DokuOh ~独墺系クラシック音楽~

クラシック音楽、特に独墺系(ドイツ、オーストリア)の作曲家について、CDレビュー中心のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今、興奮してます!興奮しまくってます!つ、ついに、ついに、ズスケSQに匹敵するベートーヴェン弦楽四重奏曲集の登場です!
ズスケSQのベートーヴェン弦楽四重奏集は、ズスケの無伴奏パルティータと同様、同曲集の初めて聴いたCDで、あまりの素晴らしさにその後10年弱、その呪縛から逃れられませんでしたが、ついにその呪縛を解いてくれる演奏に出会えました。敬愛するズスケSQと同じ旧東ドイツ系の弦楽四重奏団で、同系統、同志向だからこれだけ共感するのかもしれません。2ndヴァイオリンにはカール・ズスケのご子息、コンラート・ズスケも参加しています。カール・ズスケも昔このSQに参加していたことがありましたね。これを聴くと伝統というものの素晴らしさを感じます。現代でまだこんな弦楽四重奏を聴けるなんて。
まだ、後期の数曲しか聴いていませんが、涙モノです。今、これを書きながら、最愛の曲、15番の三楽章「病癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」を聴いています。泣いてます。もうだめです。(T-T)


↓本記事がお役に立てたら、クリックにご協力お願いいたします。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログへ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

こんにちは。私は弦楽四重奏曲に関しては、ほとんど門外漢で、とりあえずアルバンベルク四重奏団を買っておけば間違いなかろう、レベルです。ピアノ・トリオではスークトリオが好きなぐらいで。他はあんまり知りません。なので、このエントリはとても参考になります。ちなみに、アルバン・ベルクと比べて、どんな感じなんでしょうか?もうちょい詳しめの感想を、dokuohさんの耳と言葉で読みたいです!また、ジャケットのUPを切に希望!

  • 2005/12/09(金) 12:55:49 |
  • URL |
  • mimodanna #-
  • [編集]

もちろんですよ

mimodannaさん、こんばんは。アルバンベルクだけとは、人生損してますよ。(^-^)
このブログではあまり批判的なことは書かないようにしていますが、私はアルバンベルクが生理的に全く受け付けません。
もちろん、いずれゲヴァントハウスSQのベートーヴェンの特集をします。その前にズスケSQを取り上げないといけませんね。この二つのベートーヴェンは人類の至宝ですので、是非とも聴いてみてください。mimodannaさんだったら、絶対に感動するはずです。

  • 2005/12/09(金) 23:12:54 |
  • URL |
  • dokuoh #-
  • [編集]

私も横浜で聴きました。すごかったです。TBさせてくださいね。

  • 2005/12/10(土) 21:21:39 |
  • URL |
  • yurikamome122 #-
  • [編集]

ゲヴァントハウスSQは妙に長いパッケージになったやつですかね?

HMVの 「3枚で20%オフ」 で、3枚目として悩んだ末にアルバン・ベルクを今日注文しちゃった…。

  • 2005/12/10(土) 23:40:37 |
  • URL |
  • ぱきら #-
  • [編集]

>yurikamome122さん
トラックバック&コメントありがとうござます。実はゲヴァントハウスSQが来日中だという衝撃的事実を、yurikamome122さんのブログで知りました。ショックでした。(といっても、家庭の事情で聴きに行けそうな状況じゃないのですが。)生で聴いたとは羨ましい限りです。しかも選曲が「不協和音」、「セリーソ」、「死と乙女」とは最高ですね。私はCDを聴いて我慢します・・・。

>ぱきらさん
そうです。縦長の豪華パッケージのやつです。演奏内容を考えると、これで¥5000とはお得だと思います。

  • 2005/12/11(日) 17:19:31 |
  • URL |
  • dokuoh #TquaeRfg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokuoh.blog35.fc2.com/tb.php/31-5ae6df34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団演奏会 その1 「不協和音」

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団演奏会日時:2005年12月 5日(月)開場18時30分 開演19時会場:横浜みなとみらい小ホール モーツァルト: 弦楽四重奏曲第19番「不協和音」ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲第11番「セリオーソ」-15分間休憩-シューベルト: 弦楽四重奏曲

  • 2005/12/10(土) 21:19:49 |
  • yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団演奏会 その2 「セリオーソ」

 というわけで、3夜連続のゲヴァントハウス弦楽四重奏団コンサートレポート第2弾。 今日はベートーヴェンの弦楽四重奏曲第11番 「セリオーソ」。 この演奏は目が覚める!!。さっきのモツアルトでかけられた慈しみがなんだったのかと思うくらい火の玉のみたいな音が出

  • 2005/12/10(土) 21:20:23 |
  • yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団演奏会 その3 「死と乙女」

 3夜連続のゲヴァントハウス弦楽四重奏団コンサートレポート第3弾。シューベルト: 弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」 このコンサート、恐怖の世界へのツアーだったんです。1曲目の「不協和音」で少し結末を暗示させて、2曲目の「セリオーソ」で挫折の審判の無念と激

  • 2005/12/10(土) 21:20:38 |
  • yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真
このページのトップへ

FC2Ad

Information

dokuoh
  • Author: dokuoh
  • 最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

dokuoh

Author:dokuoh
最近老け込んで、見た目もすっかり年相応になってしまったバカ親パパのサラリーマンです。最近は、仕事、子育て、親の面倒に追われ、音楽を聴く時間もまともに持てなくなってますが、ストレス解消に無謀な数のCDを買いつづけています。^^;

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

  このブログをリンクに追加

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。