DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
haydn_sq77_gewand.jpg

Haydn String Quartet No.77

Gewandhaus Quartett


NCA (60148-210)



「意志の強い作曲家」というと真っ先に思い浮かぶのはベートーヴェンでしょう。「苦悩から歓喜へ」。不屈の精神で不遇の人生と戦い続け、その戦いの中から人類の至宝とも言うべき作品を数多く生んだベートーヴェン。

しかし、私はハイドンにもまた違った強さを感じるのです。彼の残した膨大な作品に影はなく、常に前向きです。立ち止まることなく挑戦しつづけ、音楽を産みつづけたその精神の強さはいかばかりだったのでしょうか。ハイドンの音楽からもらえる元気は、そういった前向きさからもたらされるのだと思います。

ハイドンの残した膨大な弦楽四重奏曲の中の最高傑作でもっとも有名な77番「皇帝」。現在のドイツ国歌、当時のオーストリア国歌として有名な二楽章はどこかできっと聴いたことがあるメロディーでしょう。ハイドンはイギリスに滞在中にその国歌に感銘を受け、ナポレオンの侵略に脅かされていた祖国オーストリアのためにこの曲を書き、フランス軍が侵攻する中、体を病魔に蝕まれていながらウィーン陥落の日までこの曲を弾き続けたといいます。今に伝わるそういったエピソードの中にもハイドンの強さを見出すことができます。

先日素晴らしい演奏を聴かせてくれたゲヴァントハウス弦楽四重奏団がこの曲を至高の演奏で聴かせてくれます。彼らの音楽性はベートーヴェンの初期やハイドンの弦楽四重奏との相性がいいのです。特にハイドンとの相性は最高ではないでしょうか。彼らのハイドンの録音がこれしかないのは至極残念です。

全くの自然体。音楽は決して力まずどこまでも美しい。1st Vnのエルベンを始め、各パートのふっくらして柔らかい美しい音は特筆すべきでしょう。ハイドンの音楽にはベートーヴェンのような力みはいらないのです。二楽章は何度も何度も繰り返し聴いても飽きません。

センチメンタリズムでは目の前の問題は解決しない。たとえ間違っていても前に進み続けることこそ問題解決に結びつく。ハイドンの音楽にはそういう強さを感じます。

お買い物『HMV - 『五度』『皇帝』『日の出』 ゲヴァントハウス四重奏団(ハイブリッド)【SACD】-ハイドン/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

はじめまして!

こんばんは!

ハイドンの弦楽四重奏曲。
長らく聴いていませんでした。
しかし、今回記事を読ませていただいて、
また、聴いてみたくなりましたよ。
僕は、確か「五度」が好きでした^^
アルバンベルクSQで聴いてました。
また、再度聴いていきたいと思います。

ありがとうございましたv-410

  • 2009/02/21(土) 23:01:09 |
  • URL |
  • せばすてぃあん #-
  • [編集]

初めまして

せばすてぃあんさん、

初めまして。コメントありがとうございます。

ハイドンの弦楽四重奏は大好きです。気楽に、しかし音楽を楽しむことが出来ます。
このCDには「五度」も入ってしますので、ぜひともお聴きなってください。

今後ともよろしくお願い申し上げます。貴ブログにも遊びに行かせていただきます。

  • 2009/02/21(土) 23:16:38 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

ドイツ国歌

こんばんは。

二年前にドイツへ仕事で行った時に、向こうの人に「ドイツの国歌を作ったのは誰だか知ってるか?」と聞いたら知らなかったので、ハイドンだと教えてあげました。

私はこの曲は現代的なカルミナSQで聞いています。

  • 2009/02/22(日) 18:39:53 |
  • URL |
  • ハルくん #SIR.BgG2
  • [編集]

かわいそうなハイドン先生

ハルくんさん、

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
やはり意外とハイドンが作曲したという事実は本場ドイツでも有名でないのですかね。かわいそうに。
ドイツ出張とは羨ましいです。うちはアメリカ資本でヨーロッパに行く機会が少ないのです。仕事で行ければ最高なのですが。

  • 2009/02/22(日) 22:01:56 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

旧東独のカルテット

dokuohさん、こんばんは!
異常の遅いコメントで申し訳ありません(汗)。ハイドンの弦楽四重奏曲は大好きです。初期の作品から名曲の宝庫だと思います。
ところでゲヴァントハウス四重奏団といえば、自分がクラシックを聴き始めの頃は第1vnがカール・ズスケだったように思います。
自分はゲルハルト・ボッセ時代のベートーヴェンのラズモフスキー弦楽四重奏曲の録音が大好きでした。これをきっかけに旧東独のカルテットの興味を持ち、ズスケ時代のベルリンSQのベートーヴェン全集を1枚3200円もする時代に、少しずつ買い進めていった思い出があります。
dokuohさんの記事を読んで、今はゲバントハウスSQもボッセ時代からメンバーがすっかり変わり、新風が流れているのを感じることができました。それで思わずコメントを書いてしまいました。

  • 2009/03/04(水) 18:08:14 |
  • URL |
  • アルトゥール #-
  • [編集]

変化を楽しむ

アルトゥールさん、

こんばんは。コメントいただけてとても嬉しいです。

伝統のある弦楽四重奏団にはメンバーが入れ替わってその音楽性が変わる楽しみがあります。中にはメンバーが替わって趣味に合わなくなる団体もありますが(タカーチなど)、それぞれの良さがあって面白いですね。新ゲヴァントハウスは伝統に根ざしているものの、ズスケやボッセの時代とは違った洗練された魅力があります。本当に素晴らしい団体ですよ。

お体の調子はいかがでしょうか。いい音楽を沢山お聴きになって心の栄養を補給してください。

  • 2009/03/05(木) 23:00:57 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。