DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
schubert_kempff.jpg

Schubert Piano Sonata No.13

Wilhelm Kempff


Deutsche Grammophon (463 766-2)



ケンプのシューベルトは外面的な効果を全く狙っていない分、最初のインパクトに欠けるが、聴けば聴くほど感動が増してくる。はじめは理解出来なかった表現も、いつのまにかそれしかないと思わせ、深く共感していく。
13番などの愛らしい曲ではケンプの真骨頂である。一楽章、冒頭の出だしから美しい。過度に情緒的に歌うのではなく、音楽は前に進み生き生きとしている。このバランスが絶妙である。テンポは微妙に伸び縮みするが、それが全くいやらしくない。再現部で第二主題が奏でられ、エコーで音量が落ちるとき、わずかにテンポを落として、抱きしめて慈しむように奏でる。私はいつもここで涙してしまう。本当にいとおしい。曲に対する愛が溢れている。ここを聴くといつも至福の時を過ごすことができる。(今回の記事はとにかくこれが書きたかった!^^;)特に繰り返しの二回目の素晴らしさ。メカニックに繰り返すではなく、きちんと繰り返しを弾き分けて、意味付けをしている。冗長だと批判されてしまうシューベルトの曲も、これだったらいくらでも繰り返しをして欲しくなる。二楽章の弱音での繊細なニュアンス。聴いてて本当に幸せになる。

後期の3大ソナタはもちろん、6番、7番といった初期のソナタも必聴。この全集は、各曲をつまんで聴くのもいいが、通して聴きたくなる、また、無理なく通して聴ける全集だと思う。

お買い物『HMV - ピアノ・ソナタ全集 ケンプ(p)(7CD)【CD】-シューベルト/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

大共感しました

はじめまして、シューベルトとケンプで検索して、さまよっていたら、こちらにたどり着きました。mimodannaと申します(31歳・男・妻有・2.5歳の息子1人)。ちょうど、私もケンプ-シューベルトにうたれ、拙ブログにエントリーしたところで、dokuohさんのコメントには、ひたすら頭を上下させました。なんというか…何ひとつ、補足・修正の余地なしで、ケンプの余韻を上手に表しているなぁと嬉しく思い、私の感動をトレースしていただいた気持ちです。他のエントリーも、後ほど熟読します。

トラックバックしてもよろしいでしょうか?また、今後もちょくちょく遊びに来たいので、リンクをはらせて下さい。まずは、ご挨拶まで。

  • 2005/12/07(水) 16:37:37 |
  • URL |
  • mimodanna #-
  • [編集]

ありがとうございます

mimodannaさん、はじめまして。お褒めの言葉ありがとうございます。書き物には全く自信が無く、いつも書いては「才能ねぇなぁ」と自己嫌悪に陥っていますが、こんな駄文でも読んで共感してくださる方がいると思うと、とても励みになります。(じつは、このブログを始めたもう一つの動機は文章能力を鍛えることだったのです^^;)
奇遇にも、私はmidodannaさんと同年代で、息子が2歳です。お互い子育てがんばりましょう!
トラックバック、リンク大歓迎です。許可無しにどんどんやっちゃってください。
ブログ拝見しました。絵がお上手!感心しました。これからも「クラシック音楽漫画」とても楽しみにしています。
これからもよろしくお願いいたします。

  • 2005/12/07(水) 23:46:52 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]

こちらこそ

よろしくお願いします。ああ、やっぱり息子さんでしたか。なんとなく、そんな気がしましたです。ちなみに、私もバカ親度には自信があります(プロフィールを拝見しました)。こういう出会いができたことの嬉しさのあまり、また書き込んじゃいました。お忙しいでしょうから、このコメントに対する返信は不要です。

ところで、文章、下手じゃないですよ。よく思うのですが、文章には上手い・下手よりも、もっと大切なことがあって、それは多分「誠実さ」です。dokuohさんの文章には、そういう誠実さを強く感じます。どうか、そのまま続けてください。私にとって、とても励みになりますので。

  • 2005/12/08(木) 00:22:47 |
  • URL |
  • mimodanna #-
  • [編集]

おはずかしぃ

mimodannaさん、コメントありがとうございます。生まれてこの方「誠実」などという形容詞で呼ばれたことがありません。大変光栄です。今後も精進いたします。
お互い「バカ親」頑張りましょうね。^-^
リンク張っていただき、ありがとうございました。こちらからもリンクを張ってよろしいでしょうか?

  • 2005/12/09(金) 00:02:23 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokuoh.blog35.fc2.com/tb.php/29-5a217798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック音楽劇場 連載開始

前回のエントリーの続きで、ヴィルヘルム・ケンプ(Wilhelm Kempff)について。最近、ケンプのLPを購入して、針をおとしたわけですが、びっくりしちゃいました。フランツ・シューベルトのピアノ・ソナタを2曲おさめた...

  • 2005/12/08(木) 00:11:36 |
  • オーパス・ゼロ opus-zero
このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。