DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
mozart39_erich.jpg

Mozart Symphony No.39

Erich Kleiber
Kölner Rundfunk Sinfonieorchester


medici MASTERS (MM011-2)



一時期に比べると比較的落ち着いたのでしょうが、世の中は「塩ブーム」。塩キャラメルに始まり、塩チョコレート、塩アイス、塩ラーメン、塩、塩、塩・・・。

先日父ヤンソンスを取りあえげて、同じ指揮者として親子鷹のエーリッヒ、カルロス・クライバー親子を思い出しました。エーリッヒもカルロスの影に隠れがちですが、私は彼の作り出す音楽は息子のそれよりも好みます。あのシャープで気品溢れる演奏がたまりません。
ショートケーキのような生クリームたっぷりの甘ったるいモーツァルトではなく、「塩味」の効いたモーツァルト。キリリと引き締まって味に芯がありながら、しかしその味は奥ゆかしく、深い。まさに「塩モーツァルト」です。塩ラーメンのスープのような雑味のない味わい深さがあります。特筆すべきは音が立ち芯があるにもかかわらず、トゲトゲしくなっていないことでしょう。海水から作られる天塩は主成分の塩化ナトリウム以外にもマグネシウムをはじめとする沢山のミネラルを含んでおり、味に甘味と奥ゆかしさがあります。食塩はほぼ塩化ナトリウムのみで出来ており、味に舌を刺すようなトゲがあります。同じシャープな演奏でもただシャープな「食塩」な演奏が多いですが、天塩の演奏はなかなかありません。

一楽章冒頭のティンパニの三つの音も良くあるように引きずって物々しく演奏することなく、実に小気味良い。ただシャープで音が立っているだけでなく、深みがあります。主部に入ってからの優しさがただの「食塩」になっていない証左となっているでしょう。

下手な感傷に浸らない二楽章も素晴らしい。背筋は常に伸び、音楽は格調高い。

三楽章はスケルツォのようなシャープさです。しかし、決して音楽は濁りません。

終楽章が名演になるのは当然でしょう。音楽は引き締まって適度な推進力があります。私はこの楽章が大好きなのですが、この楽章で最も好きな演奏の一つかもしれません。非常に立派な音楽ですが、ベートーヴェンのような音楽になる一歩手前で踏みとどまっています。

感傷に浸れるモーツァルトではないですが、キュッと身が引き締まる思いがします。この味わいは大人のためのモーツァルトなのかもしれません。

お買い物『HMV - 交響曲第39、36番、オーボエ協奏曲、第39番リハーサル、他 エーリヒ・クライバー&ケルン放送響、他【CD】-モーツァルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

父クライバー

dokuohさん、こんにちは。

ウイーンフィルの古い団員なんかは、父エーリッヒよりも息子カルロスのほうが指揮者としての凄さは上だったと言うみたいですね。
でも私もエーリッヒの音楽のほうが好みです。この人のモーツァルトの最大の遺産はDECCA録音のウイーンフィルとの「フィガロの結婚」全曲ではないでしょうか。私の最も好きなフィガロです。

39番のディスクで一番好きなのはムラヴィンスキーです(これは宇野氏と同じです)。他には、イッセルシュテット/NDR(LIVE)、スイトナー/SKB(日本LIVE)、あたりでしょうか。やはり贅肉の無いきりりと引き締まった演奏が好きですね。

  • 2008/12/14(日) 11:56:50 |
  • URL |
  • ハルくん #SIR.BgG2
  • [編集]

モーツァルト39番

すみません度々。
もうひとつ、きりりと引き締まっていないけれど好きなのが有りました。モントゥー/NDRです。慈愛に満ち溢れた感じが良いですね。

  • 2008/12/14(日) 12:17:57 |
  • URL |
  • ハルくん #SIR.BgG2
  • [編集]

スイトナーが好きです

ハルくんさん、

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
39番は一番好きなモーツァルトの交響曲ですが、スイトナーのSKD/SKBとクーベリックを一番良く聴きます。スイトナーは両方いい演奏ですね。オケの音色がたまりません。ムラヴィンスキーもいいですね。実はモントゥー好きの私がこの39番は未聴なのです。いずれと思いつつ何年も経ってます。

  • 2008/12/14(日) 17:26:02 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

スイトナー

スイトナー/SKBの78年の東京公演は会場で生で聴いていました。本当に良い音色でしたよ。SKDとの違いは少し有りますがスイトナーが振るとどちらも良いですよね。

私はモントゥーをそれほどは好きでないのですがこの39番は好きですのでお薦め出来るかな?(笑)

  • 2008/12/14(日) 19:21:02 |
  • URL |
  • ハルくん #SIR.BgG2
  • [編集]

羨ましいです

ハルくんさん、

あのスイトナーとSKBの演奏を生でお聴きになったとは!羨ましいです。SKBはSKDと比較され一段低く扱われがちですが、スイトナーとの名演の数々はそんなことないと思わせます。モーツァルトの序曲集も素晴らしいです。

  • 2008/12/15(月) 20:38:22 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

スイトナー/SKB

SKBのあの公演ではCDにも入っていますが実はアンコールの「フィガロ」序曲が一番良かったです。SKBとの序曲集も本当に素晴らしいですよね。
おっしゃられるとおり私もスイトナーの指揮ではSKBとSKDとは互角だと思います。

  • 2008/12/15(月) 22:30:49 |
  • URL |
  • ハルくん #SIR.BgG2
  • [編集]

リンク張らせていただきました

ハルくんさん、

SKBとの中ではブラームスのハンガリー舞曲集が好きで、後はブラームスの交響曲、ドヴォルザーク、ベートーヴェンもなかなかです。

事後で申し訳ありませんが、誠に勝手ながら貴ブログにリンクを張らせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2008/12/16(火) 20:54:43 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

リンク

こんばんは!

dokuohさん、実はこちらもリンクを貼らせて頂いたところでした。同時にお互いに無断でということで、どうぞご容赦を。(笑)
こちらこそ今後とも宜しくお願い致します!

  • 2008/12/16(火) 22:20:09 |
  • URL |
  • ハルくん #SIR.BgG2
  • [編集]

ご丁寧にありがとうございます

ハルくんさん、

ご丁寧にありがとうございます。またリンクありがとうございます。

  • 2008/12/18(木) 00:39:36 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。