DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
bru5_blomstedt.jpg

Bruckner Symphony No.5

Herbert Blomstedt
Leipzig Gewandhaus Orchestra


Querstand (VKJK 0931)




「草食系指揮者」。「草食系」という言葉は巷ではあまりいい意味で使われませんが、「草食系」であることはブルックナー指揮者に必要な資質であると思うのです。ここで言う「草食系」とは、感情剥き出しにて自我を押し通すスタイルの音楽ではなく、作曲家に奉仕し神に奉仕する音楽家を意味します。菜食主義者で敬虔なキリスト教信者で知られるブロムシュテットは、まさに「草食系」であり、ブルックナー指揮者である資質を持った指揮者だといえるかもしれません。シュターツカペレ・ドレスデンとのブルックナーの名演で知られるブロムシュテットですが、近年晩年になりさらに深みを増し、いよいよ過去の名だたる名ブルックナー指揮者たちの仲間入りを果たした感があります。

全てが堂に入った演奏。ブルックナーに必要な美しさ、力強さ、深さ、呼吸、全て揃った稀に見る名演です。CD一枚に収まる演奏時間でも呼吸は深く、CD一枚に収まるブル5ではトップを争う演奏でしょう。

大地を踏みしめるような力強くスケールの大きい一楽章、三楽章、とても美しく深い慈愛に満ちた大好きな二楽章。一切弛緩することなく巨大なフーガの伽藍を築き上げる四楽章。そして夜空を越えその先の宇宙へ広がっていく巨大なコーダ。何一つ足りないところはありません。

さて、数年前にブロムシュテットとN響のブル7を聴きましたが(コンサートマスターは元シュターツカペレ・ドレスデンのコンサートマスターだったミリング!)、カーテンコールに呼び出されて舞台で頭を下げるブロムシュテットは、後光が差すような澄んだ笑みを湛え、その姿を見るだけで涙が溢れました。少しでもあのような歳の取り方をしたいと思わずにはいられません。

お買い物『HMV - 交響曲第5番 ブロムシュテット&ゲヴァントハウス管弦楽団, SACD, ブルックナー (1824-1896), ブルックナー』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。