DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
mozart38_maag.jpg

Mozart Symphony No.38 "Prague"

Peter Maag
Orchestra di Padova e del Veneto


ARTS (47364-2)



昨日は息子の誕生日、今日は娘の誕生でした。このブログを始めた頃、娘はまだ妻のお腹の中で、息子は今の娘と同じ年でした。本当に子どもの成長は早いです。

純真無垢な子ども達の誕生日を祝福するには、これまた純真無垢な音楽でなければなりません。合い相応しい演奏はないかとCD棚を眺めていたところ、ふとこの演奏が目に留まりました。久しぶりに聴いて心が洗われました。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトという純真無垢な作曲家と、ペーター・マークという純真無垢な指揮者。これほど童心に返らせてくれる音楽はありません。

マークという人はスター街道を歩み出した絶頂期に、スター街道に背を向け世俗の垢を落とすため香港で禅の修業をしたそうですが、そういった生き様は音楽に如実に現れています。このモーツァルトも、均衡を破って強奏されるホルンや鋭い弦の切り込みなど、決して耳に心地よい響きではないのに「美しい」と感じる。マークの音楽は表面ではなく内部が透き通っており、モーツァルトのそれと深く共鳴しているのです。残念ながらマークの実演に接することは出来ませんでしたが、ジャケットから拝見するその純粋な笑顔に吸い込まれてしまいます。

モーツァルトの音楽の純真に迫る時間軸の流れは、二つあると思っています。一つは老いて枯れていく過程で子どもの純真に戻っていく時間軸を進める方向、もう一つは時計が逆に回り、子どもそのものに戻る時間軸を戻る方向、マークの音楽は後者に相当するのではないでしょうか。

モーツァルトのシンフォニー中で最も幸せな「プラハ」をマークが奏でると、相乗効果でなんと幸せな音楽になるのでしょう。聴いていて本当に心の垢が取れていき、子ども達と童心に返って夢中になって遊んでいるときと同じような感覚になります。

完全に子どものような純真さを保つのは難しいでしょうし、これから更に世知辛くなる世の中を生きて行くには多少のしたたかさが必要ですが、子ども達にもずっとこの音楽に共感できるような心を持ちつづけて欲しいです。

お買い物『HMV - 交響曲第38番「プラハ」、交響曲第39番 マーク&パトヴァ・ヴェネト管【CD】-モーツァルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

誕生日おめでとうございます

こんにちは。私ぐらいの年齢になりますと誕生日ほとんど嬉しくないものの、子を持つ親にすれば、それこそ真っ先に刻印すべき事柄ですね。最近まで覚えていたのですが、3人の子供の誕生会はケーキの種類まで覚えていたのですが(それぞれ5才くらいまで)、最近ではまったく記憶がありません。子供の記憶が薄い時こそ、代わりに親が覚えておくのも親のつとめではないかと当時は思っておりました。

当時の欧州ではすべてマリア・テレジアの意向が行き渡り、就職を阻まれたモーツァルト父子でしたが、伝統ある中央ヨーロッパの古都市プラハで歓迎された喜びは想像するにあまりあります。この曲は私のモーツァルトでは好きな曲ではなかったのですが、モーツァルトの手紙を読む機会があってから、転向しました。

ペーター・マークはメンデルスゾーンしか知りませんが、良い意味でのニュートラルを感じさせる指揮者と思っています。

  • 2009/02/15(日) 06:35:17 |
  • URL |
  • calaf #-
  • [編集]

マークとは嬉しい!

マークのモーツァルトが取り上げられ,
嬉しくてコメントしています.

ぼくもマークのモーツァルト,大好きなんです.
おっしゃるように,マークは晩年に至るまで枯れることなく,
心の芯に温かさが灯るような音楽を奏でてくれました.
このARTSのモーツァルトは,純粋さもさることながら,
音を割ったホルンや内声部の強調,テンポの大胆な伸縮などに
マークの表現意志が貫かれていますね.
《プラハ》は彼の十八番ですが,ぼくは東京都交響楽団とのライヴも愛聴しています.

  • 2009/02/15(日) 07:16:37 |
  • URL |
  • ナオG #QcvFoV/6
  • [編集]

ありがとうございます

calafさん、

こんばんは。お祝いのお言葉ありがとうございます。
娘が生まれたときにはcalafさんにもお祝いのお言葉を頂いておりましたので、あれから三年とは驚きです。
さて、「プラハ」ですが、モーツァルトのシンフォニーの中にあってやはり異質なので、calafさんがお好きでなかったのがなんとなく分かります。ですが、おっしゃる通り、その幸せの交響曲は溢れる喜びを湛えており、聴く者を幸せにしてくれます。マークのモーツァルトは個性的ですが、とても素晴らしい演奏揃いです。

  • 2009/02/15(日) 22:09:52 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

マーク最高です

ナオGさん、

こんばんは。コメントありがとうございます。
マークのモーツァルトは最高ですね。「プラハ」は私は若き頃のロンドン響との演奏も愛聴しております。マークのモーツァルトの凄いところはあれだけ個性的な表現でもモーツァルトの音楽が活き活きしているところだと思います。表面でなく深い部分での共感あってのことだと思います。

  • 2009/02/15(日) 22:13:17 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。