DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
bach_cello6_perenyi.jpg

J.S.Bach 6 Cello Suites No.6

Miklos Perenyi


ECM (476 4166)



もはや音楽というよりも「聖者の講話」と言うべき演奏。しかも、鍛錬を積み克己し人智を超越した高みを目指せと説くのではなく、無限の宇宙に対して限りある身近な小さな生を慈しみ、ありのままを肯定して包み込む卑近な言霊。

チェロの聖者ペレーニを扱うのは意外にもこれが初めてです。これはバッハの無伴奏チェロ組曲の中でも特筆すべき演奏です。楽器の音はせずに「美しい」という言葉では追いつかない物理的美を超越し、生命の持つ温かみを湛えた音がします。この難曲を一切の綻びなく演奏するテクニックは完璧であるにも関わらず、決してそれを見せびらかすことをしない。これを「無私」と言う人もいるでしょう。しかし、「無私」というのは適切な言葉ではないと思うのです。感情がなのではない、自我を殺しているわけでもない。音楽の芯には確かにペレーニという一人の人間である「聖者」のぬくもりがあり、音楽で人々に奉仕しようという「エゴ」があります。

プレリュードから懐が深く、勢いで緊張を強いることなく聴く者を包み込みます。ガヴォットやジーグも同じで音楽に無駄な圧力が一切ありません。静かな曲調のアルマンドや大好きなサラバンドは白眉。私は残念ながらこれを表す言葉を持ち合わせていません。

ペレーニは二度バッハの無伴奏チェロ組曲全曲録音をしていますが、一回目はLPのみ、二回目はDVDのみなので、これを皮切りにECMレーベルで全曲録音をしてもらいたいものです。

お買い物『HMV - 無伴奏チェロ作品集~バッハ、リゲティ、ブリテン ペレーニ』


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。