DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
haydn_cellocon2_schuricht.jpg

Haydn Cello Concerto No.2

Carl Schuricht
Enrico Mainardi
Radio-Sinfonieorchester Stuttgart


hänssler CLASSIC (CD 93.150)



畳み掛けてシューリヒトのハイドンをもう一つ紹介します。

実はこのCD、他の「軍隊」や95番目的で購入し、それらがシューリヒトにしては期待したほどの演奏ではなかったので(もちろん凡演ではない)、しばらくお蔵入りしていたのですが、全く期待せずにカップリングのマイナルディと組んだチェロ協奏曲の2番を聴いて、衝撃を受けたのです。

最初聴いた時、一楽章冒頭の序奏数秒であまりの衝撃に一体何が何だか分からなかったのです。「違う、こんな曲ではない。」そう思わずにいられませんでした。冒頭の序奏から自分が知っている世界とは全く違っていたのです。なんという情感豊かで優美な音楽!慈しむように大切に奏でられる第一主題にいきなり涙してしまいました。注ぎ込む愛情がフレーズの枠に収まらず溢れ落ちそうです。たったこれだけのフレーズにこれだけの溢れる愛情を注ぎ込むとはシューリヒトはなんという芸術家なのだろう。一体現代これだけの伴奏が聴けるだろうか?シューリヒトの伴奏は明らかに私の概念にあった伴奏の概念を超えていたのです。そして一楽章再現部始め(8:10)からは心を震わされ涙が止まりません。ハイドンの音楽がここまで心に響くのか?これを涙なしに聴けますか?オーケストラだけのフレーズでこれだけの表現をしておきながら、決して協奏曲としての体裁を崩すことはなく、音楽を高めています。

敬愛するペレーニの師、マイナルディのチェロもロマンティックでゆったりとしたテンポでじっくりとよく歌います。それでありながら決して鼻につくことはなく、独奏者然としていません。シューリヒトと共同作業で豊かな音楽を作り上げていきます。実に素朴で実直なソロを聴かせてくれます。過度に前面に出ることはなくどこか遠鳴りするような、過去から響いてくるような懐かしい響きがします。この演奏の独奏者がマイナルディだったことが成功の要因の一つになっていることは間違いありません。

シューリヒトの作り出す音楽を聴くと、いつも自分が音楽の可能性を知らぬ間に制限していることに気づかされます。音楽はかくも自由で無限の可能性を持っているのです。

お買い物『HMV - 交響曲第100番『軍隊』、交響曲第95番、ほか シューリヒト&シュトゥットガルト放送交響楽団(ライブ盤)【CD】-ハイドン|交響曲|クラシック|音楽|HMV ONLINE』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。