DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
mahler4_vonk.jpg

Mahler Symphony No.4

Hans Vonk
Esther Heidemen (Sp)
Saint Louis Symphony Orchestra


PentaTone (PTC 5186323)



これはフォンクとセントルイス響との最後の演奏会の記録です。この後フォンクは持病の筋萎縮性側索硬化症が悪化し、セントルイス響を退任。二年後帰らぬ人となります。

私はマーラーの4番が大好きです。マーラーらしからぬ愛らしく小さな曲で、マーラーの「音響」しか聴かない人達には敬遠される曲ですが、少なくとも前三つの交響曲よりは完成度が高いと思います。その大好きな曲でフォンクはとっておきの名演を最後に残してくれました。PentaToneから発売されたハンス・フォンク・レガシーの中で、特筆大書すべき名演ではないでしょうか。

この曲ではハイティンクのクリスマスマチネー・ライブコンセルトヘボウ管着任五十周年コンサートの二種を愛聴していますが、これはそれに匹敵するどころか、それ以上の素晴らしさです。マーラーの4番の頂点に立つ演奏といって過言でありません。フォンクの裏ごしされた粒子の細かい丁寧な音が、チャーミングなこの曲に非常にマッチしています。もちろんオーケストラからはコンセルトヘボウのような味わい深い響きは望めないものの、アメリカのオーケストラからこれだけの繊細で豊潤な響きを引き出したフォンクに脱帽です。(評判のバーンスタイン/ニューヨーク・フィルの演奏など大味で全く心に響いて来ない。)

一楽章から素晴らしいのが、その歌、歌、歌。(11:52)からの第二主題の泉のように湧いてくる豊かな歌など、これほどチャーミングな旋律でありながら、聴いていて涙が止まりません。なんと素敵なんだ!内側から歌がどんどん溢れてきてもう誰も止められません。所々現れるポルタメントが決して嫌味になることなく、実に気品があり、けばけばしいマーラーとは一線を画しています。最後のヴァイオリンの透明感も素晴らしい。

三楽章は白眉です。もう涙が止まりません。フォンクならではの絶妙なデュナーミクとアゴーギグ。音楽の性格できっちりとテンポを描き分けています。全てが堂に入っており、自然な流れを失いません。その一つ一つがなんと意味深いこと!全てのフレーズが涙を誘います。冒頭の透明感と繊細さはフォンクの真骨頂でしょう。(4:51)からの少し停滞気味に喋るヴァイオリンなど、実に儚く、死の臭いすら感じさせます。(6:45)からの中弦はこれだけ意味深い表現がかつてあったでしょうか!全奏(17:15)の後からは儚く美しい。(18:30)からのハープが入ってからの繊細さ、さらに(18:57)からは信じられない美しさ!何なんだこれは!死の臭いすら感じる病的な美しさに言葉を失います。何かとても大切なものが手から零れ落ちて消えてしまうようなどうしようもなく切ない気持ちになり、涙が溢れてきます。

四楽章、素晴らしいのがソプラノ独唱のハイデマン!可憐で清楚でありながら芯があり、私のベストのポップに肉薄する素晴らしさです。しかも適度の抑制が効いて過度に粘着質になることなく、フォンクの音楽と絶妙な調和を示しています。前三楽章とのつながりも無理がありません。

フォンク最後の演奏会が死を暗示するこの曲なのはなんとも皮肉ですが、フォンクの遺言として大切に大切に聴いていきたいと思います。

お買い物『HMV - 交響曲第4番 フォンク&セントルイス交響楽団、ハイデマン【CD】-マーラー/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

こんばんは。

私はマーラーの4番は好きですが、1番、2番のほうがやはり好みです。特に2番!あれは大傑作だと思います。
4番の演奏ですが、フォンク盤はもちろん聴いたことがありません。バーンスタイン/ウイーンPO(First Classicの海賊盤ですが)、ワルター/ウイーンPOの1955年盤、1960年盤がベスト3です。

  • 2009/01/30(金) 00:14:35 |
  • URL |
  • ハルくん #SIR.BgG2
  • [編集]

1,2番・・・

ハルくんさん、

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
1,2番ですか・・・。私は苦手なのですよ。どうも大仰であざとさが感じられてしまうのですよね。3番は大好きなのですが。
ワルターの55年は私も好きです。でもやはりマーラーはいい録音で聴きたいというのが本音です。

  • 2009/01/30(金) 19:40:49 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

3、4番・・・
もちろん好きですが、やはり1,2番が好きです。「あざとさ」は全く感じないなぁ。真摯な情熱を感ますし、2番などは崇高さや敬虔さを感じます。9番に次ぐ傑作ぐらいに思っているのですが。
これは好みが完全に分かれましたね。(笑)

  • 2009/01/30(金) 23:26:43 |
  • URL |
  • ハルくん #SIR.BgG2
  • [編集]

好みはそれぞれ

ハルくんさん、

今までのやりとりの中では比較的好みが一致していましたが、ここまで好みが分かれたのは初めてですかね(笑)。私は9、大地、6がベストスリーです。

  • 2009/01/31(土) 15:53:39 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。