DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
brahms_sex_stutt.jpg

Brahms String Sextet No.1

Stuttgart Soloists


NAXOS (8.550436)



今回から、まだエントリのない作曲家について、それぞれできるだけ季節感のある(?)ネタを書きたい。

秋(初冬)といえば、ブラームス。実は私はブラームスが苦手だ。「独墺」と称してドイツ・オーストリア系の作曲家を扱おうと思ったが、最後までブラームスを載せるかどうか迷った。「好き、嫌い」でいうと好きだし、聴くと感動するのだが、どうもあの重々しい響きに気がめいってしまう。(ブラームス・ファンのみなさん、すみません!)だから頻繁に聴こうという気が起きず、いつも二の足を踏んでしまう。そんな中でも頻繁に聴くのが、この弦楽六重奏だ。ブラームスのゼックステット(弦楽六重奏)というと「≒青春」とか、春のイメージを持っている方のほうが多いかもしれないが、私にとってブラームスはほとんどの曲が秋か初冬のイメージに相当する。
ブラームスのゼックステットと言えば、長いことラルキブデッリの演奏が愛聴盤だったが、それに勝るとも劣らない演奏にようやく出会えた。先に書いた通り、私はあまり重苦しくなるような濃厚過ぎる演奏は好まない。あっさりしすぎても困るのだが、適当にウェットで、推進力があり、何より情熱溢れる演奏が好きだ。
このシュトゥットガルト・ソロイスツという団体は、素性は良く知らないが、息の長い歌、節度ある情熱、若々しい躍動感、もう文句のつけようがない。各楽器が溶け込みすぎず、適度に自己主張し、ソリスティックな部分ではそれぞれが素晴らしい歌を聴かせてくれる。若者達がお互いを認め合い、共感、共鳴し合っているような、もう忘れかけてしまった感覚が呼び起こされる。これをベートーヴェンやモーツァルトでやられていたら、拒絶していただろうが、ブラームスだから成功したのだろう。
ここでは1番を取り上げる。ゼックステットの1番というと、なにかと有名な二楽章が目立つが、私は一楽章が大好きだ。若々しく健康的な響きに胸がすく。冒頭のチェロから呼吸が深いが音楽は停滞せず、常に前に進んでいる。一楽章再現部の第一主題で築くクライマックスでは、うねる歌と若き純粋な情熱の吐露にボロボロに泣いてしまった。シンコペーションに乗って歌うヴィオラとチェロ!そしてその後のヴァイオリンとそれに応えるヴィオラのスフォルツァンド!自分をさらけ出し、各パートが呼応し合い、一つになって躍動する音楽にただただ涙した。二楽章もじっくり歌い、実に呼吸が深く、共感に満ちている。終盤のチェロのソロ、そしてそれから徐々に消えていく様は実に感動的で、ここでもひたすら涙。三楽章の躍動感も素晴らしい。とても若々しく体が自然とリズム取る。
どちらかというと1番のほうが出来がいいと思うが、2番も中々の演奏。
一つ注文をつけるなら、ちょっと音が硬質的過ぎるか。シュターツカペレ・ドレスデンを彷彿とさせるような、もっとふくよかな音が好みだが、それは贅沢というものだろう。何よりこれだけの名演が1000円足らずで聴けるのだから。

お買い物『HMV - 弦楽六重奏曲第1番, 2番 シュトゥットガルト・ソロイスツ【CD】-ブラームス/音楽/HMV』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokuoh.blog35.fc2.com/tb.php/30-86d97b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラームス 弦楽六重奏曲第1番 Op. 18

毎日鬱陶しいお天気が続いていますね。  つい先日、激しい雷雨があった時には「これでようやく長い梅雨が開けて本格的夏に突入か?」と思ったのですが、どうもお天気の神様はまだグズグズと言いたいことがあるようで・・・・。     グズグズ・ウジウジと言って思い出

  • 2006/07/21(金) 09:54:00 |
  • 落ちこぼれ会計人の Music Diary
このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。