DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
bru6_blomstedt.jpg

Bruckner Symphony No.6

Herbert Blomstedt
Leipzig Gewandhaus Orchestra


Querstand (VKJK 0816)




前回のヨッフムのブル6の冒頭でブルックナーの音楽は男性性だと言っておきながら、再び「乙女」というのはいささか奇妙に映るかもしれません。ヨッフムのブル6を大らかな「肝っ玉母さん」に例えるなら、繊細で瑞々しいブロムシュテットはさながら「乙女」でしょうか。細部まできめ細かく配慮が行き届いており、繊細ながら神経質なところは皆無。聴きながらしっとりした感動に包まれます。この「しっとり感」がこの演奏の特徴と言えるかもしれません。

ゲヴァントハウス管とブルックナー全集を完成させたブロムシュテットですが、初期に録音した8番や7番は少し呼吸の浅さが気になったものの、この演奏はそのようなことは一切なく、細かくコントロールされたアゴーギグやデュナーミクも自然で堂に入っており、ブルックナーに必要な呼吸感があります。

一楽章(1:38)からの第二主題、再現部の(10:40)はやや停滞気味に弱めに奏でられ繊細でしっとりしています。先のヨッフムのブル6でも書いたことですが、最近はここをゆったり美しく歌う演奏に惹かれ、神々しいコーダと共に聴くポイントになっています。コーダのリタルダンドも自然でアンサンブルが崩れることなく完璧に決まっています。

二楽章も繊細さが際立っています。多少線が細いヴァイオリンの調べは決して神経質ではなく、聴く者に緊張を強いません。またテンポの動きが絶妙で、(14:41)からのフレーズの着地は素晴らしく、心ゆくまで歌います。

今や押しも押されもせぬブルックナー指揮者となったブロムシュテット。次は5番を紹介したいと思います。

お買い物『HMV - 交響曲第6番 ブロムシュテット&ゲヴァントハウス管弦楽団, SACD, ブルックナー (1824-1896), ブルックナー』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。