書き方すら忘れた感がありますが(苦笑)、久しぶりのCDレビューです。しっとりとシューベルトの室内楽と行きましょう。シューベルトの晩年の深い闇も好きですが、八重奏やこの五重奏などのシューベルトらしいメロディ溢れる幸せな曲も大好きです。

最近、といってもかなり前に購入し、しばらく聴き続けた同曲の中でも最高峰の演奏です。なんと透き通って清々しい音楽!本当に渓流に来たような清涼感に包まれます。以前、ルイス/レオポルド弦楽三重奏団によるモーツァルトのピアノ四重奏曲を紹介し、この素晴らしさに彼らの「ます」が大変気になっていたのですが、予想どおりの素晴らしさでした。

ルイスの透明感ある粒立ちのいいタッチと、レオポルド弦楽三重奏団のピリオド・アプローチを多少取り入れたヴィブラート控えめの奏法が、より透明感、清涼感を演出します。そして音楽の流れの良さも特筆すべきでしょう。程よく弾むリズムと決して流れが滞らないテンポ感の良さが、淀まず絶え間なく流れる渓流と水中で躍動する魚たちそのものなのです。また、有名なソリストを招いて一時的に結成したアンサンブルにはない一体感があります。この一体感は他ではなかなか聴けません。バランスは常に極上。アンサンブルの精度も素晴らしいものがあります。

一楽章冒頭から清々しさに包まれます。鱒が飛び跳ねます。この音楽の鮮度はこの曲に絶対に必要なものです。

二楽章の繊細さも特筆すべきでしょう。メロディ偏重になったり甘くなりすぎず透明感を失っていません。

三楽章の躍動感も素晴らしい。

有名な四楽章の変奏曲。嗚呼、何度でも何度でも聴いていたい。第三変奏曲での愉悦感、第五変奏曲でのチェロの憂い、どれをとっても最高です。一つ一つのメロディが、過剰なカンタービレにより浮いてしまうことなく、極めて自然に流れるようにスッと心の中に入って来ます。

五楽章の心洗われる美しく幸せな響きはどうでしょう。これだけウキウキするのに涙が溢れるのは何故でしょう。その清々しさに胸一杯になってしまいます。

さあ、普段は忙しくて行けない渓流に、この演奏を聴いてココロだけ渓流に出かけよう。そして岩に腰を下ろし、森と渓流のマイナス・イオンたっぷりのしっとりした空気を吸い、深呼吸をしよう。ほら、さっきまココロに刺さっていたトゲが取れていくでしょう。

お買い物『HMV - シューベルト:ピアノ五重奏曲イ長調D.667《ます》/ルイス(ピアノ)、レオポルド弦楽三重奏団【CD】-シューベルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

おじゃまいたします。

久々の記事楽しく読ませていただきました。このジャケットのように澄んだ渓流に跳ねる「ます」を連想させる演奏のようで今度一度聴いて見ようと思います。

また楽しい記事がアップされること気長にお待ちしております。(お忙しいとの事でお体にお気をつけ下さい)

  • 2008/10/20(月) 19:25:52 |
  • URL |
  • やったくん #-
  • [編集]

ご無沙汰しております

やったくんさん、

こんにちは。ご無沙汰しております。暖かいコメントありがとうございます。再びコメントいただけでとても嬉しいです。

やったくんさんのように拙ブログを楽しみにしてくださる方がいらっしゃるのは励みになります。仕事が忙しいせいか、以前より意欲に非常に波がありますが、気が向いたときに更新したいと思います。最近またブログに向かう気持ちは湧いてきました。

  • 2008/10/22(水) 12:24:00 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

再開

いつも更新を楽しみにしています。
また再開されて嬉しいです。
わたしは室内楽が苦手(もっぱらオケ)
なので、紹介されたもので室内楽の
世界にも興味を広げたいと思います。
このCDもHMVでみつかりましたよ。

  • 2008/10/24(金) 12:10:50 |
  • URL |
  • わんわん2号 #MCt4fqwA
  • [編集]

初めまして

わんわん2号さん、

初めまして。コメントありがとうございます。更新を楽しみにしてくださるとのこと、大変光栄です。
私も室内楽は苦手でしたが、今となっては一番好きな分野です。相変わらず協奏曲は苦手ですが(笑)。辛抱強く付き合っていれば、室内楽は素晴らしい友となりえます。辛抱強く色々聴いてみてください。
今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2008/10/24(金) 22:00:46 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。